日本市場最強のトヨタは輸入車にも勝っているか? トヨタvs.輸入車 ガチの13番勝負


 2015年3月、「もっといいクルマづくり」について、報道説明会を開いたトヨタ。

 プラットフォーム「TNGA」による開発と生産技術の進化を目指すというものだが、あれから6年、その目標の達成度はいかほどなのか?

 トヨタ&レクサスの主力モデルと競合する輸入車とを比較し検証していく。

●ラインナップ
・GRヤリス VS メルセデスベンツ AMG 45
・ヤリス VS プジョー208
・カローラスポーツ VS BMW1シリーズ
・RAV4 VS ジープレネゲード
・ハリアー VS BMW X4
・シエンタ VS BMW2シリーズグランツアラー
・C-HR VS DS3クロスバック
・クラウン VS ベンツEクラス
・カムリ VS ボルボS60
・グランエース VS ベンツVクラス
・レクサスIS VS BMW3シリーズ
・レクサスRC F VS BMW M4
・レクサスUX VS アウディQ3

※本稿は2021年3月のものです
文/松田秀士、渡辺陽一郎、岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】世界に伍する力はついたのか? ランナップのモデルたちをギャラリーでチェック!


■GRヤリス VS メルセデスベンツ AMG 45

GRヤリス…全長3995×全幅1805×全高1455mm、車重1280kg。直3、1.6Lターボ(272ps/37.7kgm)、WLTCモード燃費13.6km/L、396万円(RZ)
AMG A45…全長4445×全幅1850×全高1410mm、車重1640kg。直4、2Lターボ(421ps/51.0kgm)、WLTCモード燃費11.0km/L、802万円(S 4マチック+)

 どちらもFFベースのエンジン横置き4WD。まずエンジン。A45は2L直4ターボで421ps、GRヤリスは1.6L直3ターボで272ps。圧倒的にA45。特にピックアップの素晴らしさでA45はレーシーな仕上がり。ブリッピング音も気分を掻き立てる。

 では4WD。前後トルク配分コントロールは両車ともFr=100:Rr=0。これはFFベースなら容易。問題は後輪への配分。A45は最大Fr=50:Rr=50なのに対して、リアを増速できる機構を持つGRヤリスはFr=0:Rr=100が可能。

 完全に0:100になるとは思えないが、シンプルな機構でかなり後輪にトルクをかけていることは事実。一方、A45はブレーキ制御のトルクベクタリングだ。これらを考慮して最後はコスパ。GRヤリスでしょ!

(TEXT/松田秀士)

●いいクルマ指数
・GRヤリス…9
・AMG A45…8

■ヤリス VS プジョー208

ヤリス…全長3940×全幅1695×全高1500mm、車重1060kg。直3、1.5Lハイブリッド(91ps+モーター80ps)、WLTCモード燃費35.8km/L、213万円(ハイブリッドG)
プジョー208…全長4095×全幅1745×全高1465mm、車重1160kg。直3、1.2Lターボ(100ps/20.9kgm)、WLTCモード燃費17.9km/L、249万9000円(スタイル)

 驚異的燃費のヤリスハイブリッド。とにかくコンパクト。ほとんど前席のこと以外考えてない。でも統計をとると7割以上ひとりで移動していることが判明。つまり、かなりの人がヤリスや208のサイズで充分と考えている。

 では、どちらが無駄省きのチャンピオンなのか? エンジンはヤリスが1.5L直3ハイブリッドで、208は1.2L直3ターボの8速ATだ。

 市街地などの実用域では電気モーターのアシスト鋭くヤリスの加速性能はかなり気持ちいい。208もいいけどキビキビ感はヤリス! しかも燃費がよくレギュラーガソリン。

 ただし、内外のデザインは208が圧倒! 特にコックピットのあの独特な世界観がたまらない。超ソフトなサスが病みつきになり、コスパなんかどうでもよくなる!

(TEXT/松田秀士)

●いいクルマ指数
・ヤリス…7
・プジョー208…8

次ページは : ■カローラスポーツ VS BMW1シリーズ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ