最強SUV爆誕!?? GT-Rを悪路仕様にすると…その名も「ゴジラ2.0」とは?


 オランダの「Classic YOUNGTIMERS CONSULTANCY」社から、なんとも刺激的な“挑戦”が届いた。日本の誇るスーパースポーツ、日産GT-RをSUVに仕立ててしまった、というのだ。その名も『ゴジラ2.0』。

 なんとも思い切ったことをする、と思いきや、GT-Rのプラットフォームは意外に汎用性が高いのだという。自動車評論家、永田恵一氏に語ってもらった。

【画像ギャラリー】いつか日本にもこんなSUVが上陸する!!? 「GODZILLA 2.0」の画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:永田恵一/写真:Classic YOUNGTIMERS CONSULTANCY社
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■GT-RのプレミアムミドシッププラットフォームはセダンやSUVにも転用できる

 R35型現行GT-Rの生みの親である水野和敏さんは

「GT-Rのエンジンをフロントミドに積み、リアデファレンシャルとトランスミッションを一体化し、トルクチューブを使わずにプロペラシャフトでエンジンとつなぐプレミアムミドシッププラットフォームはGT-R専用と思われがちです。しかし、プレミアムミドシッププラットフォームはセダンやSUVにも転用できる汎用プラットフォームなんです」

と語ったことがある。

 残念ながらそういったクルマは今のところ出ていないが、「もしもGT-RがSUVになったら」という夢をかなえてくれそうなのが、ここで紹介する「ゴジラ2.0」である。

最強SUV爆誕!?? GT-Rを悪路仕様にすると…その名も「ゴジラ2.0」とは?

 GT-Rをオフローダー化した「ゴジラ2.0」は、オランダのClassic YOUNGTIMERS CONSULTANCY社が手がけたカスタマイズカーだ。

 なお、同社は過去にランボルギーニガヤルドとベントレーコンチネンタルGTというスーパーカーとラグジュアリークーペの2台をオフローダー化した経験もあるファクトリーでもある。

側面から見るとオフローダー化によりGT-Rがデフォルメされたように見え、かわいい

 ちなみにGT-Rはスカイライン時代の第2世代から海外では「ゴジラ」というニックネームで呼ばれていた。

 これはGT-Rが「スポーツカーやスーパーカーではない乗用車的なスタイルをしているのに速い、強い」といった“速いハコ”という伝統も持つ点に親しみと敬意を表したものだ。

スペアタイヤはルーフに穴を開けてロックが付けられているのか、ガッチリと固定されているようだ

 それだけにGT-Rをオフローダー化したカスタマイズカーに「ゴジラ2.0」という車名は実によく似合っている。

 ゴジラ2.0のオフローダー化の手法はガヤルドやコンチネンタルGTと近く、具体的には

●足回り
・リフトアップ(ゴジラ2.0では120mmアップ)
・オフロードタイヤへの変更

●エクステリア
・オフロードを走る際によく似合いそうなサファリ柄のラッピング
・20インチと思われる外径の大きいオフロードタイヤを収める目的もあり、プラスチック製のオーバーフェンダーを追加
・フロントバンパーに付くLEDの補助灯
・ルーフに装着されたLEDバーライト
・スペアタイヤを積むためのルーフラック

 といった具合だ。

 なお、ゴジラ2.0のベースとなったGT-Rはノーマルで485psとのことなので2009年もしくは2010年モデルだろう。

走行距離は4万6500kmと年式を考えれば少ない。ブラックとレッドのシートなどからグレードはブラックエディションと想像される

 ゴジラ2.0はオフローダー化以外にはブーストアップにより600psにパワーアップされており、GT-Rが無敵なのと同様に、オフロードならゴジラ2.0も誰もついていけないくらいの速さを見せてくれるに違いない。

 そんなことを考えているとオフロード向けにマッド(泥)、サンド(砂)といった走行モードがあったら、より速く楽しいオフローダーになりそうだ。

ロールバーは装着されないが、GT-Rなら事故に遭っても生還できる可能性は非常に高い

 また、SUVにおいてクーペSUVもだいぶ増え、そろそろ次の一手を考える時期が来るのは時間の問題だろう。

 その点を踏まえると、手がけるのがメーカーなのか外部のファクトリーなのかはともかくとして、86&BRZのようなスポーツカーに出荷状態から車高を上げる、アンダーガードを付けるなどオフロード対応を行い、クローズドされたダートコースや雪道を走る楽しさを提案するというのも面白いのではないだろうか。

インテリアは2015年モデルまでのノーマル状態がよく保たれている。GT-Rのインテリアはメーターも動くチルトステアリングなども特徴的だ

 最後にゴジラ2.0の価格をお伝えしておくと、9万5000ユーロ(日本円で約1175万円)と、最新モデルのGT-Rのベーシックグレードとなるピュアエディションの新車(1082万8400円)より高い。

 しかし、ゴジラ2.0が世界に1台しかないクルマとなることや、マルチパフォーマンススーパーカーであるGT-Rがオフロード走破性も備えた点も考えれば、価値に見合った納得できる価格と言えるのではないだろうか。

タイヤをトランクリッドに積んだら、トラクション向上で0-100km/h加速は速いかも?

【画像ギャラリー】いつか日本にもこんなSUVが上陸する!!? 「GODZILLA 2.0」の画像をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ