NV350キャラバンにマルチベッド仕様誕生!車中泊&在宅勤務に大活躍!?

 日本の商用ワンボックスバン業界でトヨタ ハイエースと双璧をなす日産NV350キャラバンが、9月24日に一部変更された。

 一部仕様変更の内容は2.5Lガソリンエンジンを搭載する、10人乗りワゴン(ボディサイズは5ナンバー枠のロングと3ナンバーサイズのスーパーロング、どちらも3ナンバー)の環境対応のためのエンジンの一部改良などに留まる。

 しかし、この一部仕様で注目したいのが、増加している車中泊ニーズに対応して追加された「マルチベッド」というバリエーションである。

 本稿では新設定されたNV350キャラバンマルチベッドと、実はハイエースにも以前からある同様のコンプリートカーと合わせて紹介したい。

文:永田恵一、写真:日産、トヨタ

【画像ギャラリー】オーテックジャパンから出た車中泊仕様車をみる


NV350キャラバンマルチベッドの詳細は?

オーテックジャパンから、NV350キャラバンマルチベットが登場した。NV200バネット、セレナに続く車中泊仕様の第3弾である

 日産車のコンプリートカーや福祉車両を手掛けるオーテックジャパン扱いとなるNV350キャラバンマルチベッドは、NV200バネット、セレナに続く車中泊仕様第三弾である。

 NV350キャラバンマルチベッドは商用1BOXバンのNV350キャラバンの中では最上級グレードとなる「プレミアムGX」(ハイエースならスーパーGLに相当する豪華仕様、ボディは4ナンバーで標準となるロング)がベース。

 トランスミッションは5速ATのみで、組み合わされるエンジンは2WDが2Lガソリンと2.5Lディーゼルターボ、4WDが2.5Lディーゼルターボのみとなる。

跳ね上げ式ベッドと、フローリングのようなベッド用フロアパネルから構成される「マルチベッドシステム」を活用している。ベットの下に荷物を置くことが可能である

 NV350キャラバンマルチベッドの標準状態での架装内容は2列目シート後方に置かれる、跳ね上げ式ベッド+フローリングのようなベッド用フロアパネルから構成される「マルチベッドシステム」の装着だ。

 マルチベッドシステムは三分割になっており、左右はベッドの足を含め跳ね上げての収納が可能だ。そのためベッドを使う状態でもベッドの下は空いているので、相当の荷物を置くことができる。

 なお、マルチベッドシステムの就寝のためのベッド状態のサイズは、長さ1760mm×幅1510mmなので一人なら大柄な人でも問題ないと思うが、大柄な人2人だと厳しいかもしれない。

 その際には2列目シートに前方へ完全に折りたたまれる機能と背もたれだけ前方に倒れる機能があるので、後者を使ってマルチベッド部分との高さの差があればマットなどで調整すれば、大柄な人2人でも快適に就寝できるだろう。

三分割になるベッド部分の中央部分を取り外すと、車内でベンチとしても利用可能

 また、マルチベッドシステムには三分割になるベッド部分の中央部分を取り外すと、左右、右のみ、左のみを車内でベンチとしても使える。

 このような基本的な機能を頭に置いて、メーカーオプションで用意される架装を挙げていくと以下のとおり。

●高さ調整機能付脱着式テーブル

食事やテレワークをはじめとした作業に使えるテーブルもある(架装オプション)。そのテーブルはベッド裏側に収納可能である

 フロアにテーブルの足を置く部分が装備され、テーブルそのものと足は左側のベッドの裏側に収納できる。食事やテレワークをはじめとした作業にはぜひほしい。

●サイドマルチパイプラック(左右)

 衣類をハンガーに掛けて置く際などに便利

●リング一対が付く、アッパーレール左右セット

 リングの細かな位置調整も可能なので、バイクや自転車を運ぶ際の固定などにも有難い

●フック(1個)

 さらに、釣り竿などを頭上におけるアタッチメントをはじめとしたキャンピングカービルダーであるオグショーのパーツや、2列目シート以降のカーテンやプライベートシェードといったディーラーオプションも設定される。

NV350キャラバンマルチベッドは、趣味のアウトドアから、仕事まで幅広く活用できるモデルである。さらに、ベッド部分を全て畳むと、多くの荷物、自転車等を積むことができる。

 このようにNV350キャラバンマルチベッドは、車中泊も伴うアウトドアや車内でもデスクワークをする人には便利なモデルである。

 なお価格は2Lガソリンエンジン+2WDで340万3400円と、ベースの「プレミアムGX」の約44万円高となる。

ハイエースにも車中泊仕様はある!

 実はハイエースにも、モデリスタが制作するコンプリートカーとなるMRT(マルチロールトランスポーター)という形で、この種のモデルを用意している。

 ハイエースMRTは掃除しやすい硬質塩ビ製となる専用ロンリュームフロアやフックなどを使う際に使うアンカーナットなどを装備するタイプIを基本に、ラゲッジスペースの壁に専用ボックスも付く専用成形フルトリムなどが加わるタイプIIを設定。

 さらにメーカーオプションで家電が使える100V電源、モデリスタで架装する際に装着可能な架装装備のオプションとして補助バッテリー、ベッドキットなどが設定される。

ハイエースMRT タイプIは、ハイエース最上級グレードとなる「スーパーGL」をベースとしている

 価格はハイエースの最上級グレードとなる「スーパーGL」をベースとしたタイプIの2Lガソリンで339万7000円と、素の価格はNV350キャラバンマルチベッドの2Lガソリンと近いので、選ぶ際には迷う人もいるだろう。

◆  ◆  ◆

 メーカー純正の車中泊対応車は、商用ワンボックスバンのキャラバンマルチベッドとハイエースMRTに加え、ミニバンでもオーテックジャパン扱いのセレナマルチベッドシステムとモデリスタ扱いのノア&ヴォクシーのMUなどがある。

 このジャンルは今後も発展が期待できそうなだけに、他社の参入も期待したいところだ。

【画像ギャラリー】オーテックジャパンから出た車中泊仕様車をみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ