お宝も発見! マニアックなクルマは激安か暴騰か? 変態グルマは今いくら?

お宝も発見! マニアックなクルマは激安か暴騰か? 変態グルマは今いくら?

 最近は少ないような気もするが、以前は「なんだかよくわからない新型車」が、大手自動車メーカーから時折リリースされていた。

 だが、そういった新型車はコンセプトもデザインも「なんだかよくわからない」ゆえに、もっと端的に言ってしまえば「変態的」であるがゆえに、あまり人気は出ず、割りとあっという間にカタログから消えていった。

 しかし新車のカタログから消えていった変態不人気車のうち一部は、希少な中古車として(ごく一部の)変態的ユーザーからは熱烈に支持され、その相場がそこそこ高騰したりもする。

 今回はそんな台数の少ない希少価値のある、変態グルマをとりあげ、今中古車市場でいくらで売られているのか、調べてみた。

文/伊達軍曹
写真/トヨタ 日産 ホンダ マツダ スバル スズキ いすゞ

【画像ギャラリー】いつか高騰する日を夢見て!? 希少! お宝変態グルマを写真でチェック!!


■変態グルマの勝ち組3台

東京モーターショー出展から約3年半後となる1997年3月、“VehiCROSS(ビークロス)”が発売された

いすゞビークロスの中古車情報はこちら!

 具体的には、コンディションの良い個体は230万円ぐらいで売られている いすゞ ビークロス(なんとも変態的で素晴らしいデザインのSUVだ)や、登場時は大バッシングを食らって消えていったが、現在は上モノが220万円ほどで販売されているホンダCR-Xデルソル、同じく上モノは130万円ぐらいとなるスバルR1(これもすばらしく変態的な軽自動車だった……)あたりが、変態グルマ界の勝ち組といえるだろうか。

デルソルはオープンルーフが「トランストップ」と名付けられた電動式とマニュアル式とを選ぶことができ、マニュアル式のルーフは取り外しも可能だった

ホンダCR-Xデルソルの中古車情報はこちら!

スバルR1は先にデビューしたR2がゆったりと4人が乗れるのに対し、2+2ではあるが、基本は前席2人のためという、ある意味非常に贅沢なコンセプト。乗り心地も上質でいまだにファンが多いクルマだ

スバルR1の中古車情報はこちら!

 で、ほかにもこんなクルマはあるのだろうか? それとも、やはり変態不人気車は中古車になっても不人気なまま、超激安相場を形成しているか、あるいはマニアックすぎて絶滅しているのだろうか?

 そのあたりが気になったため、1台ずつ調べてみることにした。

■「懐かしの変態レトロ顔」編/インプレッサカサブランカ

1998年12月に5000台限定で発売された、レトロ顔のインプレッサ スポーツワゴン、インプレッサカサブランカ。当時、レトロな顔つきの軽自動車が発売され、じゃ、インプレッサでもという軽いノリで作ったがまったく売れなかった……

 まずは小手調べとして「懐かしの変態レトロ顔」編である。変態レトロ顔といえば、なんといっても1998年12月に発売されたスバルインプレッサカサブランカだろう。

 当時、軽自動車で人気となっていた「レトロ顔」を、何を思ったか初代インプレッサに適用。そのレトロ顔がイケメンだったらまだ良かったが、ハッキリ言って超絶ブサイクであったため、いまいち売れずに消えていったスバルの黒歴史だ。

 そんなインプレッサカサブランカも、今となってはごく一部で静かな人気となり、もしかしたら中古車が150万円以上で販売されている……なんてことはなかった!(笑)

 2021年6月中旬現在、大手中古車情報サイトに掲載されているインプレッサ カサブランカはわずか2台で、その価格も15万円と45万円。……これはもう相場高騰どころか「絶滅への道」を歩んでいるといえるだろう。

次ページは : ■「懐かしの変態レトロ顔」編/マーチボレロ