WR-Vは逆輸入アコードワゴンに続くヒットか!? 今思えば失敗作も多々……ホンダ逆輸入車の悲喜こもごも

WR-Vは逆輸入アコードワゴンに続くヒットか!? 今思えば失敗作も多々……ホンダ逆輸入車の悲喜こもごも

 2023年12月21日に正式発表され、2024年3月22日から販売を開始するホンダのコンパクトSUVのWR-Vの注目度が赤丸急上昇中!! WR-Vはインド生産のエレベートをWR-Vという車名で日本導入する輸入車だ。東南アジアで販売されるWR-Vとは別物。ホンダはこれまで海外で生産するモデルを日本でたびたび販売してきたが、正直な話苦労の連続で、WR-Vは久々のスマッシュヒットとなりそうな感じ。ホンダの海外生産車を日本に導入して販売したモデルの悲喜こもごもを見ていく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:HONDA

アコードクーペ

初代:1988年4月~1990年3月
2代目:1990~1994年
3代目:1994~1997年

 初代アコードクーペは日本で大ヒットしたリトラクタブルヘッドライトの3代目に設定されていたモデルで、ホンダの北米の生産拠点であるホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング(HAM)でのみ生産。ホンダはこの初代アコードクーペを88年から輸入して日本で販売。日本メーカーが現地生産したアメリカ仕様モデルの輸入第一号だった。

日本に導入された初代アコードクーペは、日本メーカーが現地生産モデルを日本に輸入して販売した第一号
日本に導入された初代アコードクーペは、日本メーカーが現地生産モデルを日本に輸入して販売した第一号

 エンジンは2L、直4SOHCで左ハンドル仕様のみとなっていた。当時のアメリカで販売するモデルに装着されていた、ドアの開閉だけでシートベルトが脱着可能なパッシブシートベルトをフロントに採用していたのも特徴だった。

 ラグジュアリーな本革シートなど当時の日本車にはないテイストを持っていたが、販売面では振るわず。

2代目のクォリティは上がったが、初代のリトラクタブルのような特別感がなかった
2代目のクォリティは上がったが、初代のリトラクタブルのような特別感がなかった

 アコードクーペは2代目(1990~1994年)、3代目(1994~1997年)の合計3モデルが日本に輸入されたが、3代目をもって日本への導入終了。

3代目は精悍なフロントマスクだったが、販売面にはつながらず
3代目は精悍なフロントマスクだったが、販売面にはつながらず

アコードワゴン

初代:1991年4月~1994年2月
2代目:1994~1997年

初代はアコードUSワゴンと命名。この特別感のある車名もユーザーを煽った
初代はアコードUSワゴンと命名。この特別感のある車名もユーザーを煽った

 4代目アコードベースのワゴンを1991年から北米から輸入して販売開始。初代レガシィツーリングワゴンの登場で日本にもステーションワゴンが認知されるようになったジャストタイミングで日本に輸入。

 アコードベースとは思えないほどの上質感、伸びやかなフォルムで大ヒット。ボディサイズは全長4725×全幅1725×全高1440mmでエンジンは2.2Lということで、当時は少数派の3ナンバー登録となり税金類も高くなったが、日本人の上級嗜好、虚栄心を絶妙にくすぐったのが人気になった要因だ。

 この人気は2代目でさらにエスカレートし、輸入車ゆえに当時長い納車待ちになっていた超の付く人気モデルとなった。

 アコードワゴンは初代、2代目とも台数だけでなく、存在感と言う意味でホンダが現地から輸入して日本で販売した最大の成功モデルと言える。

2代目アコードワゴンはワゴンの王道、スバルレガシィツーリングワゴンにない洗練された雰囲気と上質感が魅力だった
2代目アコードワゴンはワゴンの王道、スバルレガシィツーリングワゴンにない洗練された雰囲気と上質感が魅力だった

アコード

10代目:2020~2023年
11代目:2024年~

アコードのセダン系としては、初の輸入モデルとなったのが先代モデルでたいから輸入
アコードのセダン系としては、初の輸入モデルとなったのが先代モデルでたいから輸入

 ホンダ車のヒエラルキーにおいてシビックの上に位置するアコード。最新のアコードは、2023年9月に日本仕様が公開され、3月に日本でも新型アコードが販売開始される予定となっている。

 そのアコードは先代モデルから海外から輸入して販売。新型も同様に輸入についても同様だ。かつてクーペやワゴンが北米から輸入されていたのに対し、アコードはタイの工場で生産されたモデルを日本に輸入して販売している。

 レジェンドが消滅した現在、ホンダブランドのフラッグシップセダンとなったアコードの復活に期待がかかる。

キープコンセプトながら質感が大幅にアップしている新型アコードは、先代同様にタイから輸入
キープコンセプトながら質感が大幅にアップしている新型アコードは、先代同様にタイから輸入

次ページは : シビッククーペ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!