「宇部興産ダブルストレーラー」トミカのこだわりが凄い!箱から飛び出すビッグサイズがなぜ実現できた?


 トミカの世界は、乗用車に限らずバスやトラック、建機などがラインナップされている。今回は豪華な大型トラックのトミカをご紹介したい。

 2020年9月に「トミカ(ロングタイプ)」として発売された宇部興産ダブルストレーラーは、トミカ箱の2倍のサイズがあるトミカ(ロングタイプ)の枠をさらに超えるビッグサイズのミニカーだ。タカラトミーと宇部興産にそれぞれ、数々の「規格外」を実現した「こだわり」について聞いてみた。

文/加藤久美子、写真/加藤博人、タカラトミー

【画像ギャラリー】宇部興産ダブルストレーラーがトミカとなって登場!! 興産道路で活躍する実車写真を見る


■32kmの私道を走るダブルストレーラーが規格外のトミカに?

箱からはみ出す規格外のサイズにびっくり! どうやって収まっているのか?

 2020年9月に発売された「トミカNo.129 宇部興産ダブルストレーラー」(ダブルス・トレーラー)は、山口県内の宇部興産専用道路を走る巨大なトレーラーをトミカ化したものである。この専用道路は、日本最長の私道としても知られておりその長さは31.94kmに及ぶ。

 1968年から14年の月日をかけて建設された私道で、山口県内陸部の美祢市にある伊佐セメント工場と、同県の瀬戸内海沿岸にある宇部市の宇部セメント工場を結んでセメントの材料などを運んでいる。

 日本において公道を走行できる最大の車両重量は一般道路で27トン(最遠軸距10.0m以上)、高速道路で36トン(同15.5m以上)と定められている。当然ながら総重量120トンを超えるダブルストレーラーは公道を走ることはできない。宇部興産専用道路だけで走行が許されているトレーラーなのだ。

 32kmという私道も、そして総重量120トンという巨大なダブルストレーラーいずれもけた違いのスケールだが、実はこのトレーラー。トミカにおいても規格外だったのである。タカラトミー広報部と宇部興産広報部それぞれにこだわりを聞いてみた。

――UBEダブルストレーラーのトミカが誕生した背景から教えてください。

「元々お子さま向けの自動車図鑑などにも載っている印象のある車だったことから、商品化の候補としては挙がっておりましたが、並行して、宇部興産様から商品化のご要望を頂いていたこともあり、そのご連絡が弊社の商品化計画の後押しとなりました。

 途中、ノベルティのような販路を限定した展開のお話もございましたが、最終的には、全国のおもちゃ屋さんで販売する通常商品のトミカとしての発売となったのです。

 ダブルストレーラーのトミカは私たちタカラトミーと宇部興産様が一緒に作り上げた商品です。宇部興産様のご担当者にも商品化に寄せる思いをお聞きになってください。かなりの熱量を感じましたよ!」(UBEのアツい想いは後述します!)

――こだわりの点もたくさんありそうですね!

 

「はい。まずはそのサイズです。トミカのパッケージサイズは通常横幅が78mmなのですが、ロングタイプはその倍の156mmになっています。しかし、「規格外の巨大なトレーラー」という魅力をさらに引き出すべく、156mmのパッケージに収まらないぐらい大きくできないか?という部分をこだわりました。

 そして考えられたのがパッケージへのおさめ方です。箱から出していただくとその工夫がお分かりいただけると思います」

 ということで筆者も実際に購入して箱を開けてみてびっくり!なるほど、確かにこれはスゴい。全体が3分割(トレーラーヘッド・トレーラー×2)されており、台型のトレーラーが上下互い違いにパズルのように収まっていてスペースが有効活用されている。

 袋から出して組み立ててみると……おお!! これは確かに大きい。全長はトミカの箱からはみ出している!

箱にはこのように収まっている。台型のトレーラーを互い違いに納めることでスペースを有効活用?

■UBEブルーの再現にもこだわりが!

「街でよく見かける」というトミカ化に重要な要素から、いすゞ製の車両をモデルアップ。車体色であるUBEブルーの再現についても宇部興産よりカラーチップを取り寄せて制作するこだわりぶり

――箱からはみ出る規格外のサイズにも驚きですが、他にこだわりはありますか?

 「本商品ではUBEブルーの再現についてもこだわりました。宇部興産様によると『UBEブルー』は事業所ごとに少しずつ色が違うとのお話を頂きました。今回トミカで再現したUBEブルーは、宇部興産様よりカラーチップを取り寄せ制作しております。

 また、トラックなどのトミカの構成では、通常シャシーに亜鉛合金を使用し、その上にくる部分(例えばコンテナ等)には別の材質を使用する事が多いのですが、本商品においてはキャビン部分の色とトレーラー部分の色を繋げた時に違和感がないよう、コンテナ部分も同じく亜鉛合金を使用しています。

 逆にシャシーを別の素材にしており、(通常の構成とは逆の作り)UBEブルーを再現しました。結果として、今までにない重量感が出たこともあり、手に取った時に「トミカ」らしい重量感を感じられる商品となりました」

 サイズも凄いが、UBEブルーの再現やトミカ本体の素材に関しても深いこだわりがあったのだ。

 ところで、興産道路を走るダブルストレーラーには以下の4種類ある。

●ケンワース T609型・T610型 600馬力 排気量15L 18速マニュアルトランスミッション

●いすゞ GIGA EXZ52CK-XRR-M改 520馬力 排気量15.7L 16段マニュアルトランスミッション

●スカニア R580・R650 LA6X4HSZ 580馬力・650馬力(V型8気筒 16L ポスト新長期対応エンジン搭載、フロント・リアリーフサスペンション、2ペダル スカニアオプティクルーズ*12段OD自動変速機能付トランスミッション、スカニア流体式リターダ、第5輪荷重 25,000kg)をベースにホイールベースを3300mmまで延長した宇部興産向けの専用仕様

●ボルボ FH64 520馬力 排気量12.8L 12段オートマチックトランスミッション

※上記4車種以外にかつては三菱ふそう:FV50L型が存在していたが約15年前に三菱ふそう社からの新車が供給停止している(メーカー撤退による)。

 この中で、トミカとして採用されたのはいすゞGIGAである。これにはどのような理由があるのか聞いてみたところ、

 「子どもたちにより親しみを感じていただくため、街でよく見かける車両をセレクトしました」(タカラトミー広報担当者)

 とのことだった。確かに「街でよく見かける車両」であることは、トミカ化されるうえで重要な要素のひとつである。

 いすゞGIGAが選ばれたのは実にトミカらしい理由だった。

次ページは : ■宇部興産に聞いてみたアツい想いとは!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ