「馬通勤」は合法か??? ポルシェがトラクター作ってた??? クルマ界の意外なトリビア

 クルマが好きな中高年の方はいろいろと雑学も豊富!! ということでベストカー編集部のベテランが厳選した、クルマ初心者も必見の「クルマトリビア(雑学)」をピックアップ。

 若い人とおじさんたちとの話のキッカケになればいいな、って感じでお届けします。

 中高年の皆さんも知らないこと多いかもしれませんよ!! だってポルシェがトラクターを作っていたって知ってました?

文/写真:ベストカー編集部
ベストカー2019年1月26日号


■クルマはどれくらいの台風で吹っ飛ぶのか?

 2018年の夏は強烈が台風が日本を襲い、特に西日本で被害を出したが、その時のニュース映像でクルマが強烈な風で吹き飛ばされている映像に驚いた人も多いことでしょう。

 果たしてどのくらいの強烈な風ならクルマが吹き飛ばされるのか?

 気象庁が発表しているデータを見てみると以下のようなことがわかった。

思いのほかすぐ倒れてしまうのがクルマ。特にずっと強風でなくても、一瞬でも強風が吹けばクルマは倒れてしまう。台風などが来る前にクルマの保護も考えよう

・軽自動車や普通自動車(コンパクトカー)が横転するのは、『39〜52m/s』

・普通自動車(ワンボックス)や大型自動車が横転するのは、『53〜66m/s』

 「いやいやそんな滅多に横転しないでしょう」と侮るなかれ。

 ハイト系のワゴンなど風の影響を受けやすいクルマは意外なほどに簡単に横転する。なので台風の時は天気予報をよく聞いて注意したいところ。

■世界初のハイブリッド機関はポルシェが開発!?

 ハイブリッドカーといえば、泣く子も黙るエコなクルマ。実はそのハイブリッドカー、最初に作ったのはトヨタではない。ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ博士だった。

 1号機となったのは1899年のローナーポルシェハイブリッド。2つの電気モーターを前輪に配置。もちろん操舵輪としての機能も持っていた。

これがローナーポルシェ。フロントハブにバッテリーを搭載しており、バッテリーだけの走行も可能だった

 それ以上に凄いのがトランスミッションやベルト類などを省略して、出力損失を大幅に削減していたという点。効率よくパワーを使う。そんなポルシェの思想はここから始まっていたのかも。

 しかもこんなハイテクなクルマを10週間で作っちゃったというんだから、天才と呼ばれる所以もありますな~。

このP312は「コーヒートレイン」という愛称でコーヒー農園で使われたポルシェのトラクター。この流線型のフォルムからしてかっこいい

 ちなみにポルシェはトラクターも作っていた。トラクターといえばランボルギーニが有名だが、ポルシェのトラクターも相当ユニーク。

 写真のトラクターのP312は「コーヒートレイン」として有名で、コーヒー農園で活躍したという。ルックスもかわいくて、なんだかポルシェっぽい?

■ボディカラーで燃費は変わる? 一番人気な色はなに?

【ボディカラーで燃費が変わる】

 JAFが2012年に行なったテストでは炎天下にクルマを止めた場合、白いクルマの室内は52℃まで上がり、黒いクルマの室内は57℃まで上がった。

 つまり黒いクルマはエアコンの負担が大きくなり、多少なりとも燃費も悪くなると言えるかもしれない。

白いクルマは清潔感などもあり人気が高い。またリセールバリューも高く、一番損をしない色といってもいいかもしれない

【白いクルマが人気のなぜ】

 クルマのボディカラーで人気なのが白。その理由は5つほどある。

・夜でもよく目立つ
・小さなキズが目立たない
・炎天下でも室内が熱くならない
・人と同じで安心
・売る時のリセールバリューが高い

 なんて理由で白が人気。ちなみにこの「白人気」は日本に限ったことではなく、ドイツの塗料メーカーBASFのレポートによるとヨーロッパでもホワイトが29%のシェアを誇り人気。

 ちなみに次点は19%で黒が人気。これは日本でも同じ傾向だ。

■会社に「馬通勤」をしても交通違反にはならない?

  人と違うクルマに乗って目立ちたい、という人なら、もはやスーパーカーよりも馬だろう。たしかにパワーは1馬力だが、人馬一体はこれ以上のものはない。

 肝心な馬や牛は道交法上は軽車両扱い。要するに自転車と同じルールが適用される。きっとドライブスルーも法的にはOKなはず(店舗への確認が必要だが)。

馬通勤は日本ではメジャーではないが、海外では「なくはない」存在だ。もちろん馬の健康管理などにもお金がかかり、その費用はスーパーカー並かも!?

 ちなみに引退した競争馬を譲り受けた場合、餌代などで年間150万円は覚悟したほうがいい。もちろん別途馬小屋なんかも必要。

 ちなみにベストカーでは自転車通勤も禁止のため、馬通勤も禁止。就業規則に「馬禁止」と書いていなくても軽車両なので同義と捉えよう。

■免許証の数字には意味がある!! 紛失回数もすぐわかる!!

 常日頃携帯している運転免許証。そこに12桁の数字が書かれているのはご存じのことでしょう。実はその数字にはいろいろ意味がある。

 その理由が下のようなもの。

・初めの2桁/初めて運転免許証の交付を受けた公安委員会のコード番号
・3〜4桁目/初めて運転免許証を取得した西暦の下2桁。1970年なら「70」と記されている
・5〜11桁目の7桁/各公安委員会の管理のための数字。整理番号的な役割を持つ
・12桁目/紛失や盗難による再発行の回数(汚損などで交換の場合は増えない)

 このなかで注意すべきは最後の紛失回数。クレジットカードなど多くの信用調査で紛失回数は見られているという。

 とはいえなにも紛失に限らず、盗難や焼失などでも再発行回数としてカウントされることもあり、すべてが「ものを失くしやすい人」という括りにはできないのもポイント。

■ETCのバーは1本6万5000円もする!! 意外なモノの価格

 交通事故で一番大切なのはもちろん命だが、次に降りかかるのはモノへの損害。自動車保険があるから大丈夫と思っていてもその請求額を見ればゾッとすること間違いなし。

 以下に代表的な「実は高いモノ」の価格を調べてみた。

・ETCゲートのバー/1本6万5000円程度
・信号機/LEDタイプで14万円前後(本体のみ)。制御装置まで壊したら200万円超
・道路標識/1本40万〜50万円
・カーブミラー/本体価格2万〜4万円。工事費込みだと20万円前後
・自動販売機/標準タイプは約80万円。大型タイプは150万円超
・電柱/NTTなどの7mタイプで1本数10万円(本体のみ)
・ガードレール/規格によっては1mあたり3万円以上

ETCバーはそこまで高い価格ではないが、ETCゲートにぶつかった場合の賠償額は相当な金額になること間違いない

 信号機はやはり高い!! ガードレールに関しては1mあたり3万円ではあるが、支柱がゆがんだり、隣接するガードレールが歪めばそちらも交換になりかなりの高額に。

 読者に任意の自動車保険に入っていないドライバーはいないと思うが、自賠責保険では物損への賠償は行われないので注意したい。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ