ああーっ! カッコよすぎる!! 北米の雄 シボレー新型コルベットが熱くて色っぽい!!


 カマロとともに、アメリカンスポーツカーを代表する存在である「コルベット」。GM(ゼネラルモーターズ)傘下にあるシボレーが1954年から販売しているクルマで、70年以上にわたって、米国のみならず世界中のファンから愛されているハイパフォーマンススポーツカーだ。

 現在の米国大統領であるジョー・バイデン氏も熱烈なコルベットファンだという。

 コルベットの現行型は、2019年7月に世界初登場した、C8と呼ばれる8代目。日本には「東京オートサロン2020」で初登場、なんと、初の右ハンドル仕様で登場し、ファンをざわつかせた。このC8は、予定では「2021年5月より日本でのデリバリーを開始」とのことだったので、(コロナ禍による影響で延期がなければ)そろそろ日本の道でもこのC8がお目見えするころだ。

文:吉川賢一
写真:CHEVROLET

【画像ギャラリー】通算8世代目にして大変革を果たしたシボレー コルベットをみる


コルベットに革命をおこしたC8

 2020年の北米カー・オブ・ザ・イヤーにも選出されているコルベットC8。美しいスポーツカースタイルのコルベットC8のコンセプトは、「毎日走らせたくなるクルマ」だ。とてもデイリーユースなクルマではないようにも思えるのだが、毎日乗っても飽きないほど、奥深い魅力がある、ということなのだろう。

8代目にあたるコルベットC8のサイズは、4630×1940×1220(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2720mm。2ドアの古典的なスポーツカールックスを持つ

 コルベットは、先代のC7まで、フロントエンジン後輪駆動にこだわってきたが、今回のC8では、他のスーパースポーツと同様に、ミッドシップとなった。

 これによって、これまでフロントヘビーだった重量配分が、リア寄りとなったことで、フロントの重量軽減による鋭い回頭性と、リアトラクション向上を実現。更には、フロントカウルやエンジンフード、ステアリングなどをより低い位置にレイアウトできたことで、広い前方視野が確保できたという。

フロントカウルやエンジンフード、ステアリングなどをより低い位置にレイアウトできたことで、広い前方視野が確保できた
ドアハンドル、リアハッチ、フードリリースをボディに一体化している。シンプルなエクステリアで、凹凸を無くしたことで、空力抵抗を低減した

本拠地米国での価格が衝撃的

 その革命的なミッドシップレイアウトで搭載されるのが、「LT2」と呼ばれる、新開発の直噴6.2リッターV型8気筒のOHVエンジンだ(気筒休止システム付)。最高出力495ps、最大トルク637Nmを発揮するパフォーマンスを誇る。

 このエンジンに、パドルシフト付きの8速DCTを組み合わせることで、ベースモデルの加速は、0-100km/hを3.0秒、0-400mを11.2秒、「Z51パフォーマンスパッケージ」では、0-100km/hを2.9秒という速さで駆け抜けるという(日本仕様はすべてZ51パフォーマンスパッケージ装着車)。

 現時点、コルベットC8(Z51パフォーマンスパッケージ)のニュルブルクリンクタイムは、7分28秒とのこと。今後登場するはずのC8ベースのスーパースポーツモデルは、これを越える圧巻のパフォーマンスを見せてくれるだろう。

現時点、コルベットC8(Z51パフォーマンスパッケージ)のニュルブルクリンクタイムは7分28秒

 なお、日本仕様のコルベットC8の車両本体価格は、ベースグレードの「2LT」が税込1180万円、上級装備満載の「3LT」が税込1400万円、約16秒でフルオープンにできるというコンバーチブルのカブリオレは税込1550万円だ。

 庶民が簡単に手を出せる値段ではないが、同じくスーパースポーツとして崇められるフェラーリやランボルギーニと比べると、お求めやすいともいえる。

 だが米国ではなんと6万995ドル、日本円換算で約664万円からという衝撃的な価格で販売されているのだ(エントリーグレードの1LTの場合。2LTは6万8295ドル、3LTは7万2945ドル)。贅沢装備は全て剥ぎ取られてはいるが、6.2リッターの495psエンジンはそのままなのだから凄い。この価格で買える米国の方がうらやましい。

運転席の直後に搭載されるのが、「LT2」と呼ぶ、新開発の直噴6.2リッターV型8気筒のOHVエンジン(気筒休止システム付)。最高出力495ps、最大トルク637Nmを発揮する
コルベット史上、初めての右ハンドル車が登場した。日本向けに作ったのか、と思いたいところだが、本命の市場は、富豪が多いインドのドバイや、イギリスのようだ
約2.8秒で40ミリも車高が上昇するリフトアップ機構を搭載(40km/hまで稼働可)するなど、日常での使い勝手も考慮している

次ページは : これが最終形態かも

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ