世界の舞台で戦うモンスターパワー車が公道で吠える!! 憧れのホモロゲモデル 5選


 レーシングカーのデザインはそのままに、公道を走ることができるレアな市販車「ホモロゲーションモデル」。ホモロゲーション(Homologation)とは、「承認」や「認証」という意味で、ホモロゲーションモデルとは、市販車ベースのクルマによる競技に参戦するために開発・販売された車のことです。

 ほかの市販車とはちがい、レースで勝つために、各メーカーが持てる技術をふんだんに織り込み、情熱を注いで開発されたホモロゲーションモデル。「三菱ランサーエボリューション」や、「スバルインプレッサSTI」も、WRCに出場するために生まれたホモロゲーションモデルです。

 今回は有名なホモロゲーションモデルをいくつかご紹介していきます。

文:吉川賢一
写真:LANCIA、TOYOTA、NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】1980年代から1990年代にかけて活躍した、競技ベース車&ホモロゲ取得用車をギャラリーでチェック!!


ランチア・デルタ・HFインテグラーレ

 イタリアの自動車メーカー、フィアット傘下のランチアが1979年に発売した5ドアハッチバックのファミリーカー「デルタ」。これをベースに、WRC(世界ラリー選手権)グループAのホモロゲーションモデルとして、1987年に発表されたのが、「デルタHFインテグラーレ」です。

ランチア・デルタ・インテグラーレのマルティニカラーのデザインは、だれでも見たことがあるはずだ セガ・ラリーというゲームにも登場しており、若い方にもよく知られているマシンだ

 ターボエンジンとフルタイム4WDを搭載し、張り出したブリスターフェンダーや、小さめのホイールアーチに大きなタイヤなどで武装した、スポーツモデルでした。

 年々アップデートを繰り返し、4バルブ化したHFインテグラーレ16v(1989年)、HFインテグラーレ16vエボルツィオーネ(1992年)、そして最終的には、HFインテグラーレ16vエボルツィオーネⅡ(1993年)へと、進化。

 そして、「とにかく壊れやすいクルマ」としても有名でした。筆者の知人もエボⅡに乗っていましたが、「ドアが薄っぺらくて、まるで段ボールのようなボディ」と表現するほどに、危うさと隣り合わせのクルマだったようです。

セリカGT-FOUR RC(ST185型)

 4代目セリカに、センターデフ式フルタイム4WDと、インタークーラー付きターボの3S-GTE型を組み合わせてと登場したのがセリカGT-FOURです。このセリカGT-FOURにも、グループA規定となったWRCに参戦するために開発されたホモロゲ―ションモデルがありました。

1989年に発売開始された2代目GT-FOUR(ST185) 写真のGT-FOUR RCは、1991年に発売された限定モデル リトラクタブルヘッドライトや、ボンネットにある丸いエアインテークなど、キャッチーなアクセントが懐かしい

 セリカGT-FOURには、1986年~1989年に販売されたST165型、1989年~1993年に販売されたST185型、そして1993年~1999年に販売されたST205型の3モデルがあり、映画「私をスキーに連れてって(1987年)」の中で、雪上を走り回っていたのは、ST165型。

 この映画に影響されて、このクルマのファンになったかたは多いでしょう(筆者もその一人)。

 ホモロゲモデルは、セリカGT-FOURの中期にあたるST185型において、1991年9月、セリカGT-FOUR RC(ラリーコンペティション)として、国内限定1800台で販売されました。WRCには1992年の開幕戦でデビューし、その年から3年連続でドライバーズタイトルを獲得。

 さらには1993年、1994年とマニュファクチャラーズタイトルを連覇するという、日本人としては嬉しい活躍を見せてくれたモデルです。

3代目GT-FOUR(ST205)は1993年にデビュー 2100台限定で販売された カストロールカラーのWRCマシンを覚えている方は多いだろう

次ページは : トヨタGRヤリス

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ