【NISMO事業部設立から2年】NISMOが急速に浸透した事情と課題

 2017年4月に日産はNISMOカーズ事業部の新設を発表。これは日産のプレミアムブランドとしてのNISMOロードカーのラインナップ充実が最大の狙いで、2020年代の前半には年間の販売規模を10万台以上に大幅拡大する目標を立てている。

 その構想発表から2年が経過。日産のNISMO戦略は軌道に乗り成功しているのかを鈴木直也氏が考察していく。

文:鈴木直也/写真:NISSAN、SUBARU、平野学、ベストカーWeb編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ