ムラーノ Z クルーガー… SUVブーム前夜に消えていった英雄たち


 続々と新型車が投入され、活気に溢れる最新SUVだが、振り返れば、クロカンから火が付いた1990年代のRVブームの最中では、新ジャンルを切り開こうと、各社から個性溢れるSUVが続々と投入されたことが思い出される。

 しかも当時は、クロカン色の強いタフなモデルから、なんちゃって仕様の街乗りSUVまで幅広い提案があり、どれもメーカーの開発者たちの遊び心が感じられたことが懐かしい。その姿勢が、スズキX-90のような型破りなクルマや、パジェロ兄弟などを生んだのだ。一見、華やかそうに見えて、実は堅実な現代では、こんなクルマは生まれない。

 そんな熱気あふれた時代の英雄たちを振り返ってみよう!

【画像ギャラリー】SUVブーム勃興前…その礎を作り上げた英雄車たち 26選

※本稿は2020年10月のものです
文/大音安弘、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年11月10日号


■いすゞ ミュー(1989年登場)

いすゞ ミュー

 ビッグホーンの弟分となる若々しいキャラの3ドアクロカン。デビュー時は、ハードカバー付きのクーペスタイルが大きな話題となった。実用的なワゴン仕様やAT車、力強いディーゼルエンジンの採用など機能性を向上し支持層を拡大する。キャンバストップなどの華やかな外装と比べ、内装は地味だった。

■マツダ プロシードマービー(1991年登場)

マツダ プロシードマービー

 1991年に、マツダがピックアップトラックを国内復活。そのワゴンがマービーだ。5mの大型ボディを活かした7人乗り仕様の本格派で、ワイルドなスタイルとタフなフレームを備えていた。

次ページは : ■日産 ラシーン(1994年登場)

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ