【「カッコ悪い」と言われがち】トヨタのデザインは本当によくないのか? 

 トヨタ車のデザインの評判がよくない。

 特にWeb上では顕著で、アルファード/ヴェルファイアの大型グリルや現行型プリウス、新型カローラシリーズのフロントマスクなどに批判が集まっている。

 なぜトヨタのデザインは評判がよくないのか? 何か理由があるのか? そもそも本当にデザインが悪いと言えるのか?

 かつて『ベストカー』本誌で(元日産デザイナーの故前澤義雄氏とともに)「デザイン水掛け論」という連載を続けてきた清水草一氏に、トヨタ車の最近のデザインについて分析してもらった。

文:清水草一


■毒にも薬にもならない存在から自己主張へ

 最近、特にweb上で、トヨタ車のデザインの評判が最悪だという。

 その筆頭はアルファード/ヴェルファイア。ノアー/ヴォクシー/エスクァイアも、その流れで評判が悪い。マイナーチェンジ前のプリウスも「歌舞伎顔」と言われ評価が最悪だった。

トヨタ車のデザインの話になるとまず話題に上りがちな現行アルファード。たしかに存在感がデカい

 いったいなぜ、これほどまでトヨタデザインの評判が悪いのか。

 理由は、主に心理的な部分にあると私は考える。

 私が見るところ、ここ10年ほどで、トヨタデザインは劇的に良くなっている。依然ダメなものもあるが、多くのデザインが失敗を恐れず、明確に自己主張するようになった。

 かつてトヨタ車は80点主義と言われ、デザインもそうだった。いや、デザインに関しては、80点どころか50点くらいの、毒にも薬にもならない、絶対にモテそうにない浪人生みたいなデザインばかりだった。

2000年に登場した9代目カローラ。トヨタ車の量販車といえば無難一辺倒だったが、この頃か個性を出そう…という気があることは感じられた

 個人的には、その当時のトヨタデザインこそ、どれも退屈で最悪だったと思うが、モテない浪人生を、「ダサい!」と声を荒らげて非難する人はあまりいない。

 しかし現在のトヨタデザインは違う。あえて言えば、ジャニーズのようになった。

 実は私は、ジャニーズのタレントたちが嫌いである。まったく区別がつかないが、いかにも女性ウケしそうなあのスカしたルックスがムカつく。

 近年のトヨタ車は、モテない浪人生を脱皮し、モテるように頑張っている。つまり、ジャニーズっぽくなっているとも言える。

 ジャニーズは超メジャー。日本市場で圧倒的なシェアを持つトヨタも、言うまでもなく超メジャー。メジャーでモテるとなれば、それは積極的にムカつく存在だ。だから一部トヨタデザインは評判が最悪なのだ。

 では、評判最悪のトヨタデザインについて、一言つづ分析してみよう。

■アルファード/ヴェルファイア

現行型は2015年1月に登場しているアルファード/ヴェルファイア(写真はヴェルファイア)。2017年12月のマイナーチェンジでフロントマスクをより派手に加工して話題となった

 私に言わせれば、アルファード/ヴェルファイアはズバリ、3代目Jソウルブラザースである。札付きの不良ルックだ。不良がモテるのは世の常だが、アルファード/ヴェルファイアはその帝王クラスなので超モテモテ。特に現行アルファードの超絶銀歯グリルは、これまでの常識をはるかに超えた高みに至っている。アジアでも人気急上昇中だ。あのオラオラフェイスが許せないのは、残念ながらある種のヒガミだろう。

 オラオラミニバンは、すべて同様の傾向だが、ノア/ヴォクシー/エスクァイアはそれよりはランクが下がり、タンク四兄弟になると地方のヤンキーになる。

■プリウス(マイナーチェンジ前)

現行型プリウスは2015年12月発売。販売台数トップを狙えるトヨタ車にしてはかなり挑戦的なフロントマスクを採用した。数多く売れたものの反発もあり、2018年12月のマイナーチェンジでは、ややおとなしい顔にチェンジ。写真はマイチェン前です

 村上隆氏のポップアートである。顔は歌舞伎、お尻はブレードランナー。前衛なのである。あまりにも前衛すぎ、自己主張が強すぎて、多くの人には受け入れられなかった。マイナーチェンジによって自己主張を抑えた結果、毒にも薬にもならない退屈なデザインに回帰した。

■キーンルック全般(ヴィッツ、カローラスポーツ、エスティマ、マークX、MIRAIなど)

写真は2018年6月に発売されたカローラスポーツ。キーンルックはグリル中央部にエンブレムを置き、そこから左右に広がるようなラインと台形グリルを特徴としたトヨタのデザインフィロソフィ

 韓流スター予備軍である。「スター」まで行っているものはまだないが、とにかくカッコよくなろうと努力している。ただ、それがカラ回りしている場合も少なくない。

■トヨタ車のなかでも「いいデザイン」は?

 では逆に、現行トヨタ車の中で、私が考える「正統派のいいデザイン」にはどんなものがあるか。

〇シエンタ

現行型シエンタは2015年7月に発売。「涙目」のような独特なライト回りのデザインとパステルカラーを前面に押し出したボディカラーが特徴

 シトロエンを発展させたようなフロントフェイスをはじめ、全体に統一されたポップなデザインが、楽しい生活を予感させてくれる。パッケージングも実に優れている。

〇センチュリー

現行型センチュリーは2018年6月発売。「あえて」の超キープコンセプトながら、どことなく21世紀の風味もあり、優れたデザインとして高評価されている。豊田章男社長の移動車としいぇGRMN仕様が2台存在することが明らかにされた

 超レトロで時代遅れなデザインテーマをしっかり生かしつつ、モダンに仕上げているところが凄い。歴代センチュリーの中で、最もデザインが完成されている。もともとチョンマゲのようなデザインだったのだから、その手腕は見事。

〇C-HR

2016年12月発売。ガンダムっぽいメカメカしいフォルムながら世の中のデザイン的な評判はそれなりにいい。日本におけるコンパクトSUVブームの牽引役で、販売的には大成功

 これもクルマ好きの間ではあまり評判がよくないが、それは先進的なデザインである証し。攻殻機動隊を思わせるアニメ的な彫の深いデザインは、やりすぎなくらいデザイン優先だが、全体のバランスが非常にイイ。しかもこの挑戦的なデザインが、国内で売れに売れているのだからスバラシイ。

■トヨタのなかでも「よくないデザイン」

 では逆に、現行トヨタ車の中で、私が考える「正統派にダメなデザイン」はどれか。

●ヴィッツ 顔のキーンルックはともかく、リヤは踏ん張り感を出そうとするあまり、意味のないほうれい線が描かれ、拡大されたテールランプとのバランスも悪い。

現行型ヴィッツは2010年12月デビュー。今年フルモデルチェンジ予定で「ヤリス」と改名される

●パッソ とにかく安物なデザイン。これでは中韓車にも大敗する。

2016年4月デビューの現行型パッソ

●スペイド/ポルテ イイ人なんだけどモテない草食男。

現行型ポルテ。2015年7月登場。助手席側スライドドアを持ち、使い勝手は高い

●プレミオ/アリオン 驚くほどほど古臭いクラウンもどき。

現行型のプレミオ、登場はなんと2007年10月。細かく改良を重ねているとはいえ、さすがに基本設計が古くなっているのでは

●カローラアクシオ/フィールダー マイチェンで顔の迫力を出してなんとかごまかしたが、モテない浪人生なフォルムまでは変えられなかった。フルチェンジが待ち遠しい。

現行型カローラアクシオ。こちらも古くて登場は2006年10月。今年中にフルモデルチェンジ予定

●ハイラックス フォルムもディテールも大味な曲線の連続で、バランスが悪い。本物のアメ車より大味。

現行ハイラックス、発表は2015年5月だが、日本仕様発売は2017年9月から

●ハリアー 表面の厚化粧に、「たくらみ」がかいま見えるデザイン。

現行型ハリアーは2013年12月発売の3代目。プレミアムSUVの嚆矢として現在も順調に売れている

●ランクルプラド 古き悪しきトヨタデザインがそのまま生きている。顔は昔のクラウン的。フォルムにデリカシーが感じられない。頑丈そうではあるが。

現行型ランドクルーザープラドは2009年9月発売

★      ★      ★

 こうして改めて書き出してみると、いいデザインよりダメなデザインのほうがずっと多いことに愕然とする。

 しかしトヨタデザインは、全体的には明らかにいい方向に向かっている。その象徴が次期カローラだ。かつてのカローラの退屈なデザインを思い浮かべれば、そのカイゼンぶりは一目瞭然。今後も失敗を恐れず、挑戦を続けてほしい。

2019年内に日本市場で正式発表される新型カローラセダン(写真は先行発表された中国仕様)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ