トラックの祭典「ジャパントラックショー2022」来年5月12日から3日間開催へ!


 「東京モーターショー2021」の開催中止が伝えられる中、日本最大のトラックショーである「ジャパントラックショー」が来年5月に開催されることが決定した。

 「ジャパントラックショー」は、日本のトラックメーカーである大型4社に加え、海外のトラックメーカー、架装メーカー、部品・用品メーカーなどが多数出展する、文字どおりトラックの祭典だ。

 業界関係者ばかりでなく、親子連れの来場なども広く募り、一般の人たちにもトラックに対する理解を深めてもらうことも狙っている。

 そんな「ジャパントラックショー」が2022年5月12日から3日間、「パシフィコ横浜」での開催が決定。アフターコロナ時代の社会や経済のけん引役としてのトラックの訴求に向けて早くも動き出した。早速「ジャパントラックショー2022」の概要をお伝えしよう。

文・写真/フルロード編集部
(2021年3月発売 トラックマガジン「フルロード」第40号より)

【画像ギャラリー】国内外のメーカーが多数出展!! 2022年5月「ジャパントラックショー2022」開催決定!!


■来年5月に「パシフィコ横浜」で開催

前回のジャパントラックショー2018は5万1744名の来場者を記録。多くの人で賑わいを見せた(以下、掲載の写真はすべて前回のショーの模様)

 ジャパントラックショーは、トラック・輸送関連のハード・ソフトが一堂に会する日本最大の展示会で、2016年の第1回を皮切りに2018年に第2回を開催。隔年開催で順調にスタートを切り、出展者数・来場者数も予想を上回るペースで増えていたが、2020年はコロナ禍で開催直前に中止に……。

 今後の開催がどうなるか心配する向きもあったが、2022年5月12日(木)~14日(土)までの3日間、これまでと同様に「パシフィコ横浜」で開催されることが決定した。

海外のトラックメーカーからの出展も注目を集めた

 「ジャパントラックショー2022」のテーマは「物流、新時代へ」。このテーマは、自動運転・IoTなどのハード・ソフト面の技術革新、アフターコロナやSDGsなどへの対応でますます変化を求められる物流企業に、新しい時代を生き抜くため、ショーで有益な情報や技術を収集してもらうことを意図したものだという。

滅多に見ることのできない「大物」の架装も多数登場

 会場は「パシフィコ横浜」の展示ホール全館と屋外ピロティ、コンコースなどで、展示規模は150社・550小間の予定。来場者数は前回(2018年)を上回る6万人を見込んでいる。

■物流企業に応援団になってもらうユニークな取り組みも

商品を前に出展者と来場者がインタラクティブにやり取りできるのもショーの魅力のひとつ

 新型トラックや新製品を前に、出展者と来場者がインタラクティブなコミュニケーションを取れるのがジャパントラックショーの大きな魅力で、最新の製品や技術を「生きた情報」として収集でき、質の高い商談が交わせるのも大きなポイントだろう。

 また会期中、「主催者特別講演」として各種講演やパネルディスカッションなど豊富なプログラムを実施。トラックドライバーだけでなく、物流・輸送企業の経営者・役職者が知っておきたいテーマや業界の最先端情報、今後の展望など幅広い内容で、多彩な講師陣による講演などを展開する。

 さらに出展者が主催するワークショップも実施。専用スペースで商品のプレゼンテーションや業界の最新情報などを詳しく説明する。

会場では「主催者特別企画」として各種講演やパネルディスカッションが行なわれた

 特に今回は、物流企業同士のネットワークの強化を目的に、物流企業有志によるジャパントラックショー・サポーターズ(現在279社・トラックの保有台数換算約9万5000台)の数をさらに増やし、ジャパントラックショーの応援団として来場を募るほか、会期中に物流企業同士のビジネスマッチングイベントも企画中だという。

次ページは : ■親子連れでトラックに親しむパブリックデイも

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ