タントは何が悪い? 元祖スーパーハイトがN-BOXに勝てない理由

タントは何が悪い? 元祖スーパーハイトがN-BOXに勝てない理由

 ホンダの現行N-BOXが登場したのは2017年。ダイハツのタントがフルモデルチェンジしたのは2019年なので、クルマとしては2年ほどタントのほうが新しい。そのぶんタントのほうが新鮮味があるから販売面で有利なはず。

 ところが売れゆきは、2020年新車販売ランキングでは1位がN-BOXで、タントは3位。N-BOXの牙城を崩せないうえに、スズキのスペーシアにも負けてしまっている。

 しかも現行型タントは登場年が新しいだけじゃなく、パワートレーンからプラットフォームまですべてを一新する気合の入ったフルモデルチェンジで登場している。それなのに、なぜタントはN-BOXに勝てないのか? その理由を渡辺陽一郎氏が徹底的に考察した。

文/渡辺陽一郎 写真/ダイハツ工業、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今は雌伏の時か!? 元祖スーパーハイト軽ワゴン ダイハツ タントを写真で見る


■競合するN-BOXとスペーシアよりも登場年が新しいタント

2019年にフルモデルチェンジしたダイハツ タント。元祖スーパーハイトワゴンであるタントがN-BOXの牙城を崩せずにいる

 2020年の軽自動車販売台数は、ダイハツが53万6292台、スズキは52万3604台であった。例年と同じくダイハツが1位だが、スズキとの差は1万2688台に縮まっている。

 その理由のひとつがダイハツタントの販売不振だ。今の軽自動車では、各メーカーともに、タントのように全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンが売れ筋だ。軽乗用車の販売総数の約半数が、スーパーハイトワゴンになる。

 天井が高いから、前後席ともに居住空間も広く、4名で快適に乗車できる。後席を畳むと広い荷室になって、自転車なども積みやすい。後席にはスライドドアが装着されて乗降性も良好だ。

 そして現行タントの発売は2019年だから、2017年に登場したライバル車のN-BOXやスペーシアよりも設計が新しい。それなのに売れゆきはライバル2車を下まわる。

 2020年の届け出台数は、1位:N-BOX(19万5984台)、2位:スペーシア(13万9851台)、3位:タント(12万9680台)で、特にN-BOXとの開きが大きい。

■先代タントは2014年にN-BOXの倍近く売れていた

2014年時点で、先代タントはN-BOXの倍近くの売れゆきを見せていた

 2014年には、2013年に発売された先代タントが、軽自動車と小型/普通車を含めた国内販売の総合1位になった。この時には先代N-BOXが売られていたが、2014年の軽自動車届け出台数は、1位:タント(23万4456台)、2位:N-BOX(17万9930台)、3位:ワゴンR(17万5369台)であった。

 このように2014年には、先代タントが2020年の現行型に比べて2倍近く売れていた。逆にN-BOXは、2014年は2020年に比べて約1万6000台少ない。2020年にコロナ禍の影響があったことを差し引いても、N-BOXは売れゆきを伸ばしてタントは急落した。

 スペーシアは、2014年の時点では大幅に少なく12万1086台だ。現在のほうが多く売られている。スーパーハイトワゴンの新旧モデルの売れゆきを比較すると、タントだけが現行型になって大きく落ち込んだ。

次ページは : ■初代タントは元祖スーパーハイトワゴンで大注目!