今のクルマは燃費が悪化!? 燃費至上主義は終焉したのか?


 2010~2015年頃、登録車ではアクアやフィット、プリウス、軽自動車ではミライースやアルトエコなど、過激な燃費競争が繰り広げられていた。なかには燃料タンク容量を減らし、装備を簡素化してまで軽量化することによって燃費を稼ぐ、燃費スペシャル車が販売されていた。

 しかし、こうした燃費競争によって生まれたカタログ燃費(JC08モード燃費)と実際に走行した、いわゆる実燃費との乖離が大きな問題となった。

 例えば2013年に登場した先代フィットのCMコピーは「リッター36.4km/L、低燃費NO.1、フィット3」というものだったが、この燃費を実現したベーシックグレードは、このグレードのみ受注生産で、アルミボンネットが採用され、燃料タンク容量をほかのグレードよりも8L少ない32Lに抑えられていた。

 しかし、新型フィットの燃料タンク容量は全車40Lで統一されている。TV・CMコピーも「人が心地いいならクルマは嬉しい」とされ、燃費は訴求されていない。その当時の状況を2020年に登場した新型フィットの開発責任者に尋ねると、「当時、燃費NO.1を謳わなければ売れない時代だった。しかし、ユーザーにとって、はたしてメリットはあるのかと社内で議論があった」と答えている。

 現在では、燃費表示がJC08モードからWLTCモード燃費の移行期ということもあるかもしれないが、昔ほど、ユーザーの燃費への意識が薄らぎ、いつの頃からかメーカー間でも燃費競争が影を潜めているようにも見える。

 はたして、異常ともいえるほどの燃費至上主義はもう終わったのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。


文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ

【画像ギャラリー】WLTCモード燃費ランキング1位はどのクルマ?


不毛な燃費競争は終わったのか?

ノートe-POWERのF(2WD)は、燃費に特化した「燃費スペシャル」グレード。WLTCモード燃費は29.5km/L
ヤリスハイブリッド。ハイブリッドXのWLTCモード燃費は36.0km/L
フィットのハイブリッドモデル、e:HEVベーシックのWLTCモード燃費は29.4km/L

 先ごろフルモデルチェンジを受けたノートe-POWERには、いわゆる「燃費スペシャル」と呼ばれるグレードが設定されている。2WDのFがそれで、燃料タンク容量を4L減らして32Lにすることで、数値上の軽量化を行った(燃料タンク本体の重量は変わらない)。遮音材なども省かれ、車両重量は30kg軽くしている。

 Fではメーカーオプションの設定も大幅に削られ、安全装備の後側方車両検知警報やSOSコール、運転支援機能のプロパイロット、インテリジェントキーなどは装着できない。Fはこのように各種の機能やオプション設定を省き、WLTCモード燃費を29.5km/Lとした。ただしXやSも28.4km/Lだから、Fは1.1km/Lしか向上していない。

 ノートFのような燃費スペシャルは、ライバル車に対抗して用意されることが多い。フィットe:HEV(ハイブリッド)のWLTCモード燃費を見ると、e:HEVベーシックが29.4km/Lだ。つまりノートは、フィットの数値を0.1km/Lでも上まわりたかった。

 それでもヤリスハイブリッドになると、最も数値の低いハイブリッドZでも35.4km/Lだ。最良のハイブリッドXは36.0km/Lに達する。ノートFは、フィットの燃費数値はギリギリで上まわることができたが、ヤリスハイブリッドには太刀打ちできない。

 このような燃費スペシャルに存在価値はあるのか。ノートの開発者に尋ねると「Fは軽量で環境性能をアピールできるグレードとして用意した。ただし(売れ行き次第では)廃止されるかもしれない」と返答された。

過去の燃費スペシャル車は?

ノートe-POWERの廉価グレード「e-POWER S」。JC08モード燃費は37.2km/L

 燃費スペシャルは、過去にも数多く設定されている。例えば2016年に先代ノートがe-POWERを加えた時は、e-POWER Sが燃費スペシャルだった。この内容は徹底しており、衝突被害軽減ブレーキに加えて、エアコンまで省いた。しかもオプションでも装着できない。「マニュアルヒーター」が装着されるだけであった。

 先代ノートe-POWER SのJC08モード燃費は、e-POWER Xやe-POWERメダリストの34.0km/Lに対して37.2km/Lだ。

 この燃費数値は、当時のアクアに対抗していた。アクアは売れ筋グレードも含めて、JC08モード燃費は37km/Lで、ノートe-POWERとしてはこれに勝る数値を示したかった。アクアは実用装備を充実させて37.0km/Lだから、エアコンまで省いた先代ノートe-POWER Sとは異なるが、とにかく数値で勝つことにこだわった。

 ちなみにこの時点で、現行プリウスも燃費スペシャルのEを用意しており、JC08モード燃費は40.8km/Lに達していた。ノートe-POWER Sが37.2km/Lをマークしても、1位にはなれなかったが、ライバル車のアクアには負けたくなかったのだ。

 アクアについても、2011年の発売時点ではLが燃費スペシャルであった。改良前のJC08モード燃費は35.4km/Lにとどまったが、併記された古い10・15モード燃費は、SとGが37.0km/L、Lは40km/Lの大台に乗せていた。この時点でJC08モード燃費が40.8km/Lの現行プリウスは登場しておらず、アクアの40.0km/Lは大々的にアピールされた。

プリウス Eは燃費に特化したグレード。燃費はJC08モードで40.8km/Lとライバル車を圧倒
アクア Lも燃費スペシャルに相当。10・15モード燃費は40km/Lの大台に乗せた(JC08モード燃費は35.4km/L)

次ページは : 軽自動車にも設定されていた燃費スペシャル車

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ