海外のチューニングはひと味違う!? レクサス、ポルシェのぶっとびカスタムカー3選

 たとえば毎年1月に開催されている東京オートサロンなどで、まばゆいばかりのど派手なカスタムカーたちを目にした方も多いはず。カスタム文化も少しずつ日本に馴染み、その理解度や認知度も上がってきた感がある。
 しかーし。海外のカスタムカーにはそのさらに上をいくものがあるのだ。今回はレクサス、ポルシェのぶっとびカスタムカーをキャッチ。3台のド迫力メーカーカスタムの詳細をお届けしよう。

※本記事は2017年4月に執筆されたものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年4月26日号


■レクサスIS Be The ピッカピカ

波打つようななめらかな表現は凄い。当然世界に1台だけのスペシャルカーだ
PV(リンク先よりお楽しみください)中、レクサスISの出番は1:27ごろから、波打つようななめらかな表現は凄い。当然世界に1台だけのスペシャルカーだ

 光っている。しかも、猛烈に。なんとこのレクサスIS、4万1999個のLEDをまとい、その光量は17万5000ルーメンというではないか。10畳の部屋を明るくするのに必要なのが約3400ルーメンと言われているので、そのケタ違いの光量にはビックリ。スイッチひとつでレッツ・エレクトリカル・パレード。

 実はこのクルマはイギリスのシンガー、デュア・リパの“Be The One”という楽曲のプロモーションビデオに使われているもの。レクサスUSAが製作した「LTIT IS(=光ったIS)」と名付けられたISは、作品中でもかなりの存在感を発揮している。日本ならきゃりーぱみゅぱみゅ向き!?

 プログラムで自動制御されたLEDは自在に明滅を繰り返し、ボディの上で波のように押し迫ってくる表現も可能。超ハイテク技術で圧倒的な表現を可能にしているといっても、当然ながらLEDのインストールは手作業によるもの。その苦労たるや、クルマの派手さに比べたらとても地味。地道な作業の積み重ねというところがまた泣かせる!?

複数のLED制御モードで音楽に合わせた明滅も可能
複数のLED制御モードで音楽に合わせた明滅も可能

■ジュネーブに登場したゲンバラのポルシェ ぶっとびチューニングモデル

アバランシェには大きなウィングだけでなく垂直尾翼まで装備される。ワイドフェンダーなど派手さのなかに理性も感じるあたりはサスガ!
911ターボの面影を色濃く残す

 ドイツでポルシェのチューニングメーカーといえばゲンバラは押さえておきたい。3月(2017年)のジュネーブショーに登場した「アバランシェ」は、ポルシェ991ターボをチューニングしたモデル。1985年から続く「アバランシェ」シリーズの最新版だ。

 フロントで62mm、リアで100mmワイドになったボディワークは存在感抜群。特にリアセクションのウィング、そして4本出しマフラーは戦闘機の可変ノズルのよう。

 当然ながら中身も凄い。3.8Lターボエンジンはチューニングを施されて810ps/950Nmの大パワーを実現。もちろん補機類も専用品が与えられ、インマニや吸気系はカーボン製の専用品になるという。それ以上のスペックは未公表だ。

 ゲンバラはこのクルマで、現存する市販車のありとあらゆる記録に挑戦すると明言している。よっぽど自信があると見た。後述のRUF CTR2017との頂上対決に発展するかも?

アバランシェには大きなウィングだけでなく垂直尾翼まで装備される。ワイドフェンダーなど派手さのなかに理性も感じるあたりはサスガ!!
アバランシェには大きなウィングだけでなく垂直尾翼まで装備される。ワイドフェンダーなど派手さのなかに理性も感じるあたりはサスガ!!

■ポルシェチューニングの雄、RUFもぶっとび

エクステリアは930にそっくり。カーボン製のボディながら塗色のイメージもあって柔和な印象すら受ける
エクステリアは930にそっくりなCTR2017

 RUF(ルーフ)がジュネーブ(2017年3月)に出展したCTR2017は、710ps/880Nmのスペックもさることながら、その外観がかなり特徴的だ。なんとあの名車930ターボとうりふたつのルックス。1980年に登場した初代CTR、通称「イエローバード」をオマージュした1台である。

 ベースは991だがボディやモノコックはカーボンファイバー製で、乾燥重量(燃料やオイル、冷却水などを含まない車両自体の自重のこと)はなんと1200kg。軽くてハイパワーだが、RUFの設計思想はあえてそれを狙っている。「5年前から開発を始めて、その設計思想はアナログでスリリング。だから6MTに、現代的なハイパワーを組み合わせています」と担当者は語る。

 最高速は360km/h、0〜200km/h加速は3.5秒以下というから世界最速の911チューニングといっていいかもしれない。ただこのクルマ、個人的にはスリリングを通り越してもはや恐怖な気もする。だってRR(リアエンジン・リアドライブ。車体の後部にエンジンがあり後輪で駆動する方式)ですもの。

カーボン製のボディながら塗色のイメージもあって柔和な印象すら受ける。「おじいちゃんの皮を被った現役アスリート」といったところ!?
カーボン製のボディながら塗色のイメージもあって柔和な印象すら受ける。「おじいちゃんの皮を被った現役アスリート」といったところ!?
RUF CTR2017のスケッチ。930の面影をうまく落とし込んでいる。足回りのスケッチにも注目
CTR2017のスケッチ。930の面影をうまく落とし込んでいる。足回りのスケッチにも注目

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ