新登場キックスAUTECH発表!! 上品でカッコいい純正チューンSUV登場


 2021年1月15日、AUTECH(オーテック)ジャパンは、新生AUTECHブランドの7台目にあたる新型クロスオーバーSUV「キックAUTECH」を発表した。

 AUTECHジャパンは、日産車をベースとしたカスタマイズカーをつくっているメーカーだ。かつては「ライダー」シリーズで人気を博したが、2018年ごろからブランドの理念を再構築し、「湘南のブルー」をテーマにしたボディカラーなど、ベースの日産車とは、ひと味違うデザインで注目を集めている。

 今回は、鮮やかな「湘南ブルー」に彩られた新型車、キックスAUTECHの詳細をご紹介していく。

文:吉川賢一
写真:ベストカー編集部/撮影:平野学

【画像ギャラリー】上品でカッコいい純正チューンSUV!! キックスAUTECHの全貌をギャラリーチェック!!


高品質感、特別感を感じるエクステリア

 キックスがもともと持っていた若々しいデザインに、ピュアブラックのルーフとダークブルーのボディカラー、そして黒樹脂のガードの下にシルバーのラインが入ったことで、シャープさが加えられたデザインとなった、キックスAUTECH。

AUTECHジャパン社の所在地、湘南の海の色を模したダークブルーと、ブラックのツートンカラーによって、キックスAUTECHのエクステリアデザインは、キリっと引き締まった印象に

 専用メタリック調フィニッシュの、フロントリップスポイラー、ボディサイドプロテクター、リアバンパーまでつながったシルバーのラインは、海の波打ち際で見られる「さざ波」をイメージしているそうで、AUTECH車共通のアイデンティティだ。

ボディサイド、リアバンパーまでつながったシルバーのラインはAUTECHの特徴。ベースのキックスにはないデザインは、ファンにとっては嬉しいところだ

 フロントバンパーに埋め込まれたブルーの専用シグネチャーLEDと、ドットパターンが入ったフィニッシャーも特徴的だ。ちなみにこのドットパターンは、海面に反射する太陽光を表した模様とのこと、なんともおしゃれな演出だ。

フロントバンパーに埋め込まれた専用シグネチャーLEDと、ドットパターンが入ったフィニッシャーも特徴的

 足元には、ダークメタリックペイントの専用17インチアルミホイールを装着しており、足元をぐっと引き締めている。

足元は、ダークメタリックペイントの専用17インチアルミホイールに、205/55R17のヨコハマBlue Earth E70のタイヤを装着。足元がぐっと引き締まった印象だ

 ちなみに、サスペンションのダンパー特性やコイルスプリングに関しては、ベース車の乗り心地やハンドリングが高いレベルで仕上がっているため、変更はしなかったそうだ。おそらく、「走り」に特化した仕様は、NISMOによって実現されていくのだろう。

手の込んだ作りこみがなされた専用インテリア

 キックスAUTECHのインテリアには、ブラックとブルーの本革が使用されている専用ステアリングホイールを始めとして、ダッシュボードにもブルーのステッチが施されるなど、専用ブルーとブラックの組み合わせが多用されており、おしゃれな雰囲気となっている。ベース車と比べて、遥かにジェントルで落ち着いた印象だ。

専用本革巻きのステアリングホイールは、ブラックとブルーの本革を使用、ダッシュボードにもブルーのステッチが施されている

 レザレット(合皮)シートも、専用ブルーとブラックで彩られており、波目のような模様のシートクッションは、本革シートに比べて柔らかく、表面は「もちもち」とした触感がある。

 サポート性も高く、身体が「スポッ」とハマるような印象があり、使い込んでいくほど馴染んでゆく本革シートとは違って、最初から身体にフィットする。やさしさすら感じる良いシートだ。

ドアを開けるとすぐに目を惹く、専用ブルーとブラックの組み合わせのレザレット(合皮)シート
後席シートやドアの内張に一部にも、ブルーの合皮が施されている キックスはもともとパッケージングが優れており、後席は非常に広い

 またAUTECHロゴの入った、ブルーのフロアマットやラゲッジマットなども用意されており、これらを取り入れることで、車内の雰囲気をさらに、AUTECHの世界観で統一することができるだろう。

AUTECHエンブレムの入った専用のラゲッジマット ブルーのカラーリングがカッコよい

次ページは : 意外にも「日産車との喰い合い」はそれほどない

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ