「これは買い!!」と太鼓判!! プロが選ぶ今イチオシの最新国産車 8選

 終始新型コロナに振り回された2020年上半期。自動車メーカーの第1四半期の決算、軒並み大きな赤字となっている。打つ手も限られているなか、こればっかりしょうがないとも言える。

 ただそんな中にあって、多大な影響をうけながら各社とも果敢に新型車の投入を果たしている(ちなみに2020年1月から7月までに登場した国産車は一部改良や特別仕様車なども含めると68車に上る)。自動車メディア云々関係なく、頭が下がる思いだ。

 ここでは、2020年上半期に発売された最新国産車を軸に、自動車評論家4人にベストの一台と次点の一台とを選出してもらった。頭が下がるとは言いつつも、忖度なしで選びぬかれた、注目の8台だ。このコロナ禍で新たにクルマの購入に眼を向ける層も多いと聞く、その判断材料にもなれば嬉しい。

【画像ギャラリー】フィット ハリアー タフト RAV4…評論家4氏イチオシの8モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:片岡英明、岡本幸一郎、竹岡圭、国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■ホンダ フィットとトヨタ RAV4(片岡英明のベストと次点)

 間もなく登場するヤリスクロスにも惹かれる。が、私推しのベストは、心地よさを前面に押し出したフィット。

ホンダ フィット(価格:155万7600~253万6600円)

 4代目はグレードごとのキャラクターを明確にし、ハイブリッドシステムなどのメカニズムも一新して魅力を増した。

 オリジナリティあふれるデザインに加え、シンプルに徹したインテリアも新鮮。また、見栄えもよくなっている。

 そしてフィットの自慢のひとつとなっているクラスを超えた広いキャビンは、新型になっても健在。開放的だし、シートの改善などにより気持ちよく座れるようになった。もちろん、ラゲッジルームも広く、使い勝手がいい。

 ハイブリッドシステムも大きく進化した。実用燃費はヤリスにかなわないが、走りの質感は高いし、静粛性なども高いレベルにある。1.3Lエンジンも日常の走行シーンでは不満のない実力だ。

 先進安全装備の充実度が物足らないのとスポーツグレードの設定がないのが不満だが、おすすめ度は高い。

 次点はそれより上のクラスになり、SUVのRAV4だ。

トヨタ RAV4(価格:265万6500~539万円)

 世界中で売れに売れている。推薦理由はトータル性能が飛び抜けて高いことだ。

 ガソリンエンジン車は軽快な走り出し、2.5Lエンジンのハイブリッド車もいい仕上がり。

 追加されたプラグインハイブリッドも新しい魅力を放っている。ワイドボディだが、持て余すほどではない。

■トヨタ ハリアーとダイハツ タフト(岡本幸一郎のベストと次点)

 オススメのクルマというのは時間とともに変わっていくもの。この2台が出てくる前だったら結果は違ったけど、新顔の2台がとても印象的だったので、ぜひオススメしたい。

 ハリアーは、とにかく完成度の高さに驚いた。

トヨタ ハリアー(価格:299万~504万円)

 スタイリングもさらに洗練されて、より奥ゆかしさを感じさせるし、従来モデルでも印象的だったインテリアも、さらにエレガントさが増すなどして、ますます魅力的になった。新たに設定された調光パノラマルーフもスグレモノだ。

 走りもTNGAってすごいんだなと改めて思った。今までも乗り心地はソフトで快適だったけど、そのよさを維持しつつ、新型は走りのよさを積極的に感じさせるものがあって、運転していて楽しい。

 2Lガソリンはちょっと線が細いけど、軽快な走り味がイイ。ハイブリッドはレスポンスがよくトルクフルで、洗練された上質な走り味だ。

 装備の充実ぶりも申し分ない。まさしく正常進化。これ以上は望むべくもない。

 次点のタフトは、ツワモノ揃いの軽ハイトワゴンのなかで際立つ存在だ。

ダイハツ タフト(価格:135万3000~173万2500円)

 まずこの雰囲気がイイ! 男らしくて若々しさもある個性的なデザインだ。さらにスカイフィールトップがある。この未知なる開放感は他のクルマでは味わえない。

 操る楽しさを感じさせる走りもイイ! 完成度が高いだけでなく、ドライバーズカーとしての性格も持ち合わせている。

■スズキ ジムニーとトヨタ ヤリスクロス(竹岡 圭のベストと次点)

 大真面目に「日本が世界に誇れる1台」だと思ってます、スズキジムニー。

スズキ ジムニー(価格:148万5000~187万5500円)

 ボディが小さくて軽く、最低地上高が高く、4輪駆動で機動力を生かしてどこでも入っていける。こんなクルマ、世界中を探してもどこにもない。

 モノコック全盛時代の世の中で、ラダーフレームレイアウトを守り「シティ派の人だってプロユースにしておけば受け入れてくれるハズ、それよりもプロユースにしないとそれを求めている人が困る!」と、信念を守ってこだわり抜いて、本物志向ではない、ザ・本物を送り出した姿勢には頭が下がります。

 生き残れるか! というレベルのクルマを作り続ける。だから納車2年と言われても、待つ人が、世界中にいる。

 スーパーカー以外で、納車2年って言われてみんなが待つクルマ、世界広しといえどもほかにないでしょう。

 それを日本が送り出してるっていうこと、同じ日本人として誇りに思います!

 さて、次点はもうすぐ出てくるヤリスクロスを推します。

トヨタ ヤリスクロス(価格は取材時点で未発表。価格抜きの評価で竹岡さんは選出)

 TNGAボディを生かし、しっかりした走り味が持ち味のヤリスが、今流行りのコンパクトSUVになり、デザインコンシャスなのに荷物も積めるとなったら、売れないワケないですよね。

 時代を先取りするクルマ作りもスゴイけど、時代に合わせたクルマをタイミングよく送り出せるのもスゴイ。

■トヨタ GRヤリスとRAV4 PHV(国沢光宏のベストと次点)

 一番のおすすめはGRヤリスでございます! どんな基準をもってしても素晴らしいと思う。とにかく徹底的に贅沢だ。

トヨタ GRヤリス(価格:396万~456万円)

 デビュー時点で272馬力/37.7kgmという強力なスペックのエンジンだからして、改良を加えていくと300馬力/40.7kgmくらいまでの可能性持つ。もしかしたらECUの上書きでいけちゃうかも。

 そしたらシビックのタイプRや、WRX STIより戦闘能力高いクルマになってくれる。ステキですね!

 それでいて最新世代の自動ブレーキを装備可能。この手のクルマで安全まで担保してるモデル、世界的に見たって少ない。

 競技車両にするのなら不要な装備ながら、この手のクルマを買う人の99.9%は街乗り用。優れた自動ブレーキがあれば最高に嬉しい。

 また、オーディオやナビなども充実しているため、通勤や買い物用として使うのにも向きます。ポルシェ911のような実用性も兼ね備えたスポーツカーだ。

 次点にRAV4 PHV。

トヨタ RAV4 PHV(価格:469万~539万円)

 クルマ好きのニーズをすべて満たす。人気のSUVだし、総合コストを考えたらRAV4の他のパワーユニットより割安。

 アクセル踏んだら4Lガソリン車に匹敵するくらい速い! もちろん実用性についちゃ100点でしょう。もっといえば、GRヤリスとRAV4 PHVの2台持ちすると、すべてのニーズを満たせるんじゃなかろうか。

 RAV4 PHVで引っ張るモーターホームを加えたら天国です。

【画像ギャラリー】フィット ハリアー タフト RAV4…評論家4氏イチオシの8モデルをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ