日産のBEV2シーターオープン「マックスアウト」実車世界初公開!! 早く欲しい!! いつ発売?

日産のBEV2シーターオープン「マックスアウト」実車世界初公開!! 早く欲しい!! いつ発売?

 2023年2月2日、日産自動車は、BEVの2シーターオープン、「Max-Out(マックスアウト)」の実車を、横浜の日産グローバル本社ギャラリーで公開した。発表会場で実際に見た印象とともに、市販する可能性はあるのか、迫ってみたい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/平野学

■「マックスアウト」の実車が世界初公開!

日産グローバル本社ギャラリーにてマックスアウトの実車が世界初公開
日産グローバル本社ギャラリーにてマックスアウトの実車が世界初公開

 日産自動車は、2月4日から3月1日まで、横浜の日産グローバル本社ギャラリーにて、日産が考える持続可能なモビリティと革新的なデザインの未来を体感できるイベント「Nissan FUTURES」を開催する。

 そのイベントの開催に先立ち、BEVコンセプトカー「マックスアウト」の実車を公開した。

 2022年11月29日に開催された、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」にて4台のコンセプトカーがバーチャルで公開されたが、実車が公開されたのは、次世代クロスオーバーの「チルアウト」に続き2台目となる。

 ちなみに2022年11月に公開された今回の「マックスアウト」のほか、次世代クロスオーバーの「チルアウト」、ユーテリティヴィークルの「ハングアウト」、ピックアップの「サーフアウト」を含めて4台のコンセプトカーが公開されていた。

■パープルとライムグリーンのイルミネーションと、ホログラムホイールが新しい

パープルのイルミネーション
パープルのイルミネーション

 照明が消された暗闇のなか、「マックスアウト」はパープルとライムグリーンのイルミネーションとグラフィックでド派手に登場した。

 日産自動車第二プロダクトデザイン部デザインマネージャー ユー・リーハオ氏によれば「駿」をコンセプトに、驚くような違いを見せつけるワクワク感やエモーショナルさを求めて突き詰めていったという。

ライムグリーンのイルミネーション
ライムグリーンのイルミネーション

 エクステリアのデザインは、特に何かをモチーフにしたというものはないそうだが、全個体電池とe-4ORCEからもたされる強み=車体を低く、軽く、コンパクトにできる利点、を入れ込んで、デザインしていったそうだ。

 フロントアンダースポイラーやリアのディフューザーを見ると、いかにもダウンフォースが高そうだ。

 また、最近の日産車はVモーショングリルが浸透してきたが、この「マックスアウト」についても、「デジタライズVモーション」と名付けて、最近の日産デザイン言語を踏襲しているそうだ。

マックスアウトのサイドビュー。ホイールはホログラムによってさまざまな映像が流れる
マックスアウトのサイドビュー。ホイールはホログラムによってさまざまな映像が流れる

 スペックは公表されていないが、「マックスアウト」のフロントボンネットは低く、全長はFD型ロードスターほどで、いかにも低重心で機敏、運転が楽しそうだ。

 「マックスアウト」の特徴の1つ、パープルやライムグリーンのイルミネーションやグラフィックは意外にも1990年代のグラフィックを参考に現代的に解釈したものだそうだ。半透明のステアリングやワイドディスプレイは、そう遠くない未来に登場しそうなシステムだった。

イルミネーション、グラフィックによって演出されるマックスアウトのインテリア。せもたれを後ろに下げ、ヘッドレストを後ろに下げてたたむと、その部分に座ることもできる
イルミネーション、グラフィックによって演出されるマックスアウトのインテリア。せもたれを後ろに下げ、ヘッドレストを後ろに下げてたたむと、その部分に座ることもできる

次ページは : ■夢か幻か? マックスアウトが市販されるのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!