2秒に1台売れてるミニカー! トミカ50周年記念モデルを書店でゲットだ!!

 誰もがミニカーといえば真っ先に思いつくであろう大人気の「トミカ」が、2020年で発売50周年を迎えた。

 累計販売台数は6億7000万台を超え(2020年1月現在)これを発売開始された1970年からの50年で割ると、2秒に1台売れた勘定になるというから、いかにすごいことかよくわかる。

 これを記念して様々な製品が発売されるが、今回は書店向けに発売される「トミカ50周年ヒストリーセレクション」をご紹介しよう。注目のラインアップを見逃すな!

文:安藤修也/写真:タカラトミー

【画像ギャラリー】累計販売台数6億台以上! マニアの所有欲を満たすトミカの世界を写真で見る


■カーマニアの所有欲を手軽に叶えて50周年 記念トミカは書店で買う!

2020年で発売50周年を迎えた「トミカ」。累計販売台数は6億7000万台を超える大人気のミニカーだ

 我らカーマニアにとって一番の喜び。それは、やはり欲しいクルマを所有することではないだろうか。

 愛車とすることで、自分が純粋に「カッコいい」、「美しい」と思うデザインを、毎日好きな時に見て、触ることができる。乗って走ることはもちろん楽しいが、まずは所有する喜びというのが、一番先に得られるクルマの喜びだ。

 しかし、クルマは家に次いで高価な耐久消費財だけに、誰もが簡単に好きなクルマを所有できるわけではない。そんなカーマニアの心の隙間に、(いい意味で)つけ込んでくるのが、「トミカ」である。

 実際に存在するクルマをモチーフとし、その魅力を手のひらサイズに凝縮。大き過ぎず、作りも頑丈なため、子どもから大人まで楽しめる。それでいてディテールは精密で、海外からも評価が高い。

 そんなトミカの新シリーズが、今、話題を集めている。1970年に販売開始されたトミカが今年で誕生50周年を迎えることを記念した、「トミカ50周年ヒストリーセレクション」が、隔月で書店で発売されているのだ。

 内容としては、トミカの歴史を10年間ごとに区切り、各年代に発売したトミカの中で印象的なモデルを再現。さらに、同モデルが含まれる10年間のヒストリーが記載されたブック仕様のパッケージとなっている。

■記念すべき第一弾は伝説の名車トヨタ2000GTだ

トミカ50周年ヒストリーセレクション 1970-1979 Vol.1 トヨタ2000GT 1,000円(税抜き)

 まず、2月に発売された第一弾には、「トヨタ2000GT」が選ばれた。実際、同車は1970年のトミカ初年度に発売されたモデルであり、トミカ栄光の歴史はここからはじまったと言っても過言ではない。

 なにより見どころは、そのボディラインの美しさだ。実車同様、フロントフェンダーの盛り上がりが、抑揚のあるラインを描きながら、リアで見事に収束している。

 また、ウインドウモールのメッキやシートの模様、バックミラーなど、ディテールまで気合が入っており、1970年当時から、トミカが完璧なまでの世界を作り上げてきたことがわかる。

■第二弾は「アートフォース・シルビア」こと5代目S13

トミカ50周年ヒストリーコレクション 1980-1989 Vol.2 日産 シルビア 1,000円(税抜き)

 次に、1980年から1989年に販売されたモデルの中から選ばれた第二弾として、「日産 シルビア」が4月に発売されている。シルビアと言えば歴代多くの人気モデルがあったが、今回の選出は「アートフォース・シルビア」こと5代目「S13」である。

 同車のデビューは1988年であることから、実車登場からわずか1年でトミカ化されている。

 デートカーとしても峠の走り屋御用達モデルとしても、長年カーマニアから愛されたモデルだけに、40代以上の読者にとって味わい深いものがある。やはりエッジの効いた未来的デザインが非常に高いレベルで造形化されており、トミカ屈指の好作品に仕上がっている。

■第三弾はFDパトカーという思い切ったチョイスもトミカの魅力

トミカ50周年ヒストリーセレクション 1990-1999 Vol.3 マツダ RX-7 パトロールカー 1,000円(税抜き)

 6月に発売されたシリーズ第3弾は、1990年から1999年に販売されたモデルから選ばれているが、そこにパトカーを迷わず突っ込んでくるアグレッシブさも、トミカの魅力的なところだ。

 しかもベース車は、「マツダRX-7」の3代目モデル「FD」。なんだか情報量の多いモデルだが、トミカに生まれ変わったその姿を眺めると、まったくヘビーな感じがないから不思議である。

 白黒のツートンカラーがFDの美しいスタイリングを逆に引き締め、ルーフ上に付けられたクリア素材のパトライトでさえ、リトラクタブルヘッドライトやリアスポイラー同様、同車の秀逸なデザインに馴染んでいる。

 子どもの頃の憧れであるパトカーと、若かりし頃に気持ちを高揚させられたFDを、トミカは自分の手のひらの上で、自分だけの喜びとしてパッケージングしてくれている。

■そして今夏の新製品はNSX-R! 実車に負けないスペシャリティ・ミニカーだ

トミカ50周年ヒストリーセレクション 2000-2009 Vol.4 ホンダ NSX-R 1,000円(税抜き)

 そして、この8月に発売された新製品が、2000年から2009年の発売モデルから選ばれた「ホンダNSX-R」だ。日本のスポーツカーのなかでもスペシャル中のスペシャルなモデルで、実車と同年の2002年に発売されている。

 ミッドシップでありながら短めなルーフラインや、リアフェンダーからつながるリアスポイラー形状など、他のスーパーカーにありそうでなかった和製スーパースポーツの造形の見事な再現性は、50年間、実車をリアルに再現してきたトミカのなかでも群を抜いている。

10月発売予定の第5弾は2010年から2019年販売のモデルから、12月発売予定の第6弾は今年発売されたモデルから選ばれるという。あれこれと車種を予想しながら発表を待とう

 今後、10月発売予定の第5弾は、2010年から2019年販売のモデルから選ばれ、12月発売予定の第6弾は、2020年、まさに今年発売されたモデルから選ばれるという。いずれもその車種発表が待ちきれない。

 過去に所有した愛車への郷愁、喉から手が出るほど欲しかった車種への憧憬。トミカでは、そのどちらの思いも、手のひらサイズで獲得することができる。上記車種への深い思いをお持ちの人も、そうでない人も、高度なコンセプトの実現に徹してきたトミカの歴史を実感できる同傑作シリーズをぜひチェックしてほしい。

*   *   *

※本商品は株式会社トーハンのMVPブランド企画として発売されている商品です。(c)TOMY

商品の詳細はこちら(リンク先)

取扱い書店はこちら(リンク先)

©TOMY

【画像ギャラリー】累計販売台数6億台以上! マニアの所有欲を満たすトミカの世界を写真で見る

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ