市販化熱望! 『グランツーリスモSport』で乗れる幻の超スポーツカー8選


■ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ

2017年11月発表。かねてから噂されてきた次期型S2000の予想イラストに酷似しており、自動車メディアを仰天させた1台。

ホンダのデザイン思想である「ヒューマン・センター・デザイン」に基づき、市販車と変わらぬ開発過程を経て生まれたモデルで、2L・VTECターボエンジンをミッドシップに搭載し、410psをたたき出す。トランスミッションは8速デュアルクラッチ式、カーボンを多用したボディは899kgと極めて軽い。

みるからに空力性能の高そうなボディは、実際の風洞実験を経て形作られたという。ボディはもちろん、アンダーフロア、室内やエンジンルーム内の流速、排気にいたるまで、理想的な空力処理が施されている。もう、このまま明日にでも発売してほしいモデルだ。

■レクサス LF-LC GT “Vision Gran Turismo”

2015年3月登場。スーパーGTやFIA GT3カテゴリーなど、モータースポーツに積極的なレクサスが送り出したビジョン グランツーリスモ。スーパーGTはもちろん、ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦も想定して作られたという。

ベースとなったモデルは、ラグジュアリークーペコンセプトのLF-LC。2012年のデトロイトモーターショーで発表されたレクサスの未来に向けてのスタディモデルで、アメリカのCALTY DESIGNが手がけたエクステリアには、ジェット機のアフターバーナーにインスパイアされたテールランプなど、エモーショナルな表現が使われている。

その後、LF-LCはレクサスLCとして現実に市販され、2017年からはRC Fに代わってスーパーGTに参戦した。このビジョン グランツーリスモは、レクサスのモータースポーツの系譜を先取りした1台といえるだろう。

次ページは : ■マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ