ドライバー不足解消に期待のエース! でっかく運ぶ新型ダンプトレーラ続々登場!


 工事現場で使う土・砂利・砕石の運搬を行なう「ダンプトラック」は単車が主流。なかでもGVW20t級・ホイールベース4.5m級の6×4シャシーをベースとする通称「10tダンプ」の台数が圧倒的に多く、一般道でも見かける機会が多い。

 いっぽう、高速道路に目を向けると、最近はトラクタに引っ張られるタイプの「ダンプトレーラ」も増えてきた。

 ダンプトレーラはGVW36t級の3軸車の場合、10tダンプ3台分に迫る最大積載量28000kg前後を確保可能。ドライバー1名で2~3名分の積み荷が運べることから、ダンプ業界のドライバー不足解消に期待が寄せられている。

 そんなダンプトレーラのニューモデルが、昨年、大手メーカー3社から相次いで発売された。いずれもGVW36t級の3軸ダンプトレーラだが、各社とも異なるアプローチで高スペックを実現している点は興味深い。ここではそんな各社の新型ダンプトレーラの特徴を紹介しよう。

文・写真/フルロード編集部
※2020年9月発売トラックマガジン「フルロード」第38号より

【画像ギャラリー】通常の三倍だと!? 10tダンプ3台分に迫る最大積載量の新型ダンプトレーラーを見る


■積載量アップと強度・耐久性を両立! 国産初のGVW36t級アルミダンプトレーラ 小平産業のフラッツモール型アルミダンプトレーラ「KDAR315CAG」

小平産業が発売したフラッツモール型ダンプトレーラ「KDAR315CAG(GVW36t/最大積載量28000kg)」。GVW36tでアルミボディのダンプトレーラは国産初だ。ちなみにフラッツモールはエアサス仕様のことで、社名のフラット(平)とスモール(小)をもじった造語

 小平産業は昨年1月、フラッツモール型アルミダンプトレーラの新機種「KDAR315CAG(GVW36t/最大積載量28000kg)」を発売した。

 新機種はユーザーからの「スチールボディと同等の強度・耐久性を保持しながら、スチールボディより積載量を取りたい」という要望に応えるため開発された3軸ダンプトレーラ。GVW36tのアルミダンプトレーラは国産初という。

 最大の特徴であるアルミボディは、側面に縦・横のスチフナ(補強柱)を入れて強度・耐久性をアップ。さらにアルミの化粧板を被せた二重構造とし、長く使っても美しい外観を保てるよう工夫しているのが特徴。

 板厚はフロア/リアが6mm、フロント/サイドが4mmで、フロアには積み荷によるボディの摩耗を軽減する耐摩耗ゴムを装着。それでもスチールボディに比べ約1200kgの軽量化を果たし、最大積載量28000kgを実現している。

 ダンプ装置はホイスト式を採用。シリンダーは高積載ロングボディトレーラ向けの「MH19TL」を搭載。足回りは軽量なヘンドリクソン社製のROC(横転抑止装置)付EBS(電子制御式ブレーキ)車軸(エアサス・リフトアクスル・ワイドシングル)を採用。1軸あたり150kgの軽量化を実現する。

 フェンダー、サイドバンパー、テールランプ、手洗水タンクなどは欧州パーツの販売・取り付けで知られるセノプロ・トラックスとコラボレーション。トラクタとともにカスタムされた外装デザインにも注目だ。

■「オール新明和」製で市場ニーズにマッチする走行性能と積載量を実現! 新明和工業のGVW36t級ダンプトレーラ「TSD280-1T」

新明和工業が発売したGVW36t級ダンプトレーラ「TSD280-1T(GVW36t/最大積載量 約28500kg)」。テレスコ式ダンプ装置とハーフパイプ形状ボディを専用フレームに組み合わせ、市場が求める走行性能と積載量を高次元でバランスさせた

 新明和工業は昨年4月、GVW36t級ダンプトレーラの新モデル「TSD280-1T(GVW36t/最大積載量 約28500kg)」を発売した。

 新モデルは「2017NEW環境展」に参考出品した「テレスコ式ダンプトレーラ」をブラッシュアップしたもの。テレスコピックシリンダー、ハーフパイプ形状ボディを専用設計のトレーラシャシーに組み合わせ、走行性能と積載量を両立したのがポイントだ。

 参考出品のテレスコ式ダンプトレーラは最大積載量28t弱だったが、ユーザーから「もっと積載量がほしい」「エアサス・リフトアクスルを付けてほしい」という要望が寄せられていた。そこで今回は「さらなる軽量化」「エアサス・リフトアクスルの採用」を重点テーマに開発したという。

テレスコピックシリンダーはボディの先端を押す構造のため底面の補強が不要で軽量化に寄与。低床化による走行性能アップも同時にもたらす

 テレスコピックシリンダーはグループ会社のタイ新明和製。他社製シリンダーを品質面で上回ることを目指し、独自のカスタムを施した日本専用品で、オイル漏れを防ぐため全段クロムメッキ処理を施して耐久性を高めている。

 ハーフパイプ形状ボディは自社製で、耐摩耗鋼板「HARDOX」を採用。フロア~サイドにかけて折曲を入れて剛性アップを図るいっぽう、補強フレームやクロスメンバーを廃して軽量化と低床化を実現。排出時の安全性向上も同時に図った。

 トレーラシャシーはグループ会社の東邦車両と共同開発したもの。ごつい平床トレーラ用をベースに、フレームの板厚と断面高を最適化して軽量化したもので、低床化により走行安定性も向上しているという。

 足回りは軽量化を優先してSAFホランド社製のエアサス・リフトアクスル・ワイドシングル車軸を採用するが、自動シート用モーターは自社開発品を採用。グループ企業の連携を活かして「オール新明和」で開発した新モデルは市場の注目を集めそうだ。

次ページは : ■独自の曲げ構造ボディを新開発フレームに搭載し積載量アップと走行安定性を両立! 極東開発工業の新型「土砂ダンプトレーラ(リンク式・GVW36t)KD30-69A」

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ