車の寿命を縮めていた!? 無意識にやりがちなNG行為5選

 クルマの寿命が「10年・10万km」と言われていたのも、今は昔。近年のクルマは、技術進歩によって耐用年数もが伸びており、定期的にメンテナンスをしてさえいれば、20年、30年と経っても、元気に走らせることができます。

 しかし、当たり前ながら、クルマの扱いが悪ければ、寿命は縮まってしまいます。普段の何気ない運転操作が、クルマの寿命を縮めているとしたら…。

 寿命が縮まれば、乗ることができる期間は短くなりますし、リセールに出すとしても、クルマのダメージ次第で、下取り価格は変わってきます。軽自動車でもコンパクトカーでも、クルマは高い買い物ですから、少しでもコスパをよくしたいもの。今回は、日頃ついやってしまいがちな愛車にダメージを与えてしまうNG行為を5つご紹介していきます。

文:吉川賢一
写真:HONDA、AdobeStock、ベストカーWEB編集部、トビラ写真(Adobe Stock@buritora)

【画像ギャラリー】うっかりやってしまいがち!! クルマの寿命を縮めてしまうNG行為をギャラリーでチェック!!


クルマ止めからは「ちょっとだけ」離すべし!!

 駐車場にクルマを止めるとき、クルマ止めがある場合は「クルマ止めにぶつかるまで下がる」のがマナー。しかし、クルマ止めに強く押し付けた状態のまま、駐車してしまうのは、クルマの寿命を縮めるNG行為です。

 クルマ止めに強く押し付けることで、タイヤに余計な圧力がかかり、タイヤのトレッドやサスペンションのブッシュ系にストレスをかけてしまいます。コンビニに立ち寄ったときなどの短い時間ならばまだしも、週末しかクルマを乗らないかたなどは注意が必要です。

車止めへのタイヤビタ付けは避けるよう、停止後にちょっとだけDシフトにして進むイメージが良い PHOTO/AdobeStock@xiaosan

 ちなみに、タイヤがもつ垂直方向の剛性(縦バネ)はだいたい250N/mm程度(平均的な225/55R17サイズの場合)、サスペンションのブッシュは2000~3000N/mmと、タイヤのゴムの方が桁違いに柔らかく、タイヤはわりと早い段階でダメージを受けてしまいます。

 タイヤのトレッドにできたフラットスポットやくぼみは、次にクルマを動かしたときに、周期的な振動を発生することがあります。数kmほど走れば解消されますが、毎回車止めに押しあてて止めているとダメージが蓄積されていきます。

 クルマ止めがある場合は、一度クルマ止めにゆっくり当てたあと、少しだけ前進(または後退)して、クルマ止めから離すようにしておけば、タイヤにかかる負荷を軽減することができます。

やっぱり「急操作」はNG!!

 「急」がつく操作、具体的には、急ブレーキ・急発進・急ハンドルは、場所を選んで走らせる分には、楽しいものですが、クルマにとっては大きなストレスになります。

 急な操作は、タイヤやサスペンション、ステアリング機構、車体など、自動車のあらゆる部分へ、瞬間的に大きな荷重がかかります。クルマはそこそこの大入力を入れても簡単には壊れないよう、安全率を高めにした強度設計がされており、急操作は、そこまでの大入力にはならないはずですが、部品のへたりや摩耗は普通に使うよりも早まってしまいます。

「急操作をしたら壊れる」ということはありませんが、急操作が劣化を早めることは頭に入れておく必要がある

 自動車メーカーでは、あらゆる耐久走行試験を念入りに行っており、サスペンションやエンジン、タイヤ、ステアリング系、駆動系、ボディ等の劣化具合を調べています。真夏の炎天下での連続走行や、真冬の氷点下でのコールドスタート、中には、車止めに低速でぶつける強度試験といった強烈なテストもあります。

 そのため、「急操作をしたら壊れる」ということはありませんが、急操作が劣化を早めることは頭に入れておく必要があります。

 また、クルマは走らせずに長期間止めておくのもよくありません。どんなクルマでも、ディーラーや整備工場で、定期的なメンテナンスやチェックを受けることが長持ちの秘訣です。

停止した状態でのハンドル転舵

 駐車場などでクルマをいったん停止させたあとにハンドルを回してまた動き出す、という「ハンドルの据え切り」は、何気なくやってしまう操作のひとつですが、これもクルマの劣化を早める行為のひとつです。

 例えば、重量1トンのFFコンパクトカーの場合でも、フロント1輪には約300Kgの重みがかかっています。アスファルトか、砂利道か、地面の種類でダメージの大きさは変わってきますが、停止状態でハンドルの据え切りを繰り返すことは、タイヤのトレッド部を酷使することになります。

 消しゴムをねじるように地面へ押し付けてぐりぐりすれば、消しカスが出てくるように、停車時のハンドルの据え切りは、トレッド面を削っている動作なのです。

消しゴムをねじるように地面へ押し付けてぐりぐりすれば、消しカスが出てくるように、停車時のハンドルの据え切りは、トレッド面を削っている動作だ

 ステリング系やサスペンションのブッシュなどにも、わずかながらダメージが蓄積されていきますので、長い目で見ると、足回りにも負担がかかってしまっています。停車や駐車の際には、わずかにクルマを動かしながら、ハンドル操作をするテクニックを身につけましょう。

パーキングブレーキは「Pレンジに入れる前」

 近年の新型車では、電動パーキングブレーキの普及で、自動でパーキングブレーキをかけてくれるクルマが多くなっていますが、まだまだ、手引き式もしくは足踏み式のパーキングブレーキのクルマに乗っている人も多いはず。

 パーキングブレーキは、「Pレンジに入れる前にかける」がセオリーです。Pレンジは、トランスミッション内部の歯車に爪がかかり、シャフトがロックされるので駆動輪は動かなくなりますが、被駆動輪(FFの場合はリア、FRの場合はフロント)はフリーとなります。

パーキングブレーキは、「Pレンジに入れる前にかける」がセオリー

 そのため、Pレンジに入れたあと、ブレーキペダルから足を離すと、わずかにクルマが動いてしまいます。特に坂道などでギアへかかる負荷が発生した状態で、シフトレバーで無理やり解除させると、ミッションに負担がかかり、本来持っていない役割をすることになります。

 正しい操作順は、「駐車場所でブレーキペダルを踏んだまま、パーキングブレーキをかけた後に、Pレンジに入れ、ブレーキペダルから足を離す」です。発進時はその手順の逆で、「ブレーキペダルを踏んだまま、Pレンジを解除し、パーキングブレーキを解除して、ブレーキペダルを徐々に離す」です。

メンテナンスもしっかりと!!

 エンジンオイルの交換をはじめ、タイヤの摩耗具合や空気圧のチェックは、当たり前のことではありますが、「まだ大丈夫だろう」と先延ばしにしがち。しかしこれらは、人間の健康診断と同じ。早め早めに不具合を見つけ出すことで、重症にならないうちに、手当をすることができ、結果的に安く短時間で済ませることができます。

 また、ボディコーティングやワックスがけも、ボディの塗装を守るために重要なことです。最近の塗装は質が高くなっており、輝きが持続するようにはなりましたが、長い目で見た場合ワックスをかけるか否かで、その差は大きくなります。

ボディコーティングやワックスがけも、ボディの塗装を守るために重要なことだ PHOTO/ AdobeStock@maho

 クルマの程度の良さは、下取りの時の査定対象にもなっていますので、定期的なメンテナンスは、怠らないようにすることをおすすめします。

【画像ギャラリー】うっかりやってしまいがち!! クルマの寿命を縮めてしまうNG行為をギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ