しつこいけど言いたい 欧州マイクラ カッコいいのになぜ入れない??


国内にマーチは必要でもマイクラは必要ではない

 これほど魅力的なK14マイクラだが、残念ながら日本登場の可能性は限りなく低い。「元マーチ」であるマイクラではあるが、ヒエラルキーはノートと同等以上であり、すでにマーチとは別の道を歩み始めたマイクラには、マーチの役割は果たせない。

日産の販売ラインアップのなかで、かつてのマーチの役割を担っているのは軽自動車のデイズとルークス どちらもヒットしているが、軽自動車だけに車両価格や維持費(つまり販売店の売上)が比較的安価であることや、ほかの日産車へのステップアップが期待できるかどうかがポイントか

 マイクラは、国内導入してほしいクルマではあるが、日産の国内ラインアップを考えたとき、マイクラでは、日産車内で喰い合いが起きてしまう。それよりも、これまでの「マーチ」のような、Aセグメントの超コンパクトカーがほしいところだろう(ルノー・トゥインゴのプラットフォームで作れないだろうか)。トヨタヤリスに真正面から、ぶつかっていってほしい。

マーチの穴を埋めるには、マイクラではダメ ボディサイズは維持したコンパクトカーが欲しいところだ
ルノートゥインゴをOEMして新型マーチとして売るのはどうだろうか? RRのマーチというのは面白いと思う!!

 また欧州生産のため、ロジスティック分で価格アップすることも懸念点だ。1.0リッターガソリンエンジンのみのモデルが300万円弱にもなることが予想され、もし仮に、そこにe-POWERでも搭載されようものならば、320万円オーバーにもなるはず。BMW1シリーズもみえてくる価格帯だ。残念ながら、K14 マイクラを日本へ導入することは、難しいだろう。

 このマイクラのように、日産の海外専売モデルには、カッコいいものが多く、日本導入を熱望されているクルマは他にもある。可能性は低いが、これらのクルマをオーテックが輸入して日本仕向けに改装して販売するような、ドラスティックな手段もあってほしいと思う。日産が、一気に盛り返そうとしているいまこそ、そのタイミングだ。

【画像ギャラリー】日本のコンパクトカーの名門!! 日産マーチの歴代モデルを写真で振り返る