しつこいけど言いたい 欧州マイクラ カッコいいのになぜ入れない??

しつこいけど言いたい 欧州マイクラ カッコいいのになぜ入れない??

 日本のコンパクトカーの名門「マーチ」が、海外で超絶進化しているのをご存じだろうか。マーチの海外版「マイクラ」は、すでにマーチとは別の道を歩み始めており、見た目も大きく成長している。

 マイクラを日本導入しないのはもったいなさ過ぎる!! というかたはとても多い。筆者も同じ意見だ。だが、そう簡単にはいかない事情もある。

 今回は、マイクラの全貌をここで改めて確認しつつ、日産がマイクラを日本導入しないわけについて考察していく。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、RENAULT

【画像ギャラリー】日本のコンパクトカーの名門!! 日産マーチの歴代モデルを写真で振り返る


低コスト車から、上級小型車へ

 現在、欧州で販売されているマイクラは、K14型。マイクラは、K13型までは日本で販売されているマーチと同じデザインであったが、2017年に欧州のマイクラのみがモデルチェンジし、国内マーチとは切り離された。2021年3月時点でも、日本のマーチはK13型のままだ。マイクラは、ルノーが所有するフランス・パリ近くのフラン工場にて生産され、そこから欧州全体へ輸出されている。

ボディサイズは全長3999×全幅1743×全高1455mm、ホイールベース2525mm K13に対して全幅は78mmも拡大されている

 K13マーチは、K12マーチが成功したことを受け、デザインはキープコンセプトで、価格を限界まで安くし、アジア圏を中心により多くのお客様の手に届くように、と開発された。日産がVプラットフォームと呼ぶシャシーを使っており、コスト削減のため、極限まで装備を削り落とされたクルマだ(落とし過ぎて魅力に欠けるクルマとなった…)。

 K14型は、このVプラットフォームを欧州向けに大幅に刷新、欧州Bセグメントに求められる要件を満たすべく、サスペンション含め見直されたクルマだ。

(※編集部注/本原稿の上記部分は当初「K14型はCMF-Bプラットフォームを採用」と書かれておりましたが、それは筆者の思い違いと編集担当者の知識不足による誤りです。正しくは上記表記のとおり、K14型は「欧州向けに刷新されたVプラットフォーム」を採用しております。ご指摘いただいた関係者の方に感謝するとともに、謹んで訂正し、謝罪いたします。申し訳ありませんでした)

マイクラのインテリア 写真のモデルは6速MTだ

さらに、スポーツコンパクトへと進化!!

 K13マーチよりも、全幅を拡大しつつ全高を低くしたことで、ワイドアンドロ―なスタイルを手に入れた。ボディサイズは、K13に対して全幅が78mm拡大されて1743mmとなり、ノートの1695mmよりもずっとワイドとなっている。ちなみに、VWポロやルノークリオといったライバルも1750mmと、欧州ではBセグメントのコンパクトカーもこのくらいの全幅だ。

 全高も1455mmと、K13に対して60mmも低くなり、低く構えたようなスタイリングとなった。「これぞスポーツコンパクト」といったスタイリングで、日本のクルマ好きにも大いに受け入れられるであろう。

リアのスタイリングも新鮮 Cピラー周りのデザインは、ZE1リーフや新型キャシュカイにも似た形状だ

 エンジンは、排気量1.0リッターの直列3気筒ターボ。100ps/160Nmの「IG-T 100」と、117ps/200Nmの「DIG-T 117」だ。前者には5速MTもしくはCVT、後者には6速MTが用意されている。燃費は、44~52.1 mpg(15.6~18.4m/L)、CO2排出量は123~145g/kmと、2021年のCAFE規制(95g/km)に対しては未達のため、今後、パワートレインの見直しが入る可能性が高い。

 ちなみに、英国価格は、13,995ユーロ(エントリーグレードVISIA+)から19,045ユーロ(最上級グレードTEKNA)、日本円だと182~247万円ほどだ。仮に、日本導入となった場合は、関税や輸送コストなどで、さらに高くなることになる。

スポーツモデルのN-Sportには、ブラックカーボンの外装パーツ、17インチタイヤホイール、合成皮革シート、リアビューカメラ、リアパーキングセンサーなどを搭載する

次ページは : 国内にマーチは必要でもマイクラは必要ではない