王座奪還!!プリウスが販売首位に返り咲いた理由と事情

 現行型プリウスは登場時のかなり攻めたスタイリングから多くの人から否定的意見を聞いたものの、2018年末のマイナーチェンジでちょっとマイルドに変身。

 その効果もあってか販売台数は堅調に推移し、2019年4月にはアクアの7764台に対し9700台で登録車で首位を獲得。

 同年5月もノートの8058台に対し9450台でこちらも首位に輝いた。クルマ好きの否定的意見とは相反してプリウスは売れに売れているのだ。

 クルマの構造と因果関係のない暴走事故などに関連付けられるなど、近年はさらに批判の多い車種ながらなぜにこうも売れるのか。その理由を聞いてみました。

文:清水草一/写真:トヨタ


■ ハイブリッドシステムは、男女の関係のように複雑かつ深淵だ!!

 2018年12月にマイナーチェンジを受け、外観がかなりフツーになったプリウス。

 個人的には、オリジナルのデザインを「先進的かつ挑戦的」と評価していたので、マイチェンには残念な思いを抱いていたが、効果はてきめんで、販売は勢いを取り戻し、2019年4~5月の登録車販売台数(軽を除く)では、プリウスが首位に返り咲いた。

マイナーチェンジを実施し、少しというかかなりアクが抜けたエクステリアとなったプリウス。PHVと似ている顔つきはより多くの人に受け入れられているようだ

 筆者は初代プリウスのド中古を激安で購入し、数年間ふだんの足として使った経験があるが、プリウスが積むトヨタハイブリッドシステム(THS)は、乗れば乗るほど奥が深かった。

 なにしろエンジンと電気モーターの組み合わせで走るのだから、どちらか一方しか積んでないクルマに比べれば、順列組み合わせは無限大。それが面白くて、ド中古プリウスの後、新車でアクアも買いましたからねぇ。

 しかし、自らプリウスを愛車にしたことで、プリウスに対する世間の偏見も自覚した。

 クルマ好きにとって、プリウスは最大の敵。「この世で最も退屈なクルマ」と決めつける人が多い。実際はあのハイブリッドシステムは、男女の関係のように複雑かつ深淵なんだけど。

リアスタイルもマイナーチェンジ前と比較すると大幅に変化。一般的に批判の少ない処理がなされたように思う

 さらに近年は、「プリウス=老人の暴走車」という風評被害までこうむっている。もちろんプリウスが、独特のセレクトレバーのせいで暴走するなど、根も葉もない噂にすぎないが(参照ページ)。

 そんな逆風にもめげず、マイチェンをきっかけにプリウスの売れ行きが復活しているのは、「さすがプリウスの地力は強し!」である。

■燃費とエコで先進的なイメージで売れ続ける歴代プリウス

 ところで、プリウスが売れ続けてきた理由はなにかと言えば、言うまでもなく燃費と、エコで先進的なイメージだ。

 クルマとしてのデキはどうかというと、ハイブリッドシステムは最初から歴史に残る傑作だった。初代の初期モデルには熟成不足もあったが、着実に改良を重ねてきた。

先代となる3代目は乗り味がかなりバタつくイメージが強い。現行型とのギャップはかなり大きい

 あえて文句をつければ、「電気式無段変速機」ゆえ、アクセルのダイレクト感が超薄いという部分があるが、それは生来の構造だから仕方ないし、その点も徐々にフィーリングが改善されている。

 一方乗り味は、初代はフランス車のようにフンワリしていて独特の癒し感があったが、2代目、3代目は、ドタバタとした乗り心地になり、それをマイナーチェンジで改善するという繰り返しだった。

 そして現行の4代目。これは、当初からTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用しており、これまでのプリウスとは、走りの次元が違っていた。

 2代目、3代目プリウスの足回りがイマイチだったせいもあるが、4代目はものすごく走りがしっかりして、よくなった。

 デザインに関しては、2代目・3代目は、「誰にでもわかりやすい未来感」みたいな感じだったが、4代目はそこから一歩進んで、前衛の世界に足を踏み入れていた。これも個人的には高評価の理由。特に斜め後ろから見た姿は大好きでした。

現行型のマイナーチェンジ前のリアエクステリア。前衛的かつかなりアグレッシブなデザインだ

 つまり、現行の4代目プリウスは、歴代プリウスの中で出色のデキなのだ! その販売が3年目から大失速したのは、「いいクルマになったのになぁ」と、残念な思いが募ったものです。買ってませんけど。

 トヨタも、プリウス失速の最大の原因をデザインだと分析したのだろう。マイチェンでその部分に大きくメスを入れてきた。

■マイチェンで「誰にでもわかりやすい未来感」へ回帰

 で、マイチェンプリウスのデザインはどうかというと、マイチェンでの大改造にありがちな弊害で、ヘッドライトやリヤコンビネーションランプなど、大きな変更を受けた個所に、どこか取ってつけた感がある。

 ただ、とんがりすぎていた部分を局所的にヌルくしたことで、2代目・3代目が持っていた「誰にでもわかりやすい未来感」への回帰には成功している。個人的には不満ですけど……。

現行型登場時(マイナーチェンジ前)のルックスは非常に個性的だったが、これについていけない消費者は多くエクステリアのテコ入れは致し方ないことだった

 加えて、トヨタセーフティセンスを全グレードに標準装備して安全支援系を充実。このあたりが、プリウス復活の最大の要因ではないでしょうか?

 もともとプリウスを買っていたのは、自動車記事など読まない一般ユーザーが大部分。高齢者も多い。だからこそ日本一の量販車になったわけでして。

 彼らは、自動車メディアでの評判もまったく気にしない。ましてやネット上で飛び交った「プリウスは暴走する」などという風評など、無視する以前に耳に入って来ていないのではないか。

 つまり、彼らにとってプリウスは、相変わらず「燃費がよくてエコな、未来のクルマ」の象徴なのだ! プリウスに乗っておけば間違いないのである。

 「4代目プリウスは足回りがよくなったらしいね」なんてことは、まず考慮に入ってないと推測される。

 ただ、4代目はデザインが先進的すぎて、フツーの皆さんにはついていけなかった。それは確実にあるだろう。

 仕方なくC-HRを買った方も相当数いたんじゃないか。トヨタユーザーの多くは、トヨタ以外の選択肢を考えもしなかったりするので。

 しかし、マイチェンでプリウスの顔はフツーになったし(一般ユーザーにとってはフツー=善)、自動ブレーキも充実した(もちろん善)。なら長年定評のあるプリウスを買おう、となって当然かもしれない。

 4代目はボディサイズが拡大して、全幅1760ミリの3ナンバーになっていたが、全幅1855ミリもあるRAV4がバカ売れする時代だ。さすがにそこはもう、障害にはならなかったんでしょうね。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ