地味でも頑張ってるミニバンお買い得&オススメ車6選

 アルファード/ヴェルファイアやセレナ、ステップワゴン、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、フリードなど、依然大ヒットしているミニバンたち。しかしその陰で、かつての名門車でも現在苦戦中のモデルも多い。
 ヒット車の購入ガイドやオススメグレードの記事なら多くのメディアで何度も紹介されているが、そうでない、地味なモデルは見られる機会も減ってますます目立たなくなるものです。「それはよくない!」と思い立ち、ここではそんな、ヒット車に隠れて比較的注目度の低いミニバンたちの最新事情と「いいところ」、お薦めグレードなどを紹介してゆきます。「ちょっと変わったミニバンに乗りたい」「一芸に秀でたお気に入りポイントにこだわりたい」というような人にお薦めです!
文:ベストカー編集部(オデッセイのみ)、渡辺陽一郎


■ホンダ オデッセイ

 今イチ注目度の低いミニバン最新情報、第一弾は11月16日にマイナーチェンジを実施したホンダのオデッセイ。

 今回の変更点は、

(1)全車に先進安全装備「ホンダセンシング」を標準装備
(2)フェイスリフトするとともに、LEDヘッドライト&フォグランプを全車標準装備
(3)新デザインのアルミホイール採用
(4)2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用

――といったところ。

「ホンダセンシング」はミリ波レーダーと単眼カメラによって緊急自動ブレーキをはじめとするさまざまな機能を持つ装備で、ハイブリッドのみ渋滞追従機能付きのACCも付くなど商品性を向上させた。

 2Lの2モーター式ハイブリッドと直4、2.4Lガソリンエンジンの2種類のパワーユニットを用意するのは従来と同じで、ハイブリッドは新燃費表示のWLTCモードを出しており、総合20.8km/L、市街地モード20.3km/L、郊外モード22.2km/L、高速道路モード20.5km/Lとなっている。

 かつてホンダにはトヨタにおけるアルファード/ヴェルファイアや日産におけるエルグランドに対抗すべく、エリシオンという上級車種があった。しかしエリシオンは2013年に日本市場から撤退(現在は中国市場で活躍中)。オデッセイの上級グレードが実質的にアルファード/ヴェルファイアと比較されるという、なかなかに辛い状況となっている。

「同じ車格」としてアルファードやエルグランドとオデッセイを比べると、どうしても豪華度の点で見劣りしてしまうが、そのぶん買い得感や安全装備、走行性能で比較すると互角以上の存在感を示すので、ぜひ検討車種に入れてみてほしい。走ると楽しいです。

【オススメグレード】

ハイブリッドアブソルート アドバンスドパッケージ7人乗り405万6400円

■トヨタ エスティマ

 1990年に発売された初代エスティマは、卵型の外観、上質な内装、快適な居住性などにより、新時代の高級車として人気を集めた。その後も路線を変えずにフルモデルチェンジを行い、現行型は2006年に発売された3代目になる。

 プラットフォームは先代ヴェルファイア&アルファードと共通で、操舵感や乗り心地に古さを感じるが、卵型のボディスタイルは今でも充分に個性的で新鮮だ。居住性は1/2列目シートが快適で、3列目シートは少し窮屈だが、床下に格納すると広い荷室に変更できる。

 またスライドドアを備えたミニバンながら、全高は1800mm以下で、ヴェルファイア&アルファードよりも135mm低い。重心があまり高くならず、大半のグレードがパフォーマンスダンパーも装着するから、発売から10年以上を経たわりに、走行安定性に不安を感じない。外観や走りの上質感と、居住性や積載性を上手に両立させている。

【オススメグレード】

2.4アエラスプレミアム(7人乗り) 340万1018円

■トヨタ プリウスα

 先代プリウスをベースに開発されたワゴンで、現行プリウスと比べても全長とホイールベースが80mmほど長い。

 5人乗りと併せて、荷室に3列目のシートを備えた7人乗りも用意する。3列目は補助席で、大人が座ると膝が持ち上がって窮屈だが、多人数乗車が短距離にかぎられる場合はむしろ合理的だ。同じハイブリッドシステムを搭載するヴォクシー/ノア/エスクァイアハイブリッドに比べると、車重が約150kg軽く、JC08モード燃費も10%ほど優れる。価格は売れ筋グレード同士の比較で、プリウスαがヴォクシー&ノアハイブリッドよりも20万円ほど安い。

 特に注目されるのは2列目シートの快適性だ。ホイールベースが長く、モーターの駆動力を微調節して前後方向の揺れを抑える制御も採用したから乗り心地も上質に感じる。頭上と足元も広く長距離移動に適する。

【オススメグレード】

S(7人乗り) 282万8618円

■日産 NV350キャラバン

 ワンボックスボディの商用車で、1列目シートはボディの先端に位置する。座席の下にエンジンと前輪があるため、ボンネットが省かれ、荷室長を最大に確保できた。

 ワゴンと呼ばれる乗用グレードも選べるが、このワゴンのシートは4列で乗車定員も10名だ。一般的なミニバンは3列シートで乗車定員は6~8名だから、NV350キャラバンのワゴンの機能はマイクロバスに近い。

 従って他のミニバンに比べるとシートアレンジは乏しいが、4列のシートは10名分に区分され、多人数で乗る時は快適だ。3列シートのミニバンに8名で乗車すると、中央の乗員はセンターアームレストやシートの分かれ目の上に座るが、NV350キャラバンワゴンであれば座り心地に不満はない。

 ワゴンが搭載するエンジンは直列4気筒2.5Lのガソリンで、実用域の駆動力が高く運転しやすい。乗り心地にも重厚感が伴う。

【オススメグレード】

ワゴン2500GX(ロングボディ)306万720円

■日産 エルグランド

 ヴェルファイア&アルファードのライバルとなる背の高いLサイズミニバンだが、セダン的な価値を重視する。そのために1列目シートに座ると側方や後方の視界はよくないが、囲まれ感が伴って上質な雰囲気を味わえる。

 ただし3列目は、Lサイズミニバンながら座ると膝が持ち上がり、ボディが大きいわりに窮屈感が伴う。3列目を畳んだ時の荷室容量も不足気味で、床が高いから自転車などは積みにくい。内装の質と1/2列目に重点を置き、4名乗車の使い方に適している。

 直列4気筒の2.5Lエンジンは実用回転域の駆動力が高く、2トン近い車両重量でありながら動力性能の不足を感じにくい。グレードはエアロパーツを装着したハイウェイスターが圧倒的に人気で、2.5Lエンジン搭載車は最も安価な仕様を340万円弱に抑えた。

【オススメグレード】

250ハイウェイスターS(7人乗り)339万5520円

■三菱 デリカD:5

 デリカD:5には3つの特徴がある。

 まずはミニバンの4WDでは悪路の走破力が最も高いこと。プラットフォーム、足回り、ロックモードを備えた4WDなどはSUVのアウトランダーに準じる。最低地上高も210mmを確保しているから、悪路のデコボコを乗り越えやすい。ミニバンスタイルのSUVと表現できるだろう。

 2つ目の特徴は、ミニバンで唯一クリーンディーゼルターボを選べること。最大トルクは36.7kgm(1500~2750回転)だから、3.6Lのガソリンエンジンに匹敵する駆動力を実用回転域で発生させる。JC08モード燃費は13.0km/L。軽油価格の安さを考えると燃料代は2Lのノーマルエンジンを積むヴォクシーなどと同等だ。

 3つ目は全長が4800mm以下のミニバンでは車内が最も広いこと。特に3列目シートは、頭上と足元の空間、シートのサイズに余裕があり、セレナやヴォクシーよりも快適で多人数乗車に適する。

【オススメグレード】

4WDアクティブギア・D-パワーパッケージ(7人乗り)394万7875円

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ