「右京カー」で話題の日産フィガロは中古でいくら?


 最近、「人気テレビドラマ『相棒』の“右京カー”がオークションに出品されている!」 と、ネットのニュースなどで話題になった日産フィガロ。

 このドラマで使用されたフィガロは撮影用に仕立てられた市販車にはないボディカラーの車両だが、話題になったとなると「中古車で今でも買えるのか?」「価格はいくらなのか?」というのが気になるところ。

 フィガロそのものは愛らしいレトロデザインのコンパクトオープンカーで、30年前に発売されてからこれまでもたびたび注目を集めてきた。そのため長年のファンも多い人気車となっているフィガロ。その中古車の相場や購入ポイントなどを、今あらためてガイドしていこう!

文/伊達軍曹 写真/日産自動車

【画像ギャラリー】気になりますねぇ……話題の「右京カー」日産フィガロを見る


■人気ドラマの出番がなくなったことが注目のきっかけに!

1991年から1992年に販売されていた日産 フィガロ。ドラマ使用車がネットオークションに出品されて話題となった

 過日、「“右京カー”がネットオークションに出品されている!」との情報が一部で話題となった。

 右京カーとは、レーシングドライバー片山右京さんの愛車……、ではなく、人気テレビドラマ『相棒』の劇中で、俳優の水谷 豊さん扮する主人公・杉下右京が乗っていた黒い日産 フィガロのことだ。

 通常、警察の捜査員(いわゆる刑事)が乗る捜査車両は地味なセダンあるいはスズキのキザシと相場は決まっているが、『相棒』の杉下右京が運転する捜査車両はなぜかブラックボディ+ホワイトルーフの特注塗装が施された、品川ナンバーの日産フィガロだった。

 その洒脱なビジュアルと雰囲気が相棒ファンの間で話題を呼び、通称「右京カー」は2014年に京商から1/43ミニカーが、タカラトミーからはチョロQが発売されるほどの人気に。

 そんな右京カーもドラマのなかでは2015年3月に終了したシーズン13以降はほぼ出番がなくなっていたわけだが、それがいきなりネットオークションに出品されたことで、再び右京カー=日産フィガロにスポットライトが当たる形となったのだ。

■数は少ないが、足を使えば探せないことはない!

かわいらしいリア……というより「おしり」と表現したくなる車体後部。初代マーチがベースとなっているとはとても信じられない

 だがそれはあくまで「相棒ファン」の間での話。

 日産フィガロというクルマ自体は、新車が発売された1991年2月から今にいたるまで一貫して、クルマ好きあるいは「カワイイ車好き」からの熱視線を浴び続けているクルマだ。ついでにいえば海外のフィガロオーナーズクラブも、いまだ超絶盛り上がっている。

 それゆえ当然、日産フィガロの中古車は今なおフツーに購入可能だ。

 とはいえ1991年から1992年にかけて2万台のみが限定生産され、その一部は前述のとおり海外に流出し、そして4人乗りとはいえ実質2人乗りの小さなオープンカーであるという特殊性ゆえ、日産フィガロの中古車流通量は決して多くはない。

 中古車情報サイトの掲載数台数は「グーネット」が15台で「カーセンサーnet」が22台だが、両者で重複している分を整理して合計すると30台になる。

 そしてグーネットにもカーセンサーnetにも掲載されていない中古車もあるだろうことを考えると、2021年3月現在の推定国内流通台数は40~60台ほどだろうか。この数字は、「少ないが、他県まで足を伸ばす気合があれば探せないこともない」といったニュアンスだ。

次ページは : ■価格とコンディションの目安は?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ