日本で人気急上昇!? 四角い箱型の車5選

日本で人気急上昇!? 四角い箱型の車5選

 コロッとした丸みのある形がよいか、シュッとした流線形がよいか、シャープで四角い形がよいか。その時代の流行や好み、使い方によって、「かっこいい!!」 「欲しい!!」 と思うクルマの形はさまざま。

 昨今でいえば、トヨタハリアーのように、流麗なスタイルのクルマも人気がありますが、街中では、ボディが四角い、箱型のクルマをよく見かけます。

 ミニバンから軽自動車、SUVまで、箱型のクルマもいろいろありますが、いま日本市場で特に人気があるクルマを5車種ご紹介しつつ、箱型ボディ車の人気の理由に迫ります。

文:吉川賢一
写真:HONDA、TOYOTA、NISSAN、DAIHATSU、Mercedes-Benz、LAND ROVER、FCA、MITSUBISHI、SUZUKI、Renault

【画像ギャラリー】ほかにもたくさん!! 国内外の四角いクルマたち


ホンダ N-BOX

 月間平均1万5000台も売れている軽スーパーハイトワゴン、ホンダ「N-BOX」。軽販売台数6年連続ナンバー1を記録しており、2021年も達成が濃厚です。ライバルのタントやスペーシア、ルークスに対して圧倒的な強さを誇っており、ホンダNシリーズ4兄弟の中でもダントツで売れています。

 全長3.4m以下、車幅1.48m以下、全高2.0m以下の軽規格の中で、最大限の室内スペースを確保するため、ボディの6面がフラットな面で構成されており、ボディはほぼ真四角。ホンダの得意とするセンタータンクレイアウトによって、後席は軽自動車とは思えないほどに広くなっています。また、後席を折りたたんだときのフラットな荷室空間も、N-BOXのウリです。

N-BOXとN-BOXカスタム。N-BOXシリーズは軽販売台数6年連続ナンバー1を記録しており、2021年も達成が濃厚だ。2021年1月~8月の登録台数は127,543台
燃料タンクを前席シート下へ配置するセンタータンクレイアウトとしたことで、圧倒的に広い後席空間が得られた

トヨタ ルーミー

 いま絶好調のコンパクトミニバン、トヨタ「ルーミー」。bBの後継モデルとして2016年11月に登場したルーミーですが、2020年9月のマイナーチェンジで兄弟車タンクが廃止(ルーミーのグレードのひとつになった)されたことにより、販売台数が増加。

 2021年は、8月までの車種別販売台数ランキングで、ヤリス(ヤリス、ヤリスクロス、GRヤリス)に続いて、第2位(92,299台)を邁進中です。

 ボディサイズは3700×1670×1735(全長×全幅×全高)mmとコンパクトながら、広い室内と運転のしやすさ、そして隅々まで使える圧巻の室内空間の広さで、ファミリー層に大ヒット。過不足のない荷室スペースや、地上527mmという荷室フロア高の低さなど、子育て中のファミリーが利用するクルマとして考え抜かれています。
 

2020年9月に行ったマイナーチェンジで、フロントデザインが変更されているルーミー。他にも、9インチディスプレイオーディオがオプション設定になるなど、細かな改良が施されている
地上527mmという荷室フロア高は、買い物した荷物やベビーカーなどを乗せたり降ろしたりする際に、とても楽

次ページは : トヨタ アルファード