令和のクラウンが見えた!! 次期型SUV化の真相ついに判明!!!

令和のクラウンが見えた!! 次期型SUV化の真相ついに判明!!!

 2020年11月11日、中日新聞が伝えた「次期クラウンSUV」の報道。すでに販売店に通達したとの情報もある。

 はたして、次期クラウンは本当にセダンがなくなって、SUVになるのか? 

 ベストカーが総力を挙げて徹底取材! 今わかっている情報をすべてお伝えしよう。


文/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部
写真/ベストカー編集部 トヨタ
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2021年1月10日号

【画像ギャラリー】もはや聖域なし!これが令和の新型クラウンSUV!!


「クラウンの名は残るがセダンではない」その証言が意味する真相とは?

2018年6月にデビューした現行15代目クラウン
2018年6月にデビューした現行15代目クラウン
トヨタの最新大型FR用プラットフォームであるGA-Lプラットフォームをベースに開発されれば、威風堂々とした正統派大型SUVになるだろう。現行クラウンがSUVになったらという、新時代のクラウンの姿。これはこれでありだ(CGイラストはベストカーが製作したもの)
トヨタの最新大型FR用プラットフォームであるGA-Lプラットフォームをベースに開発されれば、威風堂々とした正統派大型SUVになるだろう。現行クラウンがSUVになったらという、新時代のクラウンの姿。これはこれでありだ(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 2020年11月11日付の中日新聞が突如、次期型クラウンはSUVになると報じた。同記事では具体的に以下のように報じている。

 「クラウンはセダンでの生産を現行型で終了し、スポーツ多目的車(SUV)に似た車型の新型車として、2022年に投入する方向で最終調整に入った」として、さらに、

 「北米、中国への投入も予定。2023年より米国での生産も計画。北米で販売するハイランダーのプラットフォームを活用する」と、かなり具体的に伝えている。

 トヨタのお膝元、名古屋が本拠の中日新聞が報じるだけに、その内容が一気に拡散し、大きな話題となったのは言うまでもない。

 しかし、本誌スクープ班はこの報道に驚くことはなかった。

 トヨタの開発企画部門に近い関係者から、これより前に「どうも、次期型クラウンの企画に大きな動きがある」と聞いていたからだ。

 具体的にSUVになるといった証言はなかったものの、「クラウンクラス用FRプラットフォームの新規開発は凍結した」というのがその情報だった。はっきりとは言わなかったが、次期型クラウンはこれまでの流れから大きく変わるということを示唆する情報だった。

 クラウンは一部輸出仕様もあるが、基本的に国内専用モデルとして開発されている。国内営業部門からは、ユーザーニーズとして、全幅1800mm以下がマストと要件が突き付けられている。実際、現行型クラウンのサイズは全長4910mm、全幅1800mm、全高1455mmでホイールベースは2920mmである。

次ページは : クラウンとて、もはや聖域ではない

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!