メルカリやオークション…クルマを個人売買する際に気をつけること

 狙いのクルマをネットで検索していると、まず出てくるのは中古車販売店のサイトでしょう。中古車とはいえ、評判が良い販売店で購入すれば安心できますし、その店舗まで出向いて、クルマの状態を見てから購入することもできます。大抵の場合、保証もついていますので、安心です。

 しかし最近は、ヤフオクなどのオークションサイトや、メルカリなどのフリマアプリでクルマを購入する方もいます。近年は、このようなサイトにも、中古車販売業者が出品していることも多いですが、個人間取引であれば、中古車販売店で買うよりも、価格を大幅に安く済ませることができるため、若者を中心に利用するかたも多いようです。

 しかし、クルマを個人間取引するのは、ちょっと勇気がいるもの。今回は、クルマを個人間取引する際に気を付けなければならないことを、考えていきます。

文:吉川賢一
写真:写真AC(トビラ写真:写真AC@しばいぬだいすき/@codino)

【画像ギャラリー】クルマを個人から買うときに注意することをクイックチェック!!


落札前にこれだけは確認!!

 オークションやフリマアプリなどでクルマの購入を検討する際、掲載写真をくまなくチェックするのはもちろんですが、しかし、たった十数枚の写真(メルカリだと最大10枚程度、ヤフオクも10枚だが、HTMLタグを利用し外部から読み込ませれば、プラス7枚まで追加できる)の写真でクルマの状態をすべて把握するのは、まず不可能。

 出品者がクルマを少しでも良く見せようと、傷が少ない側面を撮影していたり、明るくきれいに映るように工夫していたりする可能性もあるからです。

クルマの状態は写真では判断しきれない また、個人売買で購入したクルマに、あとで不具合が見つかっても、完全に自己責任となる(PHOTO/写真AC@愛媛カメラ係)

 一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会も、個人間による中古車のオークション取引に関して、「リスクを十分に理解しておく必要がある」と警告しています。逆にいうと、それらに少しでも不安を感じる場合は、個人間取引は避けたほうが無難です。

===(引用開始)===

 インターネット等を利用したオークションでの取引や遠方の販売店での購入は、とても便利ではありますが、一方で現車を確認せずに購入するケースが多く、「写真には写っていない傷があった」、「説明されていない不具合があった」、「修理のためには遠方の販売店へ持ち込まないといけない」、「不具合について無償修理の要求したいが連絡がつかなくなった」などのトラブルが発生するおそれがありますので、これらのリスクを十分に理解しておく必要があります。
日本中古自動車販売協会連合会公式サイトより
https://www.jucda.or.jp/soudan/know-how/03.html

===(引用ここまで)===

「多少のトラブルは承知の上、それでもこのクルマを手に入れたいんだ!!」という場合にのみ、利用されることをお勧めします。

 そのうえで、まずはじめにチェックするのは車検証と車両メンテ簿です。該当車種に間違いがないか、走行距離はどのくらいか、初期登録はいつか、点検はどの程度の頻度で受けてきた車両なのか、車検は残っているか(自賠責保険が残っているか)、車検が残っていない場合はクルマの輸送費をどちらがもつか、自動車税の未払いがないか、などは要確認です。

走行距離はどのくらいか、初期登録はいつか、点検はどの程度の頻度で受けてきた車両なのか、車検は残っているか、当たり前のことをきちんとチェックするのも自己責任だ(PHOTO/写真AC@uopicture)

 続いて、クルマの名義変更はどちらが行うのか、買う側が行う場合だと相手が必要書類をいつ用意してくれるのか、売買契約書は交わしてくれるのか、などです。これらを事前に取り決めしておくことで、ある程度、トラブルを回避することができます。

 名義変更の手続きに関しては、今回は割愛しますが、滞りなく書類が揃いさえすれば、それほど面倒なことではありません。

個人間取引をサポートするシステムも

 近年は、クルマの売買に関して新しい方法が次々と登場しており、個人間取引をサポートしてくれる業者やシステムもあります。様々なサービスがあるので、内容に関して一概にはいえませんが、ある程度クルマの状態を査定してくれたり、名義変更を代行してくれるサービスもあります。

個人間取引をサポートするシステムを中古車販売業者が行っているケースも(PHOTO/写真AC@codino)

 もちろん完全に個人間で取引をするよりもコストはかかりますが、クルマの状態を第三者が担保してくれるのは、強い安心材料となります。

 下手なクルマを買ってしまうと、安物買いの銭失い、にとどまらず、命を失う可能性さえもあります。どうしても、完全に個人間で取引をされる場合は、これらのリスクを十分ご承知の上で、慎重に取引を進めてください。

<余話>プロに聞いた!! 中古車購入で損をしないコツ

 中古車買い取り専門店の担当者によると、車両買取の際に気を付けてみているのは、年式や走行距離はもちろん、グレード(期間限定仕様は査定が高くなる)やボディカラー(ホワイトやブラックなどが人気色)、アルミホイールや本革シートといった人気オプションの有無、修理歴、傷の大小、水没車か否か、そして、過去のオークションの相場と比べてその価格が妥当か否か、などのようです。

 特に、災害などで出た水没車は、どんなにクリーニングをしても、水が腐ったような臭いは取り切ることができないようですので、注意が必要、とのこと。

 ちなみに、新型モデルが登場する前後、旧型式となったクルマの出品数が増えると、相場が下落し、中古車の販売価格は下がります。また、2月から3月にかけては、毎年、クルマの買い替え需要の波が来るため、オークション(※)への出品台数が減り、中古車の販売価格が高くなる傾向があります。

 「欲しい車が安く手に入る!」といって、すぐに購入に走るよりも、その時のオークション(※)出品状況や相場、クルマの状態を落ち着いてみることが、損をしないコツだそうです。

 ※中古車専売店が参加するオークションとは、中古車を取扱う業者を対象とした会員制の中古車卸売市場であるオートオークション(通称AA)です。

【画像ギャラリー】クルマを個人から買うときに注意することをクイックチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】GT-RにマイルドHVあり!? 知りたい情報を全部載せ!! |ベストカー3月10日号

 今号は読者の皆様が知りたがっているスクープ情報を一気に掲載する集中BIG特集として「全部載せSCOOPスペシャル」をお届け!   スープラGRMNやGT-Rマイルドハイブリッド、レクサスLFなど「選択と集中」で見せる全11台の情報をお届け…

カタログ