令和の小型車戦国時代に音沙汰なし… 超名門「マーチ」はどうすればよかったのか


 何度となく「そろそろ生産終了か?」という噂が出ながらも、販売し続ける日産マーチ(2020年春に「一時生産中止」という報道があり、「ついに絶版か」という噂が流れたが、同年7月に一部改良を実施して、現在も販売中)。

 販売は好調…とはいいがたく、2021年1月の月販台数は752台。同門のノートが7532台を売っていることを考えると、1/10という状況。かつて一世を風靡した超名門車が、(新型ノートだけでなく、トヨタからヤリス、ホンダからフィットと、それぞれ新型が登場している)令和のコンパクトカー戦国時代に、まったく音沙汰なしというのは寂しいかぎり。

 マーチはなぜこんなに影が薄くなってしまったのか。何が悪かったのか。どうすればよかったのか。販売事情に詳しい渡辺陽一郎氏に伺った。

文/渡辺陽一郎 写真/NISSAN

【画像ギャラリー】月平均1万台以上を登録していたこともあるマーチの歴代写真はこちら


■コンパクトカーの売れ行き好調! だがマーチは..?

 最近は全長が4m前後に収まるコンパクトカーの売れ行きが好調で、乗用車市場全体の26%、小型/普通乗用車に限れば40%を占める。

 コンパクトカーは価格が割安で燃費もよく、運転しやすいことから、もともと人気が高かった。特に最近は、安全装備や運転支援機能の充実により、クルマの価格が2000年頃に比べて1.2~1.4倍に上昇している。その結果、ミドルサイズの車種からコンパクトカーに乗り替えるユーザーも増えた。

 2021年1~2月の小型/普通車登録台数ランキングを見ても、ヤリス、ルーミー、ノート、フィット、ソリオという具合に、5ナンバーサイズに収まるコンパクトカーが上位に入っている。

令和の小型車戦国時代に音沙汰なし… 超名門「マーチ」はどうすればよかったのか
ノート、ヤリス、フィット、スイフトなどのコンパクトカーが上位を占める

 ただしコンパクトカーのすべてが好調に売れているわけではない。日産マーチは知名度の高い車種なのに、売れ行きが伸び悩む。

 2020年におけるマーチの登録台数は、1か月平均で481台であった。同じ日産のコンパクトカーでも、ノートはほとんどモデル末期の状態ながら、1か月平均が6017台だ。マーチの売れ行きはノートの8%と少ない。2021年も変わらず、マーチの1か月の登録台数は1000台を下まわる。

 今の売れ行きは、マーチにとって不本意だろう。以前のマーチは人気車だったからだ。

■2010年の4代目以降より売れ行きが低迷

 1992年に登場した2代目マーチは、1993年に1か月平均で1万台以上を登録した。今のヤリス(ヤリスクロスを除く)と同等かそれ以上だ。2002年に発売された3代目の先代型も、2003年には1か月平均の登録台数が1万台を超えた。

 それなのに2010年に登場した4代目の現行型は、2012年(2011年は東日本大震災の影響が大きいから除いて考える)における1か月平均が3308台だった。2/3代目は発売の翌年に1万台以上を登録したのに、現行型の2012年は3分の1に留まる。発売時点から売れ行きが低迷した。

 現行マーチは、発売時点で1か月の販売目標を4000台に設定していた。この数値は現行型が生産を終えるまでの平均値を意味するから、発売直後は目標台数を上まわる必要がある。しかし2012年の時点で、早々に下まわった。

令和の小型車戦国時代に音沙汰なし… 超名門「マーチ」はどうすればよかったのか
2010年登場 現行型(4代目)マーチ 2012年の時点で目標を早々に下回った
令和の小型車戦国時代に音沙汰なし… 超名門「マーチ」はどうすればよかったのか
現行型(4代目)マーチ リア

 しかも今では現行マーチの発売から10年以上を経過したので、1か月の平均登録台数は、前述の500台以下まで低下した。フルモデルチェンジの周期が長引いたことも、販売不振の原因だ。

次ページは : ■現行マーチの売れない理由とは