近頃よく目にする「親ガチャ」。この視点で国産現行車を俯瞰してみる!

近頃よく目にする「親ガチャ」。この視点で国産現行車を俯瞰してみる!

 近ごろ「親ガチャ」というネットスラングをしばしば目にする。

 親ガチャとは要するに「どんな親のもとに生まれるかで人生はほぼ決まる」「どんな親のもとに生まれるかは運次第(おもちゃ売り場やソーシャルゲームのガチャと同じ)」というような意味で、主に若い世代が使っている言葉だ。

 親ガチャという言葉自体についてはいろいろ言いたいこともある。だがそれはとりあえず後回しにして、クルマの場合は「先代モデル」が「親」であるといちおう定義したうえで、「車界における親ガチャ」のあれこれを見てみよう。

文/伊達軍曹写真/ベストカー編集部、トヨタ、日産、ホンダ、photoAC

【画像ギャラリー】クルマ界での親ガチャ!? 親ガチャ成功、失敗、自力で出世のクルマ14車種を写真でチェック!!(21枚)画像ギャラリー

■親ガチャ成功例の筆頭、現行型ハリアー!

 子(現行モデル)から見た場合の親ガチャ成功例といえば、まずはトヨタハリアーであろうか。

親ガチャ成功例の筆頭 2020年4月に誕生した子(現行モデル)のハリアー
親ガチャ成功例の筆頭 2013年に発売の親(先代モデル)の3代目ハリアー

 2020年4月に誕生した子(現行型ハリアー)は、新世代のTNGAプラットフォーム(GA-K)とクーペ的なフォルムを採用したことで大人気となっており、今年8月の販売台数ランキングでも全体の9位につけている。

 これもひとえに子(現行型)の実力の賜物ではあるが、とはいえその成功は、ハリアー家の歴代家長が築いてきた「ブランド性」「信頼性」という無形資産に負っている部分もデカい。

 なぜならば、仮に現行型ハリアーとまったく同じデザインでまったく同じ性能のSUVが、よくわからない弱小メーカーから「ヴァリアー」とかいう車名で発売されていたとしたら、おそらくは大して売れていなかったと思われるからだ。

 決して現行型ハリアー君の実力を否定するものではないが、「太い実家がある奴はうらやましいのぉ……」とは思うのである。

■そのほか親ガチャ成功例のクルマ6台

 そのほか、これに類する「親ガチャ成功例」はおおむね下記のとおりだろうか。下表は左側が車名と2021年8月の販売台数順位で、右が「人間になぞらえた場合のイメージ」である。

●トヨタカローラ(5位) やや没落気味の名門家庭に生まれたが、子は奮起して一橋大にみごと合格。

親ガチャ成功例その1 トヨタカローラ 12代目

●トヨタアルファード(6位) 柔道の重量級有力選手を輩出してきた一家に生まれる。子はややチャラい方向に進んだが、それが逆にウケて芸能界のスターに。

親ガチャ成功例その2 トヨタアルファード 3代目

●ホンダフリード(8位) 幸せな中流家庭に生まれ、まあまあの上場企業に就職内定。

親ガチャ成功例その3 ホンダフリード 2代目

●スズキソリオ(19位) 堅実で繁盛している工務店に生まれる。店を継いだ子は、工務店業に加えてちょっとおしゃれなリノベーション業も開始し、なかなかの売上に。

親ガチャ成功例その4 スズキソリオ ワゴンRソリオから4代目

●スバルインプレッサ(23位) 親は群馬県庁を定年退官。子も群馬県庁に就職。

親ガチャ成功例その5 スバルインプレッサスポーツ GC/GF型インプレッサから5代目

●スバルレヴォーグ(25位) 親は群馬県庁を定年退官。子は東京都庁に就職。

親ガチャ成功例その6 スバルレヴォーグ 2代目

 以上が車親ガチャの主なアタリ例だが、ハズレの例、つまり「親がイマイチだったせいで子もイマイチに……」という例を探してみたのだが、現行モデルではあまり見つけることができなかった。そういった「家系」は代々続くことなく、いつの間にか消滅してしまう――ということなのだろう。

次ページは : ■日産マーチは親ガチャの失敗例?