最悪エンジンが壊れる場合も!? 超重要部品「タイミングベルト」 本当の寿命と復活の訳

最悪エンジンが壊れる場合も!? 超重要部品「タイミングベルト」 本当の寿命と復活の訳

 中古車情報などを見ていると「タイミングベルト交換済み」という表示が行われていることがあります。タイミングベルトは国産車の場合おおよそ走行10万km、輸入車は5万kmや車種によっては3万kmで交換することが推奨されている部品です。

 交換にはそれなりのコストが掛かるため、走行距離が多い中古車の購入時には交換されているか否か? は重要なポイントとなります。

文/諸星陽一
写真/Adobe Stock、編集部
トップ画像/ARTPROXIMO.Stock.Adobe.com

【画像ギャラリー】湿式タイミングベルトが使われているプジョー208 厳選写真をみる


切れたら最後! そもそもタイミングベルトとは?

近年はチェーンへの置き換えが進んでいたタイミングベルト。車種・メーカーによってその交換時期は異なり、切れるとエンジンまで壊れるリスクがあるだけに要注意だ(写真:Kanemme6-Stock.Adobe.com)
近年はチェーンへの置き換えが進んでいたタイミングベルト。車種・メーカーによってその交換時期は異なり、切れるとエンジンまで壊れるリスクがあるだけに要注意だ(写真:Kanemme6-Stock.Adobe.com)

 そもそもタイミングベルトとは何でしょう?

 タイミングベルトは、OHCとDOHC、カムシャフトがヘッド上にあるタイプのレシプロエンジンで、クランクシャフトの回転を吸排気カムシャフトに伝えるための部品です。

 昔はチェーンを使って回転を伝えていましたが、1970年前後からコグドベルトと呼ばれる歯付きベルト(ベルトに凸部分があり、チェーンやギヤのように使える)が多くのエンジンに採用されるようになりました。

 チェーンに代わってコグドベルトが使われるようになったのは、コストが安い、騒音を減らせる、潤滑の必要がないなどの利点があるからでした。

 しかしチェーンのように半永久的(といってもチェーンも伸びますので40万km、50万kmとなると寿命になっていることはあります)には使えず、長くても10万km程度で交換しなくてはならないことが大きなデメリットでした。

 エンジンが回っている状態でタイミングベルトが切れると、正しい順序で動いていたピストンとバルブの動きがメチャクチャになり、ピストンとバルブが接触してエンジンが破損します。

 年々クルマの寿命が長くなり、中古車として下取りに出される前にタイミングベルトの寿命が来て、新車で購入したオーナーがタイミングベルトを交換しなければならないようなことも起きてきました。そうなると新車としての魅力がダウンします。

 いっぽう、タイミングチェーンも進化し静粛性を高めたサイレントチェーンと呼ばれるものが登場。タイミングベルト方式からチェーン方式への移行が進みました。

次ページは : なぜタイミングベルトに再脚光?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!