【類似点多数】関西人気チェーン『ラーメン横綱』と岡山の『ラーメン大統領』の「チャーラー」はどっちが「うまい」のか? さらには2店の関係に迫る!!

【類似点多数】関西人気チェーン『ラーメン横綱』と岡山の『ラーメン大統領』の「チャーラー」はどっちが「うまい」のか? さらには2店の関係に迫る!!

 チャーハンとラーメンのセットを愛知では「チャーラー」と略して親しんでいるという。このセットメニューを愛してやまないのが、現地在住でBCの姉妹メディア「おとなの週末」のライター・永谷正樹氏。今回は少し変則的なお話で、関西で人気のラーメンチェーン『ラーメン横綱』と岡山で出会った『ラーメン大統領』という、よく似たこの2軒の関係に迫ります。

撮影・取材/永谷正樹

■関西人ならご存知『ラーメン横綱』

 関西ではお馴染みのラーメンチェーン『ラーメン横綱』(以下、『横綱』)。筆者が20~30代の頃に愛知県内でもよく見かけるようになった。

 店があるのは交通量の多い幹線道路沿いで、広々とした駐車場も完備。しかも、朝5時まで営業しているので、仕事で遅くなったときや遊びに行った帰りの〆でよく利用させてもらった。

『ラーメン横綱』外観。イメージカラーは黄色と赤
『ラーメン横綱』外観。イメージカラーは黄色と赤

 当時は深夜1時、2時でもあの濃厚な豚骨醤油のラーメンをペロリと平らげることができたのである。50代となった今、同じことをしたら、朝目が覚めたと同時にリバースしてしまう(笑)。こってり系のラーメンが苦手なお年頃なのである。

『ラーメン大統領』の看板。色使いや書体が『ラーメン横綱』と酷似している
『ラーメン大統領』の看板。色使いや書体が『ラーメン横綱』と酷似している

 さて、少し前になるが、仕事で岡山県津山市へ行ったとき、現場入りする前にラーメンでも食べようと思って国道181号線を車で走っていると、遠くにある黄と赤の看板が目に止まった。

看板の色使いや味変アイテムが『横綱』とまったく同じ!

 『横綱』は岡山にも出店しているのかと思ったが、近づいてみると看板には『ラーメン大統領』(以下、『大統領』)とある。何じゃこりゃ!? 幹線通り沿いにあるのも黄と赤の看板も『横綱』とまったく同じ。何となく気になったので、店へ入ってみることにした。

『ラーメン大統領』外観。キャッチフレーズは「究極の味」。ちなみに『横綱ラーメン』は「屋台の味」
『ラーメン大統領』外観。キャッチフレーズは「究極の味」。ちなみに『横綱ラーメン』は「屋台の味」

 お昼時とあって、店内は大混雑。作業服姿の客が多いのも共通項か。って、ラーメンチェーンはどこでもこんな感じか。いや、でも、私を含めて現場で働く仕事の男たちにとって濃厚な豚骨醤油ラーメンは午後からのエネルギーをチャージするためにあるのだ。勝手なイメージだけど。

入れ放題のネギ
入れ放題のネギ

 案内されたカウンター席に座ると、アルバイトのお姉さんが水と籠盛りのネギを持ってきた。これは『横綱』の代名詞ともいうべき、入れ放題のネギではないか。ちなみに筆者はレンゲに山盛り3杯までと決めている。

 スープが冷めてしまうからね。チャーハンに入れてもシャキシャキとした食感が楽しめるのでオススメだ。

にんにくとうがらし
にんにくとうがらし

 卓上に目をやると、これも『横綱』でお馴染みのにんにくとうがらしが鎮座している。ラーメンを半分くらい食べてから入れて味変をすると旨いんだよなぁ。餃子のタレに溶かしてピリ辛の味にするのもイイよね。

『ラーメン横綱』のネギとニントン
『ラーメン横綱』のネギとニントン

 ちなみにこちらが『横綱』のネギとにんにくとうがらし、通称“ニントン”。店の看板や外観といい、味変のアイテムといい、ここまで同じということは、ここ『ラーメン大統領』は姉妹店なのだろうか。

はたして『大統領』のチャーラーの味は

 おっと、料理を注文しなきゃ。ラーメンは、「しおとんこつ」(748円)と「とんこつしょうゆ」(748円)、「みそラーメン」(968円)、「デカ盛りラーメン」(1089円)の4種類を用意。やはり、ここは「とんこつしょうゆ」一択だろう。『横綱』との違いをチェックしてみたいし。

 メニューを見ると、ここにはチャーハンもあるではないか。「ランチチャーハン」(+374円)も追加しよう。『横綱』の「鉄板チャーハン」(ラーメンとセットで270円。平日のランチ250円)は、熱々の鉄板に盛られた味付きのご飯に溶き卵とチャーハンのタレを加えて作るセルフスタイル。

『ラーメン横綱』の「鉄板チャーハン」(ラーメンとセットで270円。平日のランチ250円)
『ラーメン横綱』の「鉄板チャーハン」(ラーメンとセットで270円。平日のランチ250円)

 チャーハンの味は火力を自在に操る中華鍋さばきで決まると思っているため、チャーラーの旅において『横綱』に限らず、セルフスタイルのチャーハンは選考外としていたのだ。しかし、『大統領』のチャーハンは皿に盛られている正統派スタイル。しっかりと味を舌に焼きつけて評価しようと思う。

『ラーメン大統領』の「とんこつしょうゆ」(748円)+「ランチチャーハン」(+374円)
『ラーメン大統領』の「とんこつしょうゆ」(748円)+「ランチチャーハン」(+374円)

 これが『ラーメン大統領』のチャーラーである。見た目はシンプルといえばシンプル。麺とチャーハンの量もしっかりあり、好感が持てた。これらにネギやにんにくとうがらしを加えて、自分好みの味にカスタマイズするのだ。

『ラーメン大統領』の「とんこつしょうゆ」。クリーミーな味わいがクセになる
『ラーメン大統領』の「とんこつしょうゆ」。クリーミーな味わいがクセになる

 では、まず「とんこつしょうゆ」からチェックしてみよう。具材はチャーシューとメンマ、ネギ。『横綱』とまったく同じだ。しかし、チャーシューは厚くカットされていて、スライサーで薄切りにされた『横綱』のそれとは形状が異なる。

 スープを飲むと、同じ豚骨醤油ゆえに『横綱』と酷似しているが、こちらの方があっさりしているというか、クリーミーな味わいがする。とんこつ臭はまったくなく、ほのかに香る『横綱』が男性的だとしたら、『大統領』は女性的といったところか。麺は中太のストレート麺かな。『横綱』と比べてやや太いと思う。

次ページは : ■『横綱』と徹底比較!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号