ル・マン常勝の王者打倒に挑む男たちの絆!! 映画『フォードvsフェラーリ』を観よう!!

ル・マン常勝の王者打倒に挑む男たちの絆!! 映画『フォードvsフェラーリ』を観よう!!

 クルマを題材にした映画の中でも、実際の出来事をモデルにした名作映画も多く製作されている。

 それはかつてのメーカーの栄枯盛衰など題材にしたものもあるが、やはり燃えるのは実際のレースをモデルにして、当時の名勝負を再び見せてくれるものだ。

 今回は映画ライターの渡辺麻紀さんにル・マン24時間レースをリアルなカーアクションで再現した映画『フォードvsフェラーリ』の見所を紹介してもらおう。

文/渡辺麻紀、写真/ウォルト・ディズニー・ジャパン、Honda

【画像ギャラリー】ル・マンで激闘を繰り広げるフォードとフェラーリ!! 『フォードvsフェラーリ』を見る!!


■アカデミー賞4部門ノミネート!! 熱い男たちの戦いを描く

キャロル・シェルビー(マット・デイモン)とドライバーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)
キャロル・シェルビー(マット・デイモン)とドライバーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)

 2019年のアカデミー賞で作品賞を始め4部門にノミネートされ、音響編集賞と編集賞を受賞した『フォードvsフェラーリ』は、実話をもとにしたレース映画であり人間ドラマだ。

 ベースになっているのは、イメージアップを計るフォード社が、1966年のル・マンの24時間レースで常勝のフェラーリを打ち負かしたという実話。フォードは、同レースで優勝した経験を持つ唯一のアメリカ人、キャロル・シェルビーを中心に特別チームを作って挑んだのだが、本作ではその顛末が描かれている。

 シェルビーが選んだレーサーは偏屈だが腕はピカイチのケン・マイルズ。決して妥協しない彼と、そんなマイルズを嫌い、チームから外そうとするフォードの幹部の間に挟まれたシェルビーはあらゆる手を尽くす。

 本作の見どころのひとつはここ。つぶしにかかる幹部(副社長のレオ・ビープ)の横やりを巧みな話術と力ワザで交わし、フォード社長からOKをもぎ取るその交渉術だ。

 たとえば、副社長を部屋に閉じ込め、フォード社長をGT40に乗せ、シェルビー自身が運転して、その性能をダイレクトに体験させてみたりと、まさにあの手この手。夢の達成のためなら手段を選ばないこの男を、マット・デイモンが驚くほど魅力的かつ痛快に演じている。

 一方、偏屈のケン・マイルズを演じる『ダークナイト』(08)等の演技派クリスチャン・ベイルは、生きることにはぶきっちょな車バカになり切ってみせる。

 社会性に富んだ男と、社会性のまるでない男が“カーレース”で共鳴し合い、お互いを認め合うのだ。ビジネスを通り越した男たちのこんな熱い関係性を、ハリウッド映画で観たのは久しぶりだと思う。

次ページは : ■40分を費やして魅せるレースシーンは必見

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!