RX-7をHVで!! 現代技術で復活させてほしいクルマ 5選

RX-7をHVで、パジェロエボをPHEVで!! 現代技術で復活させてほしいクルマ 5選

 時代の流れとともに、姿を消していったクルマはたくさんある。「名車」といわれたクルマでも、排ガス規制をクリアできずに販売終了に追い込まれたケースは多い。また、なかには、その時代としてはデザインが奇抜すぎて受け入れられず、消滅していったクルマも。

 こうしてこれまでに消滅していったクルマの中には、いまオークションなどで高額取引されているクルマもあり、「現代に復活してくれたら」と考えている方もいるのではないだろうか。今回は筆者が考える、「デザインはそのままに、中身を最新技術にして復活してほしいクルマ」を5つご紹介していこう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI、SUBARU

【画像ギャラリー】あの頃は熱かった!! 90年代の傑作スポーツカーをギャラリーで振り返る!!


ハイブリッド車となった、トヨタ「A80スープラ」

 平成12年度自動車排ガス規制に対応できず、販売終了となったA80型スープラ。1993年にA70型からフルモデルチェンジとなって登場したA80型は、グラマラスなボディスタイルや巨大なリアウィングなど、国産車離れしたデザインで一躍人気となった。

 アメリカでは、映画「ワイルドスピード」の主人公が、映画内で乗り回した(廃車寸前のA90を拾ってきてフルカスタマイズして復活させた)おかげで、カルト的な人気がある。

 エンジンは、ベースグレード用の直6 NA(2JZ-GE)と、最上級モデル用の直6ツインターボエンジン(2JZ-GTE)の2基、トランスミッションは1994年までの前期型が5速MT、後期型が6速MT、もしくは4ATであった。

 このデザインのまま、レクサスIS300hに搭載されている2.5L直4ガソリン+ハイブリッドシステム(エンジン178ps/221Nm、モーター143ps/300Nm)を搭載できたらどうだろうか。

 IS300h といえば、WLTCモードで18.0km/Lという驚異的な燃費性能を誇る。ハイパワーでグイグイ走るのはもちろん楽しいが、涼しい顔でハイウェイを流すハイブリッドツーリングクーペ的な復活が、このモデルには似合う気がする。

1993年に登場したA80スープラ。流麗なカーブをもったグラマラスなボディスライルに合うよう、大きな弧を描いた大型スポイラーがオプションで用意されていた

★ベストカーWeb厳選 80スープラ中古車がお買い得

バッテリーEVとなった、ホンダ「S660」

 かつて、軽スポーツカーとして名を馳せたホンダ「ビート」の実質的な後継車として、2015年4月より発売開始となったS660。ミッドシップエンジンリアドライブ(MR)レイアウトを採用し、エンジンを車両後方に配置したことで、フロントの軽量化とボンネット高を低くでき、スポーツカーらしいノーズの低いプロポーションを得た。

 車両重量は830kg(CVTは850kg)、前軸荷重配分は45%、フロント軸重約373kgというありえないほどの超軽量なフロントセクションだ。ドライバー席も、後輪タイヤのすぐ手前に来るほど後ろ寄りで、後輪荷重の増加に寄与している。

 エンジンは、低回転域の強いトルクと高いアクセルレスポンスを狙った直列3気筒ターボエンジン(64ps/104Nm)。トランスミッションは、6速マニュアルトランスミッションと、スポーツモードを備えた7速パドルシフト付CVTを設定していた。

 このS660に、ホンダeに搭載したバッテリーEVのパワートレインをリアに搭載したらどうだろうか。

 軽量ボディにトルクの強いモーターを組み合わせ、胸のすく加速フィールを得る。現時点、それを実行した自動車メーカーはなく、もし先陣を切るメーカーがあるとしたら、ホンダしか考えられない。全車EVを公言しているホンダならば、いずれこれに近いことをやってくるにちがいない、と筆者はひそかに期待している。

貴重な2シーターミッドシップ軽スポーツS660も販売終了。エンジンを後方に積むため、トランクには小さなバッグ程度しか積めないが、割り切った設計思想はすばらしい

★ベストカーWeb厳選 S660中古車がお買い得

次ページは : バッテリーEVもしくはe-POWER車となった、日産「パオ」