かつて一世を風靡した国産一大勢力 4ドアクーペの魅力と傑作選

かつて一世を風靡した国産一大勢力 4ドアクーペの魅力と傑作選

 美しい流麗なスタイルをもつ、クーペルックのクルマ。しかし、従来の2ドアのクーペは、使い勝手が悪いことから、現在は徐々にその数を減らしている。そんななか、近年増えてきているのが4ドアのクーペだ。

 2ドアのクーペは実用面からあきらめざるを得ない方でも、4ドアのクーペであれば、家族も納得してくれるはず。今回はクーペファンにはうれしい、現在販売されている美しすぎる4ドアクーペをご紹介しつつ、かつて一大ブームを巻き起こした国産4ドアクーペ、そしてクーペルックがSUVに伝播したワケについても触れていく。

文:吉川賢一
写真:ベストカー編集部、TOYOTA、Mercedes-Benz、BMW、Audi

【画像ギャラリー】「カッコいい!!!」というよりも、もはや「美しい…」 欧州4ドアクーペをギャラリーでチェック!!


欧州車に多い4ドアクーペ しかしかつては国産でも

 「4ドアクーペ」とはその名の通り、なだらかなルーフを描いたクーペのルックスを持ちながら、ドアを4枚備えたクルマのことだ。

メルセデスベンツCLS 2005年に初代が発売、2011年に2代目へチェンジ、2018年に3代目が登場した。前傾するフロントエンドは「メジロオジロザメ」の尖った鼻先を想わせるデザインをもつ

 現在、4ドアクーペは欧州車勢に多く、残念ながら現在の国産車ラインアップには、4ドアクーペとよべるモデルは存在しない。しかしながら、かつて、国産の4ドアクーペが一大ブームを巻き起こしたことがある。1985年8月に登場した、トヨタカリーナEDだ。

一大ブームを巻き起こした、カリーナED

 バブル期であった1985年8月に登場したトヨタカリーナEDは、サッシュレスの4枚ドアをもつ、ピラーレスハードトップの4ドアクーペであった。傾斜したAピラーとCピラーによって、全高は低く、クーペのようなスタイリングを実現していた。その分、後席は狭かったが、何よりこの流麗なデザインと、4ドアによる使いが手の良さで、一躍人気車となった。

初代カリーナED ボディサイズは全長4475×全幅1690×全高1310mm。センターピラーがなく、ウィンドウを下げると、サイドを大きく開くことができた

 ちなみに「ED」とは、「エキサイティング・ドレッシー」の略。「興奮するボディライン」とでも解釈すればよいのだろうか。なんともセクシーではないか。

カリーナEDのヒットによってコロナクーペが消滅、コロナEXiV(エクシブ)に生まれ変わった。カリーナED同様、流麗なスタイリングで若年層に大いに受け入れられた

次ページは : 4ドアクーペは「新しい選択肢」