【名車の中の迷車】ご先祖様に顔向けできないクルマたち 13選


 いかに伝統の家柄とはいえ、歴史を重ねればそのなかに「イマイチ、かな?」というのが混ざるのは、人もクルマも同じこと。春のお彼岸も過ぎたことだし、本企画ではそんな「あちゃ〜」なクルマたちを振り返ります。

 「そんなんだから先祖に顔向けできないんだ!」なポイントを教えてくれるのは、『ベストカー』本誌連載「エンスー解放戦線」でもおなじみ自動車ジャーナリストの清水草一氏。

 氏はけっこう墓参りが好きだと言っていたので、この企画にはうってつけの人選と言えるかもしれない(もちろん清水氏はご先祖様に顔向けできまくるぞ、本当だぞ)。

 なお各文末の「ご先祖に顔向けできない度」は★5つが最高(最低)で、「最も顔向けできないクルマ」となります。

文:清水草一、ベストカー編集部


■8代目カローラ 1995〜2002年

8代目カローラ/リベット溶接の採用や防錆鋼板の使用比率の拡大で、耐久性が向上。この代から国内向けと海外向けで大きく異なるデザインが採用されるようになった
トヨタカローラ/リベット溶接の採用や防錆鋼板の使用比率の拡大で、耐久性が向上。この代から国内向けと海外向けで大きく異なるデザインが採用されるようになった。ちなみに前期型のCMは刑事コロンボ(ピーター・フォーク)が務めた

 日本を代表するクルマ・カローラ。これまで11代を数え、15代続いた徳川幕府の将軍にも迫っておりまするが、8代目はどうもイカンかった。

 7代目はバブル期に企画されただけに、とてもゼイタクな設計でございましたが、8代目は一転不況下につきすべてがコストダウン! ペナペナになってしまったのです。時代に合わせたとはいえ、退歩はイカン。

ご先祖に顔向けできない度…★★★★

■マーク2クオリス 1997〜2002年

トヨタマーク2クオリス/車名に「マーク2」がつくが、カムリグラシアの姉妹車であり、プラットフォームも(当時の)カムリと共通のFF。エンジンは2.2Lの直4と、2.5Lと3L、2種のV6が用意されていた。基本装備は充実
トヨタマーク2クオリス/車名に「マーク2」がつくが、カムリグラシアの姉妹車であり、プラットフォームも(当時の)カムリと共通のFF。エンジンは2.2Lの直4と、2.5Lと3L、2種のV6が用意されていた。基本装備は充実

 マーク2もまた9代という長い歴史を持つクルマ。現在もマークXと名を変えて、なんとか家名を守っておりまする。

 が、マーク2クオリスは、一族と認めとうない。マーク2一族はすべて後輪駆動! 

 FFのカムリグラシアのお面を替えてマーク2を名乗らせるのは、さすがに安易に過ぎようて。クルマそのものはよいのじゃがのう。なんとも惜しいのう。

ご先祖に顔向けできない度…★★★

次ページは : ■9代目クラウン 1991〜1995年

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ