何度も復活を期待されるシルビアはそもそも名車だったか? ならなぜ絶版になったのか??


 排ガス規制をクリアできず、2002年、S15型を最後にこの世から姿を消した日産「シルビア」。「コンパクトでカッコいいFRクーペ」といえば、真っ先に浮かぶのがこのクルマ、というかたも多いだろう。今でも、30代から40代のクルマ好きや、海外のスポーツカーファンの間で、シルビアの人気は高い。

 中古車オークションでの取引価格も、年々高まっており、走行距離が少ないスペックRのグレード車は、おそらくあと数年のうちに、500万円近い価格にまで昇っていくことだろう。

 スバルが2代目となる「BRZ」を先行公開した昨年11月には、クルマ系メディアの紙面やWEB媒体には次期型シルビアの予想CGが登場し、「次こそは、シルビアの後継車(小型FR)が出るのでは!?」と、話題になった。

(編集部註/かくいう当サイトも、わずかに伝わってくる情報に願望を込めて「シルビア復活か!!?」という記事を何度かお届けしております。ち、違うんだ、そのように報じる場合は、本当にわずかですが、開発情報は伝わっていたんです!! …わずか……ですが……)

 このように、度々「復活を期待!!」と話題になるシルビアだが、そもそも、ここまで復活を熱望されるほど、名車だったのだろうか。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】あのころはよかった… 歴代シルビア全7代の軌跡を写真でチェック!!


いまのクルマでは味わえない魅力があった

 シルビア全7世代は、どの側面を切り取っても面白いのだが、おそらく多くの方が、より色濃く記憶に残っているのは、最後のシルビアとなった、S15型であろう。

 ボディサイズを大型化したことで不人気となった6代目のS14シルビアの反省から、5ナンバー枠へダウンサイジングし、1999年1月に登場したのが、7代目「S15型シルビア」だ。

 このS15の魅力のひとつは、ボディスタイルであろう。つり目型のヘッドライト、低く構えたノーズ、FRクーペらしいボンネット長とキャビンのバランス、フェンダーのふくらみ、大型のテールランプなど、シルビア好きが好みそうなポイントをしっかりとおさえていた。

 車幅は1695mmと狭いながらも、リアフェンダーや、サイドのボディパネルの造形によって、小さなボディには見えないのも、シルビアの魅力だった。

1999年1月に登場したS15シルビア 2.0リッター NAエンジンのスペックS(MT仕様は165ps/19.6kgm)、2リッターターボのスペックR(MT仕様は250ps/28.0kgm、AT仕様は225ps/28.0kgm)

 そしてもうひとつ、ユーザーが自分の手でカスタマイズしたくなる「スキ」があえて残してある点も、シルビアの魅力だった。

 小型で軽量、FR駆動方式による素性の良さを生かしながら、まずはタイヤをインチアップして、車高調を入れて、エアロパーツを付けて、エンジンのパワーアップをして…と、ユーザーが自分好みにカスタマイズをする、「おもちゃ的な楽しみ」を味わえ、「クルマと共に成長していくカーライフ」が送れるのが、シルビアだったのだ。

 R35型GT-RやZ34型フェアレディZ、A90型GRスープラなど、いまの時代のスポーツカーは、ほとんどユーザーが付け入るスキがないほどによく出来ている。シルビアを失った心の隙間を、現代のクルマでは埋めることができないため、シルビアの復活を求める声が多いのだろう。

◆こんなクルマはもう出ない まだまだ値上がり確実!! S15シルビア特選中古情報

歴代シルビアは、タイヤのインチアップや、サスペンションの交換、エアロパーツの追加など、と自分好みに改造したくなるスキが多くあった

乗り越えられなかったのは、排ガス規制ではなく、コストの壁

 S15シルビアの消滅の直接的な理由は、排ガス規制にあるのだが、エンジンを積み替えて継続させなかったのには理由がある。そのひとつが、衝突安全性だ。

 ある年代から、エンジンフード高の低いクルマが極端に減った。これは、前面衝突時の歩行者頭部保護の安全基準をクリアするため、極端に低くできなくなったからだ。ポップアップエンジンフードなどのデバイスを使うことで、基準をクリアすることはできるのだが、エンジンフードだけクリアしても仕方ない。

 基準に対応すべき範囲は、側面衝突、後部衝突、オフセット衝突、小ラップ衝突など、全方位に及び、ボディに相当な規模の補強と、クラッシャブルゾーンが存在しないと、各国の保安基準を通過できない。

 基準を満たそうとすれば、エンジンフード高も上がり、ドアもぶ厚くなり、ボディは肥大化するか、狭い車内スペースになる。この規制の中で、これぞシルビア、というスタイリングである「低いノーズ」を実現することは難しかった。

 「ロードスターや新型BRZは、できているではないか」と思うだろう。確かに不可能でない。スポーツカーを持つことで、企業のブランド力を高め、他のクルマのイメージを引き上げるような「思惑」があれば、多少コストが高くてもやることに価値はある。

 しかし、それらがなかったとしたら、企業としては、収益が伴わないスポーツカーは「やらない」道を選ばざるを得ない。痛みを伴ってまで、(比較的安くて手軽な)スポーツカーを作り続けるプライドと体力が、当時の日産にはなかったのだろう。

2008年にベストカーがスクープした次期シルビアの予想CG V36スカイラインクーペのようなライトなど、当時の日産のトレンドに則ったデザインだった

次ページは : 復活はやはり厳しい

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ