マークXジオ、ムラーノ…もうすこしで主役になれたのに!!! 栄光なき名車たち10選

もうすこしで主役になれたのに!!? 栄光なき名車たち10選

 人生は難しい。どんなに才能に満ち溢れた人物であっても、ほんのちょっとズレてしまったタイミングや環境のせいで、本来得られたはずの栄光が手元をするりと抜けていく。そんな悲劇が起こりうる。

 でもこれ、クルマにも同じことが言える。性能は悪くないのに、すでに評価を得ているクルマがいるとそれだけで「日陰者」になってしまうことがよくある。

 そんな名車の「影」となった悲運のクルマたちに今、光を当てる。涙なくして読めないゼ!?

【画像ギャラリー】主役になれなかったクルマたちにスポットライトを! 悲劇の名車たちをギャラリーでじっくり見る(33枚)

※本稿は2020年12月のものです
車両解説/片岡英明
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■三菱 FTO(1994~2000年)

 三菱が1994年秋に送り出した個性派のスポーツクーペがFTO。

三菱は当時、スポーツモード付きATを中心とした販売戦略を採っため、5速MT車は中古車市場でも数が少ない

 エンジンは1.8Lの直4もあったが、主役は2LのV型6気筒DOHC。最上級グレードは可変バルブタイミングリフト機構のMIVECを搭載、200psを発生していた。

 日本初のスポーツモード付き4速ATも採用し、日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど奮闘した。

三菱 FTO。外観同様、曲線基調のインパネまわり。スポーティムードも上手く演出されている

 が、翌年ホンダはインテグラに似た性格のエンジンを積むタイプRを加え、FF最速の称号をFTOから奪ってしまう。

 クセの強いデザインも災いし、やや盛り上がらないまま消滅した。

●その当時輝いていたライバル車/ホンダ 初代インテグラタイプR

(FTOにしてみれば)憎き初代インテRの雄姿

●編集部からのコメント…当時クセの強いとされたデザインも、今見るとカッコよし。希少な5速MTに乗りたいね。

■日産 2代目ムラーノ(2008~2015年)

 ムラーノは北米向けに開発されたクロスオーバーSUV。

日産 2代目ムラーノ

 初代モデルは個性的なスタイルが話題となり、クリーンヒットを飛ばした。世界80カ国で発売され、大ヒットした初代ハリアーのライバルとして一気に注目を集めたのである。

ムラーノ。内装の質感も高く、スペシャルティ感もあった

 その2代目は世界を狙って質感を高めた。が、対する2代目ハリアーはハイブリッド車が好評を博し、ムラーノを突き放す。

 結果、わずか2代だけで日本から姿を消していったのだ。

●その当時輝いていたライバル車/トヨタ 2代目ハリアー

トヨタ 2代目ハリアー。特に面白くもないデザインだが、売れた

●編集部からのコメント…デザインは確実にムラーノのほうが頑張ってたが、ハリアーHVはパワフルだったね。

■トヨタ MR-S(1999~2007年)

 MR2の栄光を取り戻すために登場したMR-Sは、痛快な走りのミドシップを採用している。

トヨタ MR-S

 しかもロードスターと同じフルオープンの2シーターだから爽快感でも負けていない。

 エンジンは1.8Lの1ZZ-FE型直列4気筒ハイメカツインカムだ。VVT-iを採用しているから扱いやすかった。

トヨタ MR-S。それなりにスポーティな雰囲気のコックピット

 時代に先駆けてシーケンシャル5速MTを設定するなど、話題性も高かったが……。デザインがダサかったのかな!? 

●その時輝いていたライバル車/マツダ2代目ロードスター

マツダ2代目ロードスター。このカテゴリーには偉大な先駆者の後継が

●編集部からのコメント…近年、その走りの実力も再評価される傾向だが、デザインがダサかったのかな!? 

次ページは : ■トヨタ クルーガー(2000~2007年)