平成の幕開けを飾った稀代の名車 Z32フェアレディZ

時代の節目に「Z」は現れる… 平成の幕開けを飾った稀代の名車 Z32フェアレディZ

 新型フェアレディZのスタイリングはなかなか鮮烈だった。原点回帰を思わせる情緒的なディテールとモダンの融合、そしてスポーツカーとしてのこだわり。日産がフェアレディZをいかに大切にしてきたかがひしひしと伝わってくるものだった。

 歴代Zの中でも、オジサン世代が「Zといえば」と問われて真っ先に挙げる一台は、1989年7月に発売された4代目フェアレディZ「Z32」であろう。単にスタイリング、メカニズムだけでは説明し尽くせないその魅力とは何か、紐解いていこう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日産の至宝「フェアレディZ」歴代全6モデルと新型Z、それぞれの魅力を詳しく解説!!


世界に向けたハイパフォーマンスと、バブルの華やかさをもって登場

 Z32が登場した1989年は、バブル絶頂期。そして、ユーノス(マツダ)・ロードスターやR32スカイラインGT-R、セルシオ、レガシィなど、伝説的な名車が多く誕生した、日本車の「アタリ年」でもある。

 日本車は、1970年代から1980年代にかけて、特に北米で急激に販売台数を伸ばし始める。オイルショックや環境汚染が問題視され始めたことで、燃費がよくて壊れにくい日本車が、世界的に評価され始めたことが要因だ。

 1980年には、日本の自動車生産台数が世界一に。そのため、1980年代は、世界的な市場を意識して開発されたモデルが多く、Z32のほか、前出のモデルたちの登場はその集大成といった感じであった。

1989年登場の4代目、Z32型。フェアレディZらしいスタイリングを保ちながら、キャビンフォワードで機能美とモダンさを追求。リッチでプレステージ性の高いデザインが魅力的だ

 フェアレディZは、Z32の前モデルであるZ31で、それまでの直6エンジンからV6エンジン中心に変更、これによって、「ハイパフォーマンスカー」としての存在感をより強固なものにしていた。Z32でも、それは引き継がれており、世界で通用するハイパフォーマンスに加えて、誰もが憧れるデザインと、バブル景気の勢いと華やかさを併せ持って登場した。

Z32の先代モデルとなるZ31型フェアレディZ。直6エンジンからV6エンジン中心のラインアップに変え、世界的な競争力を高めたモデルとなった

Zのアイデンティティと、モダンなスポーツカーフォルムが融合

 Z32のスタイリングをじっくり見てみよう。Z32は、先代までのロングノーズ・ショートデッキからキャビンフォワードのモダンなスポーツカーフォルムへ進化。ヘッドライトは固定式だが、ボディの一部を削り取ったかのような造形は、歴代Zのアイデンティティでもあり、ワイド&ローのスタイリングにスパイスを効かせている。

 ボディ表面には深いエッジや複雑な構成がなく、比較的プレーンな印象だが、それがむしろ空間的なゆとり、いわゆる「間」の美しさを感じさせる。全体的にはスポーティなフォルムなのに攻撃的でも前衛的でもなく、かといって鈍重で間が伸びた感じもしない。リッチでプレステージ性の高いデザインだ。

Z32のリアビュー。機能的でありながら、高級GTカーの色気を感じさせるこのリアスタイルは、新型Zのモチーフともなっている

 リアのコンビネーションランプを含めた眺めも実に魅力的だ。当時はリアコンビネーションランプを大きくし、ガーニッシュも含めて、どーんと存在感のあるデザインにするのが「高級感」という感覚が強かったのだが、Z32は薄型のランプを上下二段に配置し、ブラックのガーニッシュで一体感のある縁取りがなされている。

 表面はフラットなので、インパクトはありながらも機能的でクセのない、高級GTカーの色気を感じさせる仕上がりだ。ちなみに新型Zのリアスタイルは、このZ32のデザインをモチーフにしているそうだ。

Z32のテールと新型Zのテールの比較。新型はZ32をモチーフにデザインされている

次ページは : 究極のスーパースポーツを目指したメカニズム