【クーペがクルマ界を華やかにする】現代に復活してほしいが望み薄のライト感覚クーペ


 現在日本車のボディバリエーションは軽商用車を含め3ドアハッチバックすら選ばないという、合理化が進んだ状態である。

 しかし20年ほど前までは主に北米でセクレタリーカー(現在の日本の軽自動車に近い感覚で、秘書をしている女性などが軽い気持ちで買うクルマ)として売れたこともあり、ライトなクーペを各社持っていた時代もあった。

 実は1980年代までの日本にはクーペがたくさんラインアップされていて、トヨタでいえばレビン/トレノ、セリカ、日産ではシルビアといったスポーツクーペとは一線を画すライト感覚のクーペに注目してみた。

 当記事ではコンパクトクラスでもいろいろなボディタイプが選べた華のある時代の象徴であり、現在の日本では販売されることがほぼ考えられないある意味名車であるそんなクルマたちを振り返る。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、MITSUBISHI、SUBARU、ISUZU


トヨタのベーシッククーペのサイノス

 1991年に初代モデル、1995年に2代目モデルが登場したサイノスは北米ではパセオの車名で販売される、日本ではスターレットとカローラの中間に位置する当時のターセル/コルサ/カローラⅡをベースにした2ドアクーペである。

 初代モデル、2代目モデルともに安価な割にはスタイリッシュなクルマで、走りもまずまずというモデルだった。

 特に2代目モデルにはアメリカで架装するという過程で生産されたコンバーチブルも設定され、こちらは4人乗りということもありちょっと魅力あるモデルだった。

 しかしサイノスはスターレットとターセル/コルサ/カローラⅡがヴィッツに統合されたのに伴い、1999年に絶版となった。

トヨタサイノス(初代)/販売期間:1991〜1995年 全長4415×全幅1645×全高1295 1496cc、直4DOHC 105ps/12.9kgm 価格/108万7000円(α)
トヨタサイノス(2代目)/販売期間:1995〜1999年 全長4155×全幅1660×全高1295 1331cc、直4DOHC 88ps/11.8kgm 価格/93万4000円(1.3α)

日産サニーから派生した RZ-1、NXクーペ、ルキノクーペ

 かつてはカローラと双璧を成した大衆車であるサニーには歴代2ドアクーペがあった。

 ここ30年では6代目サニーのクーペとなるRZ-1、NXクーペ、ルキノがある。1986年登場のRZ-1はベースのサニーのせいもあるのか妙に角張ったスタイルしかイメージに残る要素は残念ながらない。

 1990年登場のNXクーペはデジタルメーターや当時のフェアレディZに通じるTバールーフの設定などによりスペシャリティな印象を高めた。

 しかし1.5L、1.6L、1.8Lの3つが設定されたエンジンのうち、1.8Lが当時のNAエンジンを積むシルビアと価格帯がバッティングすることなどもあり全体的に振るわなかった。

 続く1994年登場のルキノクーペは当時のサニーの2ドア版としかいいようのないクルマだったが、後にチューニングされた2Lエンジンを搭載したオーテックバージョンや1.6Lのスポーツエンジンを積むVZ-Rというスポーツモデルも追加。

 しかし「だからどうなの?」というのがマーケットでの印象で、日産の奮闘も報われず1998年のサニーのフルモデルチェンジを期に姿を消した。

日産サニーRZ-1/販売期間:1986〜1990年 全長4230×全幅1665×全高1335 1487cc、直4SOHCターボ 100ps/16.0kgm 価格/164万9000円(タイプB)
日産サニーNXクーペ/販売期間:1990〜1994年 全長4140×全幅1680×全高1310 1497cc、直4DOHC 94ps/12.8kgm 価格/146万2000円(タイプB)
日産サニールキノ/販売期間:1994〜2000年 全長4285×全幅1690×全高1375 1497cc、直4DOHC 105ps/13.8kgm 価格/93万7000円(1500MM)

次ページは : 実用性も備えていたホンダシビッククーペ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ