ダイハツ トール改良&トヨタ タンク廃止でルーミーに一本化!!


・累計販売台数70万台のヒット車がマイナーチェンジ

 ダイハツ工業は、2020年9月15日、コンパクトハイトワゴン「トール」のマイナーチェンジを発表し、同日より販売を開始した。新価格は、155万6500円~209万円となる。

 2016年に新型車として発売されたトールは、今回が初のマイナーチェンジとなる。ダイハツだけでなく、トヨタの「タンク」と「ルーミー」、スバルの「ジャスティ」としてもOEM供給。累計販売台数は、70万台を超える、隠れたダイハツのヒット車なのだ。

 現行型も好調ということもあり、化粧直しを含め、全体的に細やかな改良が加えられている。

 改良型の見所としては、内外装のリフレッシュ、使い勝手や機能性の向上、先進の安全運転支援機能の強化の3点が挙げられる。より細かく解説していこう。

文:大音安弘/写真:DAIHATSU、TOYOTA

【画像ギャラリー】どこが変わった? 新旧トール&ルーミーを写真で徹底比較!!


■よりシャープなマスクに! 改良型トールはフェイスリフトを実施

トール 標準車のマイナーチェンジモデル

 基本的なグレード構成に変更はなく、ベースとなる「標準車」とドレスアップ仕様の「カスタム」を設定。改良型では、グリルとバンパー形状を変更することで、よりスポーティなマスクへと進化させている。

 特にフロントバンパーの左右の張り出しを強調することで、力強さも感じられるようになり、ちょっと大人しいマスクが不満だった人には朗報といえるだろう。

 また、印象が異なるヘッドライトユニットは、形状こそ同じだが、Gグレード系もLEDユニットを変更。

マイナーチェンジモデルのトール カスタム

 カスタム系では、ADB(アダクティブドライビングビーム)を装備したため、内部デザインを含めた改良が行った。結果、LEDランプ搭載車は、よりキリっとした目元に。またトールは、リヤコンビネーションランプも新デザインに変更している。

 ボディカラーは、鮮やかな赤の「コンパーノレッド」と美しい海のような「ターコイズブルーマイカメタリック」を新色として追加。カスタムでは両カラーを取り入れた2トーン仕様も選択できる。

■おもてなしを高めたインテリア

マイナーチェンジしたトールのインパネ。9インチディスプレイオーディオの採用に合わせて改良

 快適性と機能性が高められたのが、インテリアだ。質感に対する顧客の声も大きかったことから、シート形状の変更による座り心地とホールド性の向上を実現。

 装備面では、USB電源や9インチディスプレイオーディオの採用に合わせたインストゥルメントパネルの改良を行っている。さらにダイハツの小型車として初となる電動パーキングブレーキも、カスタム系で標準化された。

次ページは : ■新型ステレオカメラで強化されたスマアシ!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ