「馬通勤」は合法か??? ポルシェがトラクター作ってた??? クルマ界の意外なトリビア


 クルマが好きな中高年の方はいろいろと雑学も豊富!! ということでベストカー編集部のベテランが厳選した、クルマ初心者も必見の「クルマトリビア(雑学)」をピックアップ。

 若い人とおじさんたちとの話のキッカケになればいいな、って感じでお届けします。

 中高年の皆さんも知らないこと多いかもしれませんよ!! だってポルシェがトラクターを作っていたって知ってました?

文/写真:ベストカー編集部
ベストカー2019年1月26日号


■クルマはどれくらいの台風で吹っ飛ぶのか?

 2018年の夏は強烈が台風が日本を襲い、特に西日本で被害を出したが、その時のニュース映像でクルマが強烈な風で吹き飛ばされている映像に驚いた人も多いことでしょう。

 果たしてどのくらいの強烈な風ならクルマが吹き飛ばされるのか?

 気象庁が発表しているデータを見てみると以下のようなことがわかった。

思いのほかすぐ倒れてしまうのがクルマ。特にずっと強風でなくても、一瞬でも強風が吹けばクルマは倒れてしまう。台風などが来る前にクルマの保護も考えよう

・軽自動車や普通自動車(コンパクトカー)が横転するのは、『39〜52m/s』

・普通自動車(ワンボックス)や大型自動車が横転するのは、『53〜66m/s』

 「いやいやそんな滅多に横転しないでしょう」と侮るなかれ。

 ハイト系のワゴンなど風の影響を受けやすいクルマは意外なほどに簡単に横転する。なので台風の時は天気予報をよく聞いて注意したいところ。

■世界初のハイブリッド機関はポルシェが開発!?

 ハイブリッドカーといえば、泣く子も黙るエコなクルマ。実はそのハイブリッドカー、最初に作ったのはトヨタではない。ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ博士だった。

 1号機となったのは1899年のローナーポルシェハイブリッド。2つの電気モーターを前輪に配置。もちろん操舵輪としての機能も持っていた。

これがローナーポルシェ。フロントハブにバッテリーを搭載しており、バッテリーだけの走行も可能だった

 それ以上に凄いのがトランスミッションやベルト類などを省略して、出力損失を大幅に削減していたという点。効率よくパワーを使う。そんなポルシェの思想はここから始まっていたのかも。

 しかもこんなハイテクなクルマを10週間で作っちゃったというんだから、天才と呼ばれる所以もありますな~。

このP312は「コーヒートレイン」という愛称でコーヒー農園で使われたポルシェのトラクター。この流線型のフォルムからしてかっこいい

 ちなみにポルシェはトラクターも作っていた。トラクターといえばランボルギーニが有名だが、ポルシェのトラクターも相当ユニーク。

 写真のトラクターのP312は「コーヒートレイン」として有名で、コーヒー農園で活躍したという。ルックスもかわいくて、なんだかポルシェっぽい?

次ページは : ■ボディカラーで燃費は変わる? 一番人気な色はなに?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ