かつて一世を風靡した国産一大勢力 4ドアクーペの魅力と傑作選


4ドアクーペは「新しい選択肢」

 近年の欧州車勢における、4ドアのクーペの流れは、2005年に登場したメルセデス・ベンツCLSが、4ドアクーペの始まりだったように思う。

 流麗なクーペルックのボディを持ちながらも、後部座席用のドアがあり、乗り降りや荷物の積み替えを楽に行える「4ドアクーペ」は、オーソドックスな「2ドアクーペ」でもなく、古臭い「4ドアセダン」でもない、新しい選択肢として受け入れられるようになってきた。

メルセデス・ベンツCLSクラス(2005~2011年) 4ドアクーペの走りとして登場したモデル

 それでは、現在国内で販売されている、最新の4ドアクーペをいくつかご紹介しよう

●メルセデス・ベンツAMG 35 4MATIC Sedan
 2020年2月に追加された、4ドアクーペのメルセデスAMG 35 4MATIC。低くなだらかなルーフラインと、狭いサイドウィンドウが特徴的だ。ベースとなった車体はAクラスセダンであるため、ボディサイズも大きすぎず小さすぎず、ここ日本の道にもちょうどよい。

価格は4ドアクーペが 685万円、シューティングブレークが695万円

 ツインスクロールターボチャージャーを採用した2.0リッター直列4気筒直噴ターボ(最高出力306ps)と7速DCT、4輪駆動を装備したAMGの快速4ドアクーペだが、車両価格もそれほど高くはない。日本でも人気があるモデルだ。

●BMW2シリーズグランクーペ
 メルセデスのAクラスセダンを意識した、BMWのコンパクト4ドアクーペが、このBMW2シリーズグランクーペだ。4535×1800×1430(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2670mmのボディサイズは、コンパクトで使い勝手がよい。

BMW 2シリーズ グラン クーペの価格は税込369万円(218i)~486万円(218d Mスポーツ)、トップグレードのM235i xDrive グランクーペは673万円

 低いルーフとなだらかに下がったリアガラスは、美しいリアデザインをしているが、やはり後席のヘッドクリアランスは狭く、圧迫感があるのは仕方がないところかもしれない。

●アウディA5スポーツバック
 最近のアウディは、この手のデザインが非常にうまい。なかでも、A5スポーツバックは、アウディ製4ドアクーペの代表例ともいえる仕上がりだ。4755×1845×1390(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2825mmのボディサイズは、全長がやや長いおかげもあり、流麗で見事なスタイリングに仕上がっている。

A5スポーツバック35 TDI advancedは616万円、A5スポーツバック45 TFSI quattro S lineが707万円

 2.0リッターTFSIエンジンと、2種類の2.0リッターTDIエンジンをラインアップ。ドライバビリティの高さも、A5スポーツバックの魅力だ。

クーペSUVは「デザインと使い勝手の両立解!?」

 4ドアクーペだけではなく、「2ドアクーペ」も、そのルックスの良さに惹かれる根強いファンや、走りを追求するユーザーからは支持され続けており、メルセデス・ベンツは、Cクラスクーペ、Eクラスクーペ、そしてSクラスクーペなど、「ラグジュアリー2ドアクーペ」をいまでもラインアップしている。

メルセデス・ベンツは、Cクラスクーペ、Eクラスクーペ、そしてSクラスクーペなど、「ラグジュアリー2ドアクーペ」を今でも出している

 しかし最近の主流はやはり、車高の高い「クーペSUV」ジャンルだ。メルセデス・ベンツGLCクーペ、GLEクーペ、BMW X4、X6、アウディQ3スポーツバック、Q5スポーツバック、Q8、EVコンセプトカーのQ4スポーツバックなど、怒涛の勢いで増殖している。

 なかでもアウディは、SUVにも「スポーツバック」シリーズとして、クーペ軍団を構築しようと狙っているようだ。国産だと、トヨタハリアーがクーペSUVの最先端だろう。

2020年6月11日にフルモデルチェンジを行ったメルセデス・ベンツGLEクーペ 価格は1186万~1421万円 GLEをベースとするクーペスタイルのSUVだ
2020年7月に登場したアウディQ3スポーツバック Q3をベースとしたクーペSUVのボディを持つ

 4ドアクーペは、スタイリッシュでカッコよいのだが、ボディサイズが大きなクルマであることが多い。そのため、日本では使い勝手がいいとはいえず、これが現在国産車に4ドアクーペがない理由であろう。

 2ドアクーペではどうか、というと、乗ったことのある方ならわかると思うが、ドアが大きいことから、狭い駐車場だと、ドアを開いて降りるのに一苦労する。座席を倒さないと荷物も取れないため、後席は荷物おきにもならない。

 その点SUVであれば、短い全長でも、キャビンは大きいので、ルーフをなだらかに下げたとしても、室内スペースが犠牲にならず、クーペルックのデザインを採用しやすい。

 そう考えると、クーペSUVは「SUVなのにクーペルックにした」というよりも、「SUVであれば使い勝手を犠牲にせずにクーペルックなクルマをつくることができた」ということなのであろう。

【画像ギャラリー】「カッコいい!!!」というよりも、もはや「美しい…」 欧州4ドアクーペをギャラリーでチェック!!