新型シビック 正式発表!! ホンダの名門11代目の進化と日本導入は!?


 2021年4月29日、北米ホンダは「新型シビックセダン」を発表した。

 「シビック」は、1973年にアメリカ市場へ登場して以降、歴代で通算1200万台以上売れた、メガヒットブランド。過去5年間でも、165万台以上の販売を記録しており、ミレニアル世代、Z世代にも愛されている。

 11代目となる新型シビックセダンは、歴代のシビックが持っていた価値観を引き継ぎつつ、パワートレインの改善やシャーシと高剛性ボディのアップデートによって、ダイナミクスと騒音・振動・ハーシュネス(NVH)の性能向上をしたという。

 すでにスポーツモデル「タイプR」の設定も明言されているが、日本への投入はどうなるのか? 新型シビックセダンの全貌を紐解いていこう。

文/吉川賢一 写真/HONDA

【画像ギャラリー】新型シビックセダン初公開写真全15枚!新型の内外装をチェック!!


キープコンセプトながらシビックらしさを引き継ぎ、基本性能を向上

 新型シビックセダンについて触れる前に、ちょっとだけ、「シビック」というクルマについて、おさらいをしておこう。

 初代シビックは、「軽量コンパクトでキビキビ走れる」、「ユーティリティー・ミニマム(最も効率の良いサイズ、性能、経済性)であること」、「マン・マキシマム(居住空間の十分な確保)」という、3つのコンセプトに絞り、ワールドベーシックカーを目指して作られたクルマだ。

10代目シビックセダン(販売期間:2017年~2020年/全長4650mm×全幅1800mm×全高1415mm)

 歴代シビックは、いつの時代でも通用するこれらのコンセプトを大切にしつつ、その時代の需要に合わせ、ボディサイズを拡大したりボディ形式を変更し、進化を繰り返しながら今に至っている。

 新型シビックセダンのエンジニア、デザイナーもまた、このコンセプトを引き継ぎ、新たなデザインを織り込んでいったそうだ。

 なお今作のポイントは、クルマとしての基本的な性能をとことん追求し、磨き込まれた点だ。

11代目シビックセダン(全長4673×全幅1800×全高1415mm/ホイールベース:2735mm)

 新しいシャーシの採用およびボディ剛性の向上、パワフルで燃費の良い1.5Lの新ターボエンジンを採用し、サスペンションとステアリングのセッティングを更新してハンドリングと乗り心地を改善。

 また、新しいフロントエアバッグとリアシート用サイドエアバッグの採用、新しい交通渋滞アシストを含んだホンダセンシングシステムの刷新など、奇をてらうことなく、クルマの性能をより向上させてきたのは非常に好ましい。

新型シビックセダンは“刺々しさ”が抜け上品な印象に!!

厳ついデザインだった先代に比べ、落ち着きのある上級セダンにような好感が持てるデザインになった※写真:ツーリング

 ボディサイズは、全長4673×全幅1800×全高1415mm、ホイールベースは2735mm。全幅と全高は変えずに、ホイールベースを延長したぶん、全長を伸ばしている。

 エクステリアは、サイドから見たボディシェイプの雰囲気は、先代シビックセダン(10代目)とほぼ変わりはないが、Aピラーの着地点を約2インチ(5センチメートル)ほど後方に移動している。

 また、低いフードのフロントマスクや、ボディサイドに水平に入ったキャラクターラインなど、細かな意匠変更によって、全体的にスマートな印象となった。

 「つり目」だったヘッドライトや、ワイドに広がっていたフロントグリルは大人しくなり、「刺々しさ」が抜け、上級セダンのようなプレミアムな印象で、好感が持てる。

リア側のエクステリアは、スポーツセダンの雰囲気が感じられるデザイン。ボディカラーは新色含む8色が用意されている※写真:シビックセダン スポーツ

 リアは、大型テールランプと、トランクリッドにはスポイラが装着されており、短めにまとめられたリアオーバーハングからはスポーツセダンの雰囲気が感じられ、かなりカッコよい(写真の青はTOURING、黒はSPORT)。

 なおボディカラーは、メテオライトグレーメタリック、ソニックグレーパール、シビック専用の新色モーニングミストブルーメタリックを含む8パターンとなる。

 インテリアには、直線を基調としたデザインが施されており、例えば、突起物がナビとメーターフード以外にないダッシュボードや、助手席側まで貼られたハニカム模様のインパネなど、シンプルな横基調スタイルとなった。

インテリアは、直線を基調としたデザインになっている。ツーリングには、シビック初のオールデジタル液晶計器ディスプレイとBOSEプレミアムサウンドシステムが装備される

 エアコンの操作ノブも、このハニカムインパネから飛び出したスティックでおこなうかたちとなっており、見た目も新しい(ハニカムはやや若すぎる気もするが)。

 センターコンソールには、ドライブモード切り替えスイッチと電動パーキングブレーキスイッチが並んでいる。なお、これまでインサイトや先代シビックにあった、巨大なピラー付けのサイドミラーが、新型ではドア付けとなったことで、横方向の視認性対策がしっかりと織り込まれていたのは良いポイントだ。

次ページは : エンジンは改良型2.0L NAと1.5Lターボの2機で燃費約6%向上

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ