【高級海苔弁ってなんだ?】庶民の味方「海苔弁」をデパ地下で買ってみた! その中身は驚異的だった!!

【高級海苔弁ってなんだ?】庶民の味方「海苔弁」をデパ地下で買ってみた! その中身は驚異的だった!!

 都内のデパ地下には、名店や人気店の選りすぐりの弁当が集結しています。それだけにどれを選べばいいかわからないはず。そこで、BCの姉妹メディア「おとなの週末」のライターでもあるカーツさとう氏が、デパ地下弁当を食べまくり。今回は海苔弁に注目しました。

撮影/鵜澤昭彦、取材/カーツさとう

■デパ地下の海苔弁をチェック!!

 海苔弁もデパ地下で買う時代が、ついにやってまいりましたか!だって海苔弁といえば、約40年前に、白身魚フライと竹輪磯辺揚げを海苔飯上にのせた黄金スタイルで街の弁当チェーンに登場以来、一番お手頃な弁当の代名詞ですよ。

 それ以前の時代でいえば、海苔弁って家庭の弁当ですよ。買って食べるという発想すらない弁当ですよ。それが今では、高級な弁当を買う場所であるデパ地下で、高級化した海苔弁が人気となっているのだ。

 高級化海苔弁の神髄は、「素材を吟味いたしました」という本物至高スタイル。

■『米屋(めしや)』のり弁:880円@伊勢丹新宿店

『米屋(めしや)』のり弁 880円 「あなごめし」や「かきめし」で有名な広島の『米屋』の品。米は「あきたこまち」の一等米ともち米をブレンド。海苔は広島の老舗『山城屋』製
『米屋(めしや)』のり弁 880円 「あなごめし」や「かきめし」で有名な広島の『米屋』の品。米は「あきたこまち」の一等米ともち米をブレンド。海苔は広島の老舗『山城屋』製

 そんな素材吟味型海苔弁の最右翼と言っていいでしょう、『米屋』の「のり弁」。なにしろノーおかず! 見た目は一面海苔だけで真っ黒という質実剛健さである。

 これで880円という時点で、なんの説明を受けなくとも「米も海苔もいい素材を使っているに違いない」と誰もが自然と連想するシステムになっているといってもいい。

 さらに食べ進めると、海苔の下に梅干しに椎茸、奈良漬けも登場。それを発見した時点でまたも「これもいいヤツでしょ」と思い、実際食べるとやっぱりウマイという、連想と実食感の見事な連鎖。

 ぜひともお笑いのクールポコに、「男は黙って米屋の『のり弁』!」と、やっていただきたい。

 さてオカズも入った高級海苔弁の王道が、黄金スタイルの白身魚フライの代わりに西京漬けや良さげな鮭など値の張る焼魚をのせたパターン。

■『千駄木腰塚』コンビーフのり弁:1480円@伊勢丹新宿店 他販売デパ地下多数

 そこにさらなる一石を投じたのが『千駄木腰塚』の「コンビーフのり弁」。

『千駄木腰塚』コンビーフのり弁 1480円 取り扱う精肉。手作りの食肉加工肉品。創業から70年以上肉好きを唸らせてきた千駄木越塚のコンビーフに、それに負けない旨みを持つ国産焼鮭がのる
『千駄木腰塚』コンビーフのり弁 1480円 取り扱う精肉。手作りの食肉加工肉品。創業から70年以上肉好きを唸らせてきた千駄木越塚のコンビーフに、それに負けない旨みを持つ国産焼鮭がのる

 絶品の誉れ高い千駄木越塚のコンビーフがご飯の上にバ〜ンとのってる。もうその時点でヨダレ垂れてる!

 コンビーフの高級だけど戦後からずっとあるイメージと海苔弁のイメージが妙にマッチしてるしなァ〜。

次ページは : ■『まい泉』ごちそう海苔弁当:1134円@新宿高島屋、渋谷東急フードショー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号