オンラインで開催! 第18回子どもアイディアコンテスト最終審査会レポート


 ホンダの次世代育成プログラムとして2002年から開催されているのが「子どもアイディアコンテスト」だ。今年で第18回を迎えるが、その最終審査会が2020年12月12日(土)にオンラインで開催された。

 多数の応募の中から一次審査を経て選ばれた子どもたちが、自分で描いたアイディアの絵を作品にし、工夫を凝らして発表を行った。

文/ベストカーWeb編集部、写真/Honda


■ごみ問題、交通安全問題、エネルギー問題を小学生ならではの発想で解決!?

オンラインで開かれた最終選考会には20組21人の小学生が参加した

 2020年12月12日(土)、「子どもアイディアコンテスト」の最終選考会がオンラインで開催された。

 ホンダが2002年から開催しているこのコンテストは、社会貢献活動のひとつで、次世代を担う子供たちを育成するためのプログラム。

 クルマ関係に限らず、多くの分野で新しいアイディアを募集し、「夢を持つこと」「挑戦すること」「創造すること」の大切さや楽しさを体験してもらう活動だ。

一次審査を通過した20組21人がオンラインでプレゼンテーションを行った

 第18回となる今回は、こんなご時世にもかかわらず7700通以上の応募があり、その中から最終選考会に20組21名が勝ち残った。

 低学年の部・最優秀賞に輝いたのは、中嶋みなみさんの「ゴミをたべるロボ キラキラカラスくん」

 低学年の部・最優秀賞に輝いたのは、中嶋みなみさんの「ゴミをたべるロボ キラキラカラスくん」。食べたゴミを体内で燃やし、それを材料に卵を産んで仲間を増やす。多くのゴミが処理できる。

 近所で見かけたカラスをヒントに思いついたという作品。プレン全テーションでの演技は茂木氏に高く評価された。

高学年の部・最優秀賞に輝いたのは、岩佐葵さんの「サード☆ワールド」

 高学年の部・最優秀賞に輝いたのは、岩佐葵さんの「サード☆ワールド」。人の住む階層、クルマが自動運転で走る階層、下水やごみを再利用するエコサイクルシステムの階層と、世界を3つに分けることで安全でクリーンな社会を実現する。

「事故を見たことをきっかけに、事故のない世界を作りたいと思いました」とコメント。しっかりした造形の作品だ。

審査員長は茂木健一郎氏(脳科学者)。審査員はまるも亜希子氏(自動車評論家)、八田愛理奈氏(日本科学未来館コミューター)、鈴木麻子氏(本田技研工業本部長)、川和聡氏(本田技術研究所開発室長)が務めた

 審査員長の茂木健一郎氏は、「みんな素晴らしい作品をありがとうございました。ご家族の方たちも力を合わせてこの場を実現したと思います。みんなが力を合わせて、今日このように夢をつないで、夢を膨らませる、そういう場を持てたことを感謝したいです」と総評を語った。

 最終選考会で発表された作品は、小学生とは思えない高レベルなものばかりで、将来が非常に楽しみになった!

第18回子どもアイディアコンテスト最終審査結果

子どもアイディアコンテスト、オフィシャルページはコチラ

◆最終審査会動画(プレゼンテーションは必見!)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ