シボレー新型コルベットC8登場! カッコよすぎる北米の雄に新開発エンジン搭載!!


これが最終形態かも

 世界的に気候変動(温暖化)に対する危機意識が高まる中、当然のことながら、大排気量エンジンが大好きな米国でも、CAFE規制に従わなければならず、米国のバイデン大統領はコルベットファンとしては身を切る思いかもしれないが、規制強化(2025年までに1ガロン当たり54.5マイル≒22.98km/L)を表明している(トランプ前大統領が緩和した規制を元に戻した形)。

 このC8型がシボレーコルベットとしての最終形態になるのか、あるいはハイパーハイブリッドカーやスーパーEVとして登場するのかはわからないが、大排気量エンジンのシボレーコルベットに残された時間はあまりないことは確かだ。

 「迷う理由が値段なら買え」という言葉もある。どうしても乗りたいのなら、頑張って手に入れてみるのもいいかも知れない。

【画像ギャラリー】通算8世代目にして大変革を果たしたシボレー コルベットをみる