カローラスポーツ、アルファードなどから、トヨタのデザイン論をひも解く デザインは本当によくないのか?


トヨタ車のデザインの評判がよくない。

特にWeb上では顕著で、アルファード/ヴェルファイアの大型グリルや現行型プリウス、新型カローラシリーズのフロントマスクなどに批判が集まっている。

なぜトヨタのデザインは評判がよくないのか? 何か理由があるのか? そもそも本当にデザインが悪いと言えるのか?

かつて『ベストカー』本誌で(元日産デザイナーの故前澤義雄氏とともに)「デザイン水掛け論」という連載を続けてきた清水草一氏に、トヨタ車の最近のデザインについて分析してもらった。

文:清水草一


■毒にも薬にもならない存在から自己主張へ

最近、特にweb上で、トヨタ車のデザインの評判が最悪だという。

その筆頭はアルファード/ヴェルファイア。ノアー/ヴォクシー/エスクァイアも、その流れで評判が悪い。マイナーチェンジ前のプリウスも「歌舞伎顔」と言われ評価が最悪だった。

トヨタ車のデザインの話になるとまず話題に上りがちな現行アルファード。たしかに存在感がデカい

いったいなぜ、これほどまでトヨタデザインの評判が悪いのか。

理由は、主に心理的な部分にあると私は考える。

私が見るところ、ここ10年ほどで、トヨタデザインは劇的に良くなっている。依然ダメなものもあるが、多くのデザインが失敗を恐れず、明確に自己主張するようになった。

かつてトヨタ車は80点主義と言われ、デザインもそうだった。いや、デザインに関しては、80点どころか50点くらいの、毒にも薬にもならない、絶対にモテそうにない浪人生みたいなデザインばかりだった。

2000年に登場した9代目カローラ。トヨタ車の量販車といえば無難一辺倒だったが、この頃か個性を出そう…という気があることは感じられた

個人的には、その当時のトヨタデザインこそ、どれも退屈で最悪だったと思うが、モテない浪人生を、「ダサい!」と声を荒らげて非難する人はあまりいない。

しかし現在のトヨタデザインは違う。あえて言えば、ジャニーズのようになった。

実は私は、ジャニーズのタレントたちが嫌いである。まったく区別がつかないが、いかにも女性ウケしそうなあのスカしたルックスがムカつく。

近年のトヨタ車は、モテない浪人生を脱皮し、モテるように頑張っている。つまり、ジャニーズっぽくなっているとも言える。

ジャニーズは超メジャー。日本市場で圧倒的なシェアを持つトヨタも、言うまでもなく超メジャー。メジャーでモテるとなれば、それは積極的にムカつく存在だ。だから一部トヨタデザインは評判が最悪なのだ。

では、評判最悪のトヨタデザインについて、一言つづ分析してみよう。

■アルファード/ヴェルファイア

現行型は2015年1月に登場しているアルファード/ヴェルファイア(写真はヴェルファイア)。2017年12月のマイナーチェンジでフロントマスクをより派手に加工して話題となった

私に言わせれば、アルファード/ヴェルファイアはズバリ、3代目Jソウルブラザースである。札付きの不良ルックだ。不良がモテるのは世の常だが、アルファード/ヴェルファイアはその帝王クラスなので超モテモテ。特に現行アルファードの超絶銀歯グリルは、これまでの常識をはるかに超えた高みに至っている。アジアでも人気急上昇中だ。あのオラオラフェイスが許せないのは、残念ながらある種のヒガミだろう。

オラオラミニバンは、すべて同様の傾向だが、ノア/ヴォクシー/エスクァイアはそれよりはランクが下がり、タンク四兄弟になると地方のヤンキーになる。

次ページは : ■プリウス(マイナーチェンジ前)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ