全長なんと7m!! 世界初の新型センチュリー霊柩車を名古屋で発見


 2018年、21年ぶりにモデルチェンジされ、大きな進化を遂げたトヨタ・センチュリー。これまでも多くのVIPの移動に供されてきた同車だが、実は霊柩車としての需要も一定数あった。最後のお別れに最高峰のクルマで……。そんな思いを叶えるためだ。

 今回はなんと新型センチュリーのリムジンタイプの霊柩車を取材させていただいた。世界に2台の威風堂々の霊柩車仕様の新型センチュリー。いち早く導入したのが名古屋特殊自動車だ。

 人生の最後に乗るクルマは霊柩車になるが、特別な1台に込めた思いと技術を紹介しよう。

文、写真/青山義明

【画像ギャラリー】激写成功! 新型センチュリー霊柩車のディテールを見よ(5枚)画像ギャラリー

センチュリーベースの霊柩車を所有する会社が2台導入


3代目センチュリーのリムジンタイプの霊柩車。名古屋特殊自動車のガレージ内でも特別なオーラを放つ

 霊柩車のラインナップといえば、ジ・アメ車といえるキャデラック、そして高級輸入車の代名詞ともいえるメルセデス、さらには近年多くなってきているボルボなどの輸入車種をベースにした車両が多い。しかし、伝統的にラインナップされているのが、国産のトヨタ・クラウン、そしてトヨタ・センチュリーである。

 今回新型センチュリーのリムジンタイプを2台導入した名古屋特殊自動車は、霊柩車と搬送車を含め100台以上を所有する。先述の通り、さまざまなベース車があり、その中でも先代センチュリーベースの霊柩車は16台もの台数を抱えているが、今回、そこに新型センチュリー2台の追加を行ったというわけ。

次ページは : 驚くなかれ、全長はなんと7メートル!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ